Original

バルミューダ・ザ・トースターで朝食が至福のひとときに変わる瞬間を

お店や高級ホテルの朝食で食べた、あの美味しいトーストが食べたい...というあなたにオススメ!発売から売り切れ続出で独自のスチームテクノロジー&完璧な温度制御で外はカリッ、中はもっちり。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
'SHOPで買う

朝こそ、最高に贅沢な食事を。

1日のスタートを切る朝こそ、最高に贅沢な食事をして気持ち良くお仕事に向かいたいものです。朝といえば、あったかいホットコーヒーとこんがり焼いたパン。その当たり前に毎朝食べているパンが、ただ焼くだけで感動するほどおいしくなってしまう方法があるとしたら、知りたいですよね。

そこで、ご紹介したいのは高級トースターのBALMUDA The Toaster(バルミューダ ザ・トースター)。トースターと言えば、安いものであれば3,000円程度で買えるリーズナブルなものもありますが、こちらは何と24,732円(税込)。簡単に手が出る値段ではありません。そんなワンランク上なトースターが、大人気のようです。今回はその人気のトースターがなぜ人気なのかを実際に見て使って食べてみました。

ホテルでしか食べれなかった感動のトースト

出典:https//www.balmuda.com

BALMUDA The Toasterで焼いたトーストは、表面がサックリとしたきつね色、中は水分と香りが十分に残ったまま熱々の仕上がり。鮮烈で、香ばしい小麦の匂いが印象的です。新鮮なバターや季節のジャム、ハチミツをたっぷりとかけて食べるのがおすすめです。

感動のチーズトースト

出典:https//www.balmuda.com

とけて、少しだけ焦げたチーズの素晴らしさに異論をとなえる人はいないでしょう。BALMUDA The Toasterはスチームの力でチーズの水分と風味をたっぷりと残したまま、完璧な温度制御で絶妙な焦げ目をつけます。シンプルなチーズトーストからピザトーストまで、最高の仕上がりになります。

バルミューダ ザ・トースターの秘密に迫る

特徴その1 独自のスチーム機能

出典:https//www.balmuda.com

パンを焼く際にトースターへ5ccのお水を入れます。焼くパンの枚数が変わっても、水の量は変わりません。実際に焼き始めると、トースター内に蒸気が充満し、外から見ても曇っているのがわかります。この蒸気の力によって、パンの中身のしっとり感を保ちながらこんがり焼けるパンが実現できるのです。

特徴その2 用途に合わせた5つのモード

出典:https//www.balmuda.com

焼くパンの種類によって、つまみを回すだけで簡単に焼き加減の調整ができます。5つのモードが用意されているのですが、大きくわけるとトースト、リベイクの2つです。それぞれに合わせた時間が指定されていますが、加熱の時間や上下の熱源の調整がマイコン制御されています。焼き上げるだけでなく、温めなおしにも使えますね。もちろん、目的のパンを焼くモード以外に300w、600w、1300wワット数で指定した焼き方もできます。グラタンやクッキー、冷凍食品など、普段トースターで調理しているものも問題なく焼き上げます。それだけではなく、食べきれなくて冷凍していたパンや焼きたてで買ったけど、家につくまでに冷めてしまったパンを、おいしく復活させられる機能も搭載されているのが嬉しい点です。

また、特徴としてオーブンの温度が60℃、160℃、220℃と焼き時間に変化していきます。それぞれ、60℃(パンのやわらかさと風味を蘇らす)、160℃(表面を色づかせる)、220℃(焦げ色を仕上げる)という効果があり、こちらも計算尽くされた設計です。それぞれのモードによって上下のオーブンの温度が変化しますので、くれぐれもお間違いないように。

特徴その3 圧倒的にお洒落なフォルム

出典:https//www.balmuda.com

シンプルでスタイリッシュな見た目のため、インテリアとしても申し分ありません。デザインのテーマはモダンクラシックで、約2000個の案から選ばれたデザインは、古くからある窯やヨーロッパの街並みなどからアイデアを得たようです。

そして、2015年度グッドデザイン賞 金賞(経済産業大臣賞)を受賞していますが、審査員の評価にも「独自のスチームテクノロジーと温度制御によって、これまでになくふっくらと香ばしくパンを焼き上げるトースターである。空調家電に新風を吹き込んだバルミューダが、今度は新たな風をキッチン家電に吹き込んだ点を高く評価したい。焼きあがるパンが抜群に美味しいのはもちろんだが、外装や付属のピッチャーも家電製品というより、ホーローや鍋のような勝手道具の趣があり、台所に馴染む美味しそうな形にデザインされている。」と評価されています。業界的にもイノベーションを起こしている日本のメーカーというのが伝わってきますね。

「バルミューダ ザ・トースター」を体験できるランチ会に参加してみた

素晴らしい機能はわかったので、このトースターで焼いたパンを食べてみたい。そこで今回「バルミューダ ザ・トースター」を体験できるランチ会に招待されたので、参加してみました。果たして、話題のトースターで焼いたパンは一体どんな味がするのでしょうか。
現場に到着してみると、数台のトースターと様々な種類のパンたちに迎えられました。こちらのイベントは実食レポを目的としているので、焼いたパンがおしいのは、パンそのものが美味しいから、と思われないようにスーパーやコンビニでも販売されているようなごく普通の食パンも用意されていました。



まずは、ヤマザキの食パンを焼いていただきます。何枚焼いても入れるお水の量は変わらず付属の5ccのカップ1杯です。水を入れて食パンモードを選び焼き上がりを待つだけです。焼いている様子を見ていると、上下についた2本のヒーターが付いたり消えたりしながら焼き上げていきます。見ているだけで、本当においしそうです。出来上がった食パンは、小麦のいい香りがし、耳は軽めのカリッとした歯ざわり、表面はサクサクで中はしっとり。普通の食パンなのにこんなに美味しいの!?であれば、有名店のクロワッサンはどんな仕上がりになってしまうのか、もう期待しかありません。



そしてクロワッサンにうつります。これまでトースターで温めるのが難しかったクロワッサン。クロワッサンも食パン同様に、付属のカップに5ccの水を入れクロワッサンモードで3分ほど焼きます。家庭では一人一つのクロワッサンを食べると思いますが、体験会では切り分けたものをいただきました。もし切り分けて食べたい場合は、焼く前に切り分けておくのをオススメします!焼きあがったクロワッサンを切ると、外側のサクサクした部分が剥がれてしまいます。



クロワッサンはお店で買ってきたものと、自分で焼き上げるものの食べ比べをします。ではさっそく、お店で買ってきたものから頂きます。さすが「ゴントランシェリエ」のクロワッサンです。何も手を加えなくても十分香り高くさくっとして美味しいです。続きまして「バルミューダ ザ・トースター」で焼いたものをいただきます。見た目は焦げ目もなく、きれいなきつね色です。手に取ってみると、バターの香りがフワっとして、外皮が1枚ホロッと剥がれました。食べてみると歯ごたえがサクサクです!クロワッサン本体も、サクサクの層が感じられそれでいて中はしっとりじゅわっと甘味を感じます。まるで焼きたてのような味わいを再現できます。


バルミューダ ザ・トースターを使ったレシピ


最後に私が実際に作ってみたトースターのレシピを紹介します。メニューは定番のピザトーストなのですが、いつもとは一味違う味わいを楽しめますので、
是非お試しください。



【材料】:食パン(4枚切)、塩、こしょう、玉ねぎ、ピーマン、黒オリーブ、バター、ピザソース、チーズ、豚ひき肉、イタリアンハーブ、にんにく




【1】豚ひき肉70gにみじん切りにした玉ねぎを入れ、イタリアンハーブ、すりおろしにんにんく、塩(小さじ1/3)、黒こしょう(小さじ1/2)を混ぜ合わせて30分おきます。

【2】30分たったらひき肉をフライパンで炒めます。


【3】あらかじめ食パンにはバターとピザソースを塗っておき、炒めたひき肉、スライス玉ねぎ、輪切りのピーマン、黒オリーブ、チーズの順番でのせていきます。


【4】そのままトースターに入れて「チーズトーストモード」で4~6分加熱して完成です。



チーズトーストモードならではの「上部をしっかり温める」という機能により、野菜にはじっくり火が通り、香ばしいチーズの焦げ目もしっかりついていて、ワンンランク上のピザトーストが味わえます。調理の後の片付けも楽々です。トースター内で落ちたパンくずは付属のトレイの上に落下しますし、前面から簡単に引き出して洗うことが可能です。トースター内の給水パイプとボイラーカバーも取り外すことができまので、すぐに洗ってしまえます。レシピについては、バルミューダさんの公式サイトでも多数掲載されています。是非参考にしてみてください。


最後に感想


「正直、なぜもっと早く買わなかったんだろう」と10倍の価格差に躊躇していましたが、本当に後悔しています。これはほんとに買って良かった。買ってからというもの、朝食の時に子供も喜んで食べますし、ご飯派だった夫もパンを食べたいというようになりました。24,732円(税込)と決して安い買い物ではありませんが、月々にしてみれば、わずか2,000円程度です。毎日ペットボトルの飲み物1本を我慢すれば買えちゃいます。みなさまも、是非この感動を味わってみてはいかがでしょうか。


バルミューダ ザ・トースター BALMUDA The Toaster

24,732 円

ほかの記事もみる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する買いモノ

関連する読みモノ

アクセスランキング

人気のある記事ランキング

kabukiペディア   >   plywood   >   買いモノ   >   バルミューダ・ザ・トースターで朝食が至福のひと...

キーワード