Original

バルミューダ・ザ・ポットは美味しく美しいにこだわった究極美の電気ケトル

究極の機能美を追求したBALMUDA The Toasterが爆発的なヒットを遂げたバルミューダ社から、電気ケトル・ポット「BALMUDA The Pot」が誕生。使いやすさと美しさを兼ね備えた電気ケトルは、10月21日より一斉発売されました。品薄になる可能性が高いので、早めにゲットして。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
'SHOPで買う

一日のはじまりにささやかなストーリーを添えるご褒美ケトル。

たとえば、朝に淹れる一杯のコーヒー。忙しない一日がはじまるからこそ、貴重な朝時間は大切にしたいものです。とはいえ、現実はなかなか厳しいもので、「駆け足で満員電車に飛び乗り、会社に向かいながら大急ぎで缶コーヒーを買うのがやっと」「朝活を始めたいと思っていても、なかなか起きられない」……そんな方って多いはず。

BALMUDA The Potは、そんなあなたにおすすめしたい「ご褒美ケトル」。実は、朝すっきりと目覚めるためには、目覚めた直後にどんなことをしたいか考えておくのがとても大切。朝、きちんと目覚めたご褒美に、眠る前に朝のお楽しみを用意しておくのが朝活をはじめるコツなんです。

お気に入りのコーヒーカップと、とっておきの挽き豆、ハンドドリップのセットに、それからBALMUDA The Pot。一日のはじまりをスタイリッシュに切り替えてくれる、そんなとびきり美しい電子ケトルで淹れるコーヒー、それって格別です。夜、ベッドに入る前にコーヒーを淹れる準備を整えて、とっておきのコーヒーで朝を迎えませんか。

シンプルながら実用的。究極の機能美を体験して。

一目でお分かりになると思いますが、BALMUDA The Potは一般的な電気ケトルのようなデザインとは異なります。緩やかなカーブを描いた細いノズル。そう、それはまるでコーヒーポットのよう。一般的な電気ケトルでは、注ぐ勢いをコントロールすることが難しく、ハンドドリップでコーヒーを淹れるときのチョロチョロとした注ぎができなかったのが難点でした。その点、BALMUDA The Potは、「注ぐ」ことに特化した電気ケトル。ハンドルの握りやすさにもこだわりが光り、華奢な女性であってもスムーズに注ぎの勢いを調整できるのがうれしいところです。

また、注ぎやすさにこだわりがあるからこそ、お湯がこぼれたり、飛び散ってしまったり……というストレスもありません。こぼれたお湯でテーブルを濡らしてしまう心配が少ないので、リビングにも置いたってインテリアの邪魔をしません。

繰り返し使うものだから、そのコンパクトさがうれしい。

BALMUDA The Potもまた、シンプルさが魅力のアイテム。白と黒。カラーバリエーションはこの二つだけですが、余計な色の入らないモノトーンだからこそ、どんなインテリアにもマッチするんです。全長1.3.メートルまで伸ばせる電源コードは、裏面のホルダーにきっちり収納可能。伸びた配線がだらしなく広がってしまうこともありません。

フォルムの美しさと使いやすさを兼ね備えるBALMUDA The Potは、ギフトにも最適です。世代を問わず愛されるシンプルでモダンなデザインは、どんなライフスタイルにもよくなじみます。plywoodストアでは、ギフトラッピングにも対応。新生活をはじめる友人に、愛するパートナーに、誰よりも尊敬する両親に。美しい電子ケトルのある上質な暮らしを、贈ってみてはいかがでしょうか。

バルミューダ ザ・ポット 究極美の電気ケトル  

11,880 円

ほかの記事もみる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する買いモノ

アクセスランキング

人気のある記事ランキング

キーワード