kabukiオフィシャル

厳選した情報をお届けします。

ハワイに短期留学 どこがいい?費用は?語学学校(スクール)の選び方(キッズ・小学生・親子・学生・大人、1週間〜)

英語初心者が本場の英語に触れたり、英語力を伸ばすためにハワイ短期留学や親子留学をする場合、どの語学学校にしようか、と迷うものですね。ウェブサイトやパンフレットの綺麗な写真だけで判断するのではなく、留学の目的を明確にし、希望通りの学校かどうか、確認することが大切です。費用が安い、少人数でアットホーム、通学の便を考えて立地を重視したり、国際色豊かな学校、少人数クラスなどがポイントです。留学目的が異なる以上、語学学校に求めるものも学生によって違います。自分の希望を一つひとつ箇条書きし、優先順位を付けると最適な学校が見えてきます。ハワイで海外留学斡旋のエージェント業経験を元に、目的・タイプ別の選び方をお伝えします。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
968view

■主役は子供や自分自身、学校はあくまで脇役

筆者の留学エージェント経験から、強調したいのは主役は「子供」または「自分自身」ということです。学校はあくまで脇役です。留学で大切なことは「やる気」で、学費の高い良い学校を選び、同じクラスでも、英語が上達する学生と、そうでない学生がいるのが実情です。

日本の学校と同様に、学生の意欲次第なのです。毎日の授業にきちんと出席し、理解できないところは先生に尋ね、学校主催の行事にも積極的に参加して、やる気を持続することが大切です。

留学の目標を見失わず、常に意識していれば、壁にぶち当たっても乗り越えられるものです。語学学校は自分に合った学校を選び、強い意思を持って臨みましょう。

■語学学校には特徴やカラーあり。自分に合うのは?

ハワイの語学学校では、初心者向けから上級者用のクラスまで、いくつかのグレードに分かれています。立地条件は、滞在先から徒歩圏内のワイキキやバスの便が良いアラモアナに集中しています。

ハワイの語学学校は個性豊かです。立派な施設を誇る学校や先生の質が自慢だったり、低価格の学費をウリにしている学校、家庭的な学校もあれば、設備の良い200名を超える大規模校もあります。

主要な語学学校の特徴やオススメポイント、費用、学生の日本人比率などを目的・タイプ別にご紹介しますので、参考にしてください。

なお、学費は通常、週単位で計算し、1カ月は4週となります。週数が多いほど、授業料は安くなり、教材費などは別途必要なケースが一般的です。

■アカデミア・ランゲージ・スクール 1週間$200〜、費用の安さで支持されるハワイ初の語学学校

とにかく費用を安く抑えたい方にオススメ! ハワイの語学学校で、最も低価格な学費が支持されています。

1969年にハワイ初の語学学校として開校。幅広いクラスで、目的に合わせて初級から上級まで実力に応じて選べます。映画鑑賞しながら楽しく英語を学ぶプログラムなども積極的に授業に取り入れています。

場所は、アラモアナセンターのすぐ北側にあるパンナムビル12階。大型スーパーも徒歩圏内で、通学やショッピングに便利な立地です。

住所:1600 Kapiolani Blvd., Suite 1215, Honolulu, HI 96814
電話:1-808-946-5599
学費:入学金$125、1週$200~
日本人学生の割合:65%
学生数:約150名
クラス平均人数:8名
日本語可能スタッフ:常勤
滞在方法:ホームステイ、学生寮(長期滞在のみ)
HP:http://www.academiaschool.edu/?lang=ja

■セントラル・パシフィック・カレッジ アットホームな少人数制・初心者やキッズに人気

アットホームで少人数制がモットー! 親子で一緒の学校で英語を学びたい方や、母親は英語にも親しみつつ、近くのアラモアナセンターでお買い物なども楽しみたい場合に最適!

2004年開校の新しい学校ながら、経験豊富な講師陣による質の高い授業と一人ひとりの学生を細やかにサポート。初心者も気軽に入学でき、キッズにも人気です。海外旅行や長期滞在で「使える英語」をマスターするのが目的。短期は、中学生から受け入れ可能ですが、春・夏のみ開催の季節限定子供プログラム「Club Keiki」があり、春は1週間、夏は最大で6週間の入学が可能です。

場所は、アラモアナセンターまで徒歩2分のオフィスビル7階。日系スーパーのニジヤまで徒歩1分、ウォルマートまで徒歩5分です。

住所:1221 Kapiolani Blvd., Suite 740 Honolulu, HI 96814
電話:1-808-791-7800
学費:入学金$100、1週$270~
日本人学生の割合:90%
学生数:約40名
クラス平均人数:8名
日本語可能スタッフ:常勤
滞在方法:ホームステイ、学生寮、コンドミニアム
HP:http://jp.cpcenglish.com/

■グローバル・ビレッジ ハワイ校 国際色豊かなハワイ最大の施設と学生数

費用は髙くても、国際色豊かな学校で学びたい親子向き! ヨーロッパなどからも集い、ハワイ最大の施設と学生数を誇っています。

豊富なカリキュラムは高い評価を得て、立地や施設面も魅力。一般英語コースはレベルを8段階設定。中上級者向けコースは午前、初級者コースは午後と分けられています。

場所は、アラモアナセンターとウォルマートの間にある近代的なビルの11階。周辺にはレストランやショップも多く、留学生には過ごしやすいエリアです。

住所:1440 Kapiolani Blvd., #1100, Honolulu, HI 96814
電話:1-808-943-6800
学費:入学金$150、1週$335~
日本人学生の割合:40%
学生数:約200名
クラス平均人数:10名
日本語可能スタッフ:常勤
滞在方法:ホームステイ、学生寮
HP:http://gvenglish.com/schools/usa/hawaii.html

■ハワイ・パームス・イングリッシュ・スクール キッズプログラムが豊富

とにかくキッズに優しいと評判なので、現地の子供たちと仲良く触れ合ったり、小さい子供と母親、友達同士でも安心!

英語集中コースをはじめ、スクールアクティビティやキッズプログラムなどが豊富。最大8名までで、一人ひとりのケアに力を入れています。ハワイアンカルチャーに基づいた英語集中コース+サーフィン、ウクレレレッスン、ヨガレッスン、スキューバライセンス取得コースも人気です。

場所は、ワイキキビジネスプラザの7階。ワイキキビーチまで徒歩3分という ロケーションで通学にも便利です。

住所:2270 Kalakaua Ave., Suite 711, Honolulu, HI 96815
電話:1-808-922-3535
学費:入学金$100、1週$300~
日本人学生の割合:80%
学生数:約40名
クラス平均人数:8名
日本語可能スタッフ:常勤
滞在方法:ホームステイ、コンドミニアム、ルームシェア
HP:http://www.hawaiiryugaku.jp/

■インターカルチュラル・コミュニケーション・カレッジ 本気で英語を学びたい方へ

本気で英語を学びたい親子にオススメ! 校内での英語オンリーポリシーを厳しく定め、学生への英語環境を保っています。

意欲のある、丁寧な教育方針をモットーとする講師陣を集め、学生が求めるレベルへ大きく前進させてくれます。初日のテストで8レベルにクラス分け。一般英語のほか、多種多様なプログラムを用意しています。

場所は、アラモアナセンターのすぐ側。バスターミナルがあるので、交通の便が良いロケーションです。

住所:1585 Kapiolani Blvd., Suite 1000, Honolulu, HI 96814
電話:1-808-946-2445
学費:入学金$175、1週$355~
日本人学生の割合:35%
学生数:約100名
クラス平均人数:8名
日本語可能スタッフ:常勤
滞在方法:ホームステイ、学生寮
HP:http://icchawaii.edu/ja/

■インスティチュート・オブ・インテンシブ・イングリッシュ できるだけ日本人が少ない学校で学びたいなら

できるだけ日本人留学生が少ない学校で学びたい親子に最適! ハワイで唯一、1国の学生の国籍率が50%を超えると、通常8週間はその国の学生を受け付けない独自のポリシーが人気です。

オアフ島カイムキにあるクリスチャン系シャミナード大学のESLコースとして発足。英語オンリーを徹底するクオリティの高い授業とアットホームな講師、キッズにも優しく、留学生との関係を大切にしています。

場所は、ワイキキの中心に近いバンク・オブ・ハワイビル7階。ワイキキビーチまでわずか2分というロケーションです。

住所:2155 Kalakaua Ave., Suite 700, Honolulu, HI 96815
電話:1-808-924-2117
学費:入学金$150、1週$370~
日本人学生の割合:40%
学生数:約100名
クラス平均人数:13名
日本語可能スタッフ:常勤
滞在方法:ホームステイ、学生寮、シェアハウス
HP:http://eastman-w.com/iie/

留学情報 -information-

※上記データは2017年7月末の状況。お申込み時には料金やプログラムが異なる場合があります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する買いモノ

関連する読みモノ

アクセスランキング

人気のある記事ランキング

kabukiペディア   >   kabukiオフィシャル   >   読みモノ   >   ハワイに短期留学 どこがいい?費用は?語学学校...

キーワード