お部屋の広さにフィットするソファーの選び方

リビングの広さとソファーの大きさの関係はそのソファーのタイプによってさまざまです。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
908view

リビングの顔ともいえるソファー。どんなソファーにしようか選ぶのはとても楽しいものですね。選ぶときのポイントはいくつかありますが、ここではリビングの広さや形に合う大きさとはどれくらいが最適なのかを考えていきましょう。

まずは何人掛けにするかを決めよう

一人分は一般的に幅600mm程度

まずは、家族構成によって何人掛けのソファーにするかを決めるところかららはじめましょう。あるいはお客様用に用意する場合もあるかと思います。スペースに余裕があれば2種類を置くこともあるかもしれませんね。

大きさには横幅、高さ、奥行きをそれぞれ考えなければなりません。1人分でいうと一般的には幅600mm前後が目安です。ソファーのタイプによってサイズはさまざまです。例えば同じ2人掛けのソファーでも小ぶりなものや、ゆったりしたものがあります。肘掛けの幅、肘掛けの有無によってもかなりサイズが変わってきます。

高さ・奥行きについても考える

高さについてはどうでしょうか。ある程度の高さがあった方が座ったり立ったりする時に楽なので使い勝手は良いのですが、ソファーを置く場所に窓がある場合、明るさを遮断したり開閉に支障が出ないように、なるべく窓にかからない高さが良いでしょう。

奥行きも忘れがちですが、実際に置いたときにやけに出っ張って邪魔になってしまった、なんてことにならないようにきちんとサイズを確認しておきましょう。

間取りや家具の位置によってソファーの配置を決めよう

人の動きの動線を意識しよう

 広さが同じでもお部屋の形によって随分と感じが変わってきます。家具などその場に置いてあるものとの兼ね合いも考えなくてはなりません。

また、他の部屋へ移動する際の動線を遮る場所に置いてしまうと使い勝手が悪くなることもありますので注意をしましょう。ドアの近くに置く場合はもちろん、開閉のことも考慮しなくてはなりません。あまりにギリギリの距離だと動きづらかったり、圧迫感があって落ち着かないですね。居心地の良さは程良い距離感です。ソファー周りに必要なスペースの目安として、1人が通る場合600mm以上となります。

間取り図を見ながら確認

ソファーのサイズを確認したら、今度は間取りを見てそれぞれの配置から距離を確認しておきましょう。間取り図があると、どれくらいのスペースが取れるかが分かりますし、最適な距離感は個人差があると思いますので、ソファー自体のサイズ、そして、間取り図から距離を確認した上で、間違いのないソファー選びをしましょう。また、どうしても配置が難しい場合には、可動式にするなど自由度のあるソファーが良いですね。

同じスペースでも空間にゆったり感を持たせたい

肘掛けがないソファーは開放感がある

同じ横幅のソファーでも肘掛けが無いものは開放感があり、あまり余裕のない場所でのレイアウトにも対応できるようになります。多方向に座ることも可能になるため、開放感があり自由度が広がります。限られたスペースでも動きを持たせることができるのはとても便利ですね。間取りの問題で配置が難しいときは、このようなタイプのソファーがオススメです。

また、ソファーは本来の役目の他に間仕切りとしても効果的に使用されることがあります。広いリビングの中心部にお洒落なソファーがあると見た目もステキですよね。広い空間のアクセントにもなる訳ですが、この場合、ロータイプのものだと広々とした印象を保ちながら、ゆったりとした優しいソファーの存在が浮かんでくることでしょう。

リクライニング式はさらにスペースが必要

奥行きも考えると結構大きなものになりますので、お部屋の広さ、窓や建具の配置をよく確認することが大切です。リクライニング式のものは多めにスペースが必要となりますが、これが返ってゆったり感を出しますのでデッドスペースということではなく、ゆとり空間のひとつとも言えるのではないでしょうか。

これからを購入する方は失敗しないソファー選びのために、事前の確認はしっかり行いましょうね。予定のない方も想像していると夢が膨らんできませんか?使い心地の良いお洒落なソファーで快適ライフを目指しましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する買いモノ

関連する読みモノ

アクセスランキング

人気のある記事ランキング

kabukiペディア   >   すべて   >   お部屋の広さにフィットするソファーの選び方

キーワード