不要なソファーを極力費用をかけずに処分する方法とは

ソファーは大型家具なので、処分には手間や費用がかかるケースが多いです。処分法をよく知って、極力手間を掛けずに新しいものに買い換えられるようにしましょう。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
1,503view

ソファーを買い換えたい時は、当然それまで使っていたソファーを処分しなくてはいけません。しかしソファーは大きいので処分に費用がかかることが多いですし、まず家の外に出すのも大変です。極力お金をかけずにソファーを処分できる方法には何があるでしょうか。

家具屋の引取サービスを利用する

まずソファーを買い換える時、家具屋で購入をする人も多いでしょう。その際に、家具屋でそれまで使っていたソファーを引き取ってくれるサービスを展開しているお店を探します。

有名な家具屋チェーンでは、ソファーの下取りサービスを展開しているところが多いので、店頭の掲示を見てみたり、店員に聞いてみたりすれば教えてくれるでしょう。ただし安価な商品を買った時には、引取をしてくれないこともあるので、価格条件も確認が必要です。

また引取るソファーの大きさも購入品と同程度のものであることが多いので、小さいものを買った時に、あまりに大きい物を依頼してもは引き取ってくれない可能性もあります。

その場合は自治体の粗大ごみ回収サービスを利用しましょう。内容は自治体により異なりますが、公共のサービスなので、1,000円から2,000円で回収をしてくれるところが多いです。ただし家やリビングからの搬出は、自力で行う必要もあります。

リサイクルショップに買取を依頼する

続いての処分方法は、リサイクルショップに依頼をすることです。ものにもよりますが、状態の良いレザーソファーや、デザイナーズソファーなどの場合は、買い取りを行ってくれ、お金がかかるどころかお金がもらえることもあります。

状態が悪いものの場合や、それほど価値が無いものの場合は処分費用を支払う、もしくは店によっては無料で引き取ってもらえることもあるので、リサイクルショップに問い合わせてみましょう。リサイクルショップの嬉しいところは、お金になるだけではなく、搬出もショップに依頼ができることです。

大型のソファーの場合はなかなか人間の手で家の外にだすのが難しいこともあるので、専門業者に任せたほうが安全かつ確実です。

またもう一つの格安の処分として、引越しの時に、引越し業者に処分を依頼する方法があります。引っ越しの際には買い替えをする人も多いので、引越し業者もそういった付随サービスを展開しています。これも自力で搬出する必要が無いので、手間が省けます。

ネットオークションやネットサービスを利用する

リサイクルショップや自治体は基本的にお金がかかってしまいますが、どうしても無料で処分したい、もしくはお金にしたいという人は、インターネットサービスを利用する手もあります。

ネットオークションに不要なソファーを出品し、格安な値段をつければ状態の良い物ならば買ってくれる人はいるものです。ただしソファー本体の価格を安くしても、どうしても送料がかなりの額になるので、その旨もきちんと伝えましょう。

クロネコヤマトの家具配送サービスを利用すれば、自分で梱包をする必要もありません。また地元の人間限定で格安で出品、もしくは無料で譲るという掲示板を利用することもできます。これも場合によってはお金になりますし、無料で譲る代わりに、こちらの自宅までトラックなどで取りに来てくれる人などの条件をつければ、自分で面倒な梱包や配送手配の必要も不要です。

インターネットを活用し、上手くソファーが欲しい人を見つけられれば、これが一番お手軽かもしれません。

まとめ

ソファーの買取や処分は、その大きさがネックになります。引取先を探すにしても、状態の良いものでないと相手も欲しいと思わないものです。きちんと再利用できるように、ソファーの外観や状態には気を配るようにしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する買いモノ

関連する読みモノ

アクセスランキング

人気のある記事ランキング

kabukiペディア   >   デザイナーズソファ SO-FA-S   >   読みモノ   >   不要なソファーを極力費用をかけずに処分する方法とは

キーワード