Original
出典元URL: http//www.plywood.jp

食卓を和やかに彩る、栃木県の伝統工芸 「 益子焼 」 で作られた ご飯茶碗 Rice Bowl 「 U 」

出典元URL: http//www.plywood.jp

栃木県の伝統工芸「益子焼」の技術を用いて作られた温もりを感じるご飯茶碗のご紹介です。栃木県の伝統技術を活かしながら現代のライフスタイルに合ったモノづくりに取り組むグループ「とちぎの技委員会」によって開発された、作り手の愛情を手に取って感じられるギフトにも喜ばれるご飯茶碗です。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
'SHOPで買う

ホッと心温まる、伝統工芸「益子焼」で作られた温かみのあるご飯茶碗。

plywood (プライウッド)公式サイト|インテリア・キッチン雑貨

出典:http//www.plywood.jp

栃木県の伝統工芸「益子焼」の技術を用いて作られたご飯茶碗です。栃木県の伝統技術を活かしながら現代のライフスタイルに合ったモノづくりに取り組むグループ「とちぎの技委員会」によって開発された商品です。
益子焼は土肌が荒く、型取りが不向きのことから成形から一つ一つ手作業で製作されています。手作りならではのあたたかみのある佇まいが魅力的です。土の素朴な肌触りと、どこか懐かしさを感じるデザインは毎日の食卓をほっこりと優しい雰囲気に演出してくれます。長い歴史と日常生活の中で培われてきた伝統工芸は、毎日の暮らしに小さな潤いを与えてくれるアイテムです。女性の手にもしっくり馴染む小ぶりサイズは使いやすく、老若男女問わずご家族みんなでお使いいただけます。

日本人の琴線に響く、どこか懐かしいデザイン。

plywood (プライウッド)公式サイト|インテリア・キッチン雑貨

出典:http//www.plywood.jp

素朴な土の質感と、ツヤのある釉薬のコントラストが美しい。

plywood (プライウッド)公式サイト|インテリア・キッチン雑貨

出典:http//www.plywood.jp

益子焼の素晴らしさは土にあると言われています。益子焼の土は砂が多く、ナチュラルで親しみを感じる質感が魅力的です。益子の土の魅力を引き立てるのが釉薬の重厚なツヤ感。漆黒(しっこく)や柿釉(かきゆう)という赤茶色、鉄釉(てつゆ)という飴色など、益子焼の基本的な釉薬を使用しました。シンプルなデザインの中に益子の土や釉薬の豊かな表情をお楽しみ頂けます。

芸術性を兼ね備えた伝統の日用品「益子焼」。

plywood (プライウッド)公式サイト|インテリア・キッチン雑貨

出典:http//www.plywood.jp

■益子焼のはじまり
益子焼は1853年、茨城県笠間にて陶技を学んだ大塚啓三郎が町内の大津沢の粘土を用いて 陶器製造に着手して以来のものです。当時は、かめ・すり鉢土釜・土鍋・土瓶などの庶民の日用品がメインに作られていました。その後、1927年から創作活動を開始した濱田庄司によって花器・茶器などの民芸品が作られるようになり、日本全国に知られることになります。現在の益子焼はタヌキの置物でも有名です。創業期以来の伝統的な益子の釉薬と技法を用いつつ、時代とともに変化をし続けるのが益子焼の魅力の一つと言えます。

■創業150年の歴史を誇る窯元「つかもと」の技術
中でも創業150年の歴史を誇る窯元「つかもと」は1864年塚本利平が創業しました。1957年には信越線横川駅の「峠の釜めし」の弁当容器として塚本窯の釜が取り上げられました。伝統的な技法や釉薬を用いつつ、現代のライフスタイルに 合わせたデザインを融合した商品の開発に取り組んでいます。


栃木県による栃木工芸品のためのデザイングループ「とちぎの技委員会」とは。

SAAT DESIGN INC.

出典:http//saat-design.com

栃木県には、益子焼や結城紬をはじめとした様々な伝統工芸があります。
その技術や技法を活かして現代のライフスタイルに合った商品開発に取り組んできたのが2008年にスタートした「活かそう!とちぎの技事業」です。デザインディレクターに(有)ザートデザイン安次富隆氏を迎え、栃木県内の異業種の伝統工芸品事業所と共に「とちぎの技委員会」を設立し活動をつづけています。
ロゴマークの「U」には、“You”や“結う”、数学の“むすび”を表す集合体記号などをイメージし「あなたと結ばれるモノづくり」という意味が込められています。

ご夫婦やご家族、色違いで揃えたくなる老若男女問わず使えるデザイン。

plywood (プライウッド)公式サイト|インテリア・キッチン雑貨

出典:http//www.plywood.jp

日本人の心をつかむ素朴であたたかみのある質感のご飯茶碗だから、家族みんなで色違いをそろえたくなりますね。心和む飽きのこないデザインだから、大切な方へのプレゼントとしてもきっと喜ばれます。

日本人のこころをつかむ、5つの益子焼ご飯茶碗。

plywood (プライウッド)公式サイト|インテリア・キッチン雑貨

出典:http//www.plywood.jp

Rice Bowl 「U」

2,160 円

栃木県の伝統工芸「益子焼」で作られたご飯茶碗。

BALMUDA The Gohan

44,820 円

「素晴らしいごはん、最高の食事」。

ほかの記事もみる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクセスランキング

人気のある記事ランキング

kabukiペディア   >   plywood   >   買いモノ   >   食卓を和やかに彩る、栃木県の伝統工芸 「 益子...

キーワード