Original

話題のスーパーフード入りも!老舗蔵元の「本気」甘酒

美容にも健康にいいと言うことで口コミが広がり、「飲む点滴」とも呼ばれる甘酒。話題のアイテムということもあり、色々なタイプの甘酒が売られています。日本では昔ながらの伝統飲料である甘酒ですが、いったいどんな飲み物なのかご存知でしょうか。改めて、栄養についてなど紐解いていきましょう。

甘酒には酒粕を使用したものと米こうじを使用したものと2種類あります。米こうじを使った甘酒は砂糖が使われていないものも多く、美容効果が高いと人気です。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
'SHOPで買う

「甘酒」は2種類あるんです

一般的知られているお正月などにふるまわれる甘酒は、酒粕を使用し砂糖で甘味を付けられたタイプです。酒粕使用の商品は、アルコールの含量は1%未満ですが、お酒の弱い方、お子様、妊娠・授乳期の方は十分注意しましょう。また、砂糖が大量に入っていることから、ダイエットや美容目的で飲む方にも向きません。もう1種類は、米こうじを使用した甘酒です。こちらにはアルコール分は含まれず、米の持つ自然の甘さのみのものが多くなっています。栄養価を高めるため、スムージーに加えたり、豆乳で割ったり、さまざまなアレンジが可能。毎日おいしく飲む方法をいろいろ試して探してみては。

「飲む点滴」

一時的なブームで終わらず、人々の生活に入り込んでいる発酵食品。体にいい、というのは今やよく知られた話です。納豆や漬物、ヨーグルトなどの発酵食品を、毎日積極的に摂っている方も多いでしょう。甘酒に使われている米こうじは、日本に古くからある発酵食品です。甘酒にはビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、葉酸、食物繊維、オリゴ糖や、システイン、アルギニン、グルタミンなどのアミノ酸にブドウ糖と、点滴と似た成分が多く含まれています。そこから「飲む点滴」と呼ばれるようになったのです。冬は風邪予防、夏は夏バテ防止にも効果があり、疲労回復や腸内環境を整える手助けもしてくれます。また甘酒には酵素も100種類以上含まれているともいわれ、アンチエイジングの効果も期待されています。甘酒は冷やしても、常温でも、温めてもどのように飲んでも美味しく飲むことができますので、気温や気分に合わせて楽しんでみてください。

創業140年の日本酒作りの技術を甘酒に!福岡の酒蔵「杉能舎」

世界でも類を見ない技術を要する日本酒。そんな日本酒作り」の技術を甘酒作りに注ぎ込んでいる蔵元があるんです。それは福岡県にある創業140年の老舗酒蔵「杉能舎」。「米こうじ・水」というシンプルな原料で甘酒を作っています。全国清酒鑑評会などで数々の賞を受賞し、博多の銘酒蔵として知られています。「杉能舎」の由来は無類の芸事好きだった初代・濱地新九郎のエピソードに由来します。新九郎は、福岡城で行われた薪能に心酔し、翌日には酒蔵の裏山から杉の大木を切り出してきて、自ら杉の能舞台を作ってしまったことから「杉能舎」になったそう。本来なら、能の舞台には桧を使用するのですが、桧を探す時間も惜しいくらい芸事好きだったということから杉を切り出したんだとか。そんな初代・新九郎の遊び心を忘れることなく、現在も酒造りが行われています。

糖類ゼロ、アルコールゼロの「杉能舎甘酒」

「杉能舎」で作られる日本酒は原料にもこだわり、時間をかけてじっくりと丁寧に作られています。日本酒と同じように甘酒にも酒造適合米を使用し、お米を削り芯の部分を使って仕込んでいます。手間もコストもとてもかかりますが、日本酒蔵ならではの技術を使い、こだわりの甘酒が作られています。原料は米こうじと水のみ、と実にシンプルですが、だからこそ日本酒の蔵元が作った甘酒ならではの甘味、旨みを堪能できます。砂糖が全く入っていないにも関わらず、なぜ驚くほどしっかりとした甘味を感じることができるのでしょうか。それはお米に含まれるでんぷん質が、こうじ菌の糖化酵素により糖分へと変化するからです。砂糖の甘味とはひと味違う、自然な優しい甘さは一度味わってしまうとクセになります。沈殿しているこうじの粒も、スプーンですくって食べてみるとまるでデザートのような味わいです。

話題のスーパーフード長命草の入った青汁入りの甘酒

この「杉能舎」では、日本初の青汁入りの甘酒も作っています。今、スーパーフードとして注目されている「長命草」入り。沖縄県与那国島に自生するセリ科の植物で「一株食べれば一日長生きする」と言われています。抗酸化作用があるとされるポリフェノールは、ゴーヤのおよそ8倍。栄養分豊富な甘酒に長命草入りの青汁が入ることで、美容・健康効果が格段にアップします。からだが喜ぶ栄養素が豊富な甘酒も青汁も両方一度に飲めるというお手軽さ。青汁というと苦いイメージがありますが、その飲みやすさに驚くはず。優しいグリーンの長命草入り青汁を豆乳で割って飲んだり、スムージーに入れて飲めば、味に変化をつけながら継続して飲み続けることができます。

選ぶなら、迷わず創業140年の日本酒の蔵元が作る、こだわりの「杉能舎甘酒」。シンプルな甘酒も、長命草の入った青汁入りの甘酒もどちらも日本酒酒蔵だから出せる深い甘さを堪能できます。

ほかの記事もみる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクセスランキング

人気のある記事ランキング

キーワード