kabukiオフィシャル

厳選した情報をお届けします。

一保堂茶舖・東京丸の内店 カフェで日本茶を楽しむという選択肢があってもいい(お茶専門店)

例えば、訪問先で出されたものが「日本茶」だったとき。なぜかちょっとホッとする時ってありませんか?日本茶ならではの優しい香りと甘みには、日本人の琴線に触れる優しさがあります。そんな日本茶の魅力を、カフェでお茶をする感覚で楽しめるのが、東京・丸の内にある「一保堂茶舖 東京丸の内店」です。創業300年の老舗が贈る、「ゆるりとした時間」へ身を委ねてみましょう。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
844view

「茶 一つを保つ」京都・日本茶専門店「一保堂茶舖」の思い

日本にお茶が伝わったのは鎌倉時代のこと。栄西禅師によって当時「宋」と呼ばれていた中国からチャの種が持ち込まれたと言われています。気候風土がお茶の生育に適していた宇治は、高品質なお茶の産地として発展し、現在もお茶の品質向上や技術改良の中心的な役割を担い続けています。

一保堂が店を構えたのは今から300年前の江戸時代、1717年のこと。現在の滋賀県にあたる近江出身の渡辺利兵衛が京に出て、寺町通りに「近江屋」を開業。その後、1846年に宮家の山階宮(やましなのみや)から「茶 ひとつを保つように」という言葉を賜り、「一保堂」の屋号となりました。

抹茶に比べて、私たちが普段口にすることが多い「煎茶」は江戸時代の中頃にその製法が確立。その後、「玉露」が誕生します。自然の恵みであるお茶を、一保堂は茶葉そのものの香りや味を損なわないよう大切にし、上品で穏やかな香りや味を追求し続けています。

山吹色に澄んだ京銘茶をカフェで味わう「ゆるり」とした時間

日本茶といえば「緑茶」と言われるようにその水色(すいしょく)は緑色をしているのが一般的なイメージではないでしょうか。一保堂の水色は澄んだ「山吹色」。口に含むとしっかりコクのある味わいが特徴です。一保堂では店舗内にあるカフェスペース「喫茶室 嘉木(かぼく)」で味わうことができます。抹茶、玉露、煎茶、番茶のメニューの中からお好みのお茶を選び、お菓子とともに楽しみましょう。

抹茶に使用する湯は、茶釜で沸かし、スタッフが丁寧にお茶を点ててくれます。鮮やかな緑色をしたクリーミーな抹茶を一口含むと、宇治茶ならではの優しい甘さとコクが口いっぱいに広がり、なんとも優雅な気分に。3種類ある抹茶は濃茶、薄茶から選ぶことができ、全てお菓子付きです(1,296円〜)。

添えられるお菓子はお茶の風味や季節によって変わるため、訪れるたびにさまざまな組み合わせが楽しめるのも嬉しいですね。

スタッフに教えてもらいながら、自分で淹れてみる

一方、玉露、煎茶、番茶は、「お茶を淹れるところから自分で」というのが嘉木のスタイル。一煎目(1杯目)はスタッフが淹れ方を丁寧にレクチャーしてくれるため、茶葉に合わせたおいしいお茶の淹れ方を学ぶこともできます。

一般的に玉露は60度、煎茶は80度のお湯が茶葉のおいしさを引き出すと言われています。あらかじめ用意された茶葉と適温に調整されたお湯をそそぎいれ、玉露は1分半、煎茶は1分ほど静かに待ちます。

お茶の旨みがギュッと凝縮された 最後の一滴までしっかりそそぎ入れるのがポイント。二煎目(2杯目)からは自分のペースでお茶を淹れて楽しみましょう。玉露、煎茶、番茶も3〜4種類から選ぶことができ(1,080円〜)、夏はさわやかな水出し茶も味わうことができます。季節のお菓子がつき、約三煎(3杯)とたっぷりいただけるのも嬉しいですね。

「気軽にお茶を楽しむ」自分の手元で完成するお茶の魅力

「日本茶」と聞くと、作法が難しそうに感じますが、こちらのカフェスペースでは、気軽にお茶を楽しんでほしいという思いが込められています。

「急須に茶葉とお湯を入れ、茶碗に注ぐお茶は最終的にお客様の手元で完成します。熱々のお湯で飲みたい方や、二煎目、三煎目がお好きな方もいるでしょう。あまり決まりごとにこだわることなく、自分にとって一番おいしいお茶の淹れ方を見つけていただけたらと思います」

そうお話しくださったのは、広報部の加藤吏一郎さん。ショッピングの合間やビジネスシーンのブレイクタイムに、日本茶を楽しむ選択肢があっても良いのでは?と、言葉を続けます。

「カフェでコーヒーを飲むような感覚で日本茶を味わっていただけたら嬉しいですね。そんな思いから、定期に的にお茶の淹れ方教室も開催しています。茶道とは異なり、家庭にある急須や茶碗などを使ってお茶をおいしくいただく内容になっているので、どなたでも気軽にご参加いただくことができます」

また、ちょっと面白いのが、お茶のテイクアウトができるという点。丸の内という土地柄、平日はランチタイムのお供に好みのお茶をも求めるビジネスマンやOLさんも多いのだとか。

店内では茶葉をはじめ、急須などの道具類などを販売。購入の際は茶葉に合わせたおいしいお茶の淹れ方や、贈り物などへのアドバイスも受けることができます。

いつものお茶が、ちょっとの工夫で驚くほどにおいしくなる日本茶の世界。「ちょっとお茶して行かない?」という時、ほっこりできる日本茶のあるカフェで、ゆるりと過ごしてみませんか?

店舗情報 -information-

一保堂茶舖 東京丸の内店
住所:東京都千代田区丸の内3−1−1 丸の内仲通り国際ビル1階
電話:03-6212-0202
営業時間:11:00〜19:00(喫茶室は18:30ラストオーダー)
定休日:年末年始

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する買いモノ

関連する読みモノ

アクセスランキング

人気のある記事ランキング

kabukiペディア   >   kabukiオフィシャル   >   読みモノ   >   一保堂茶舖・東京丸の内店 カフェで日本茶を楽し...

キーワード