kabukiオフィシャル

厳選した情報をお届けします。

神秘的な島でもあるハワイには、「天国の海」とも呼ばれる、まるで海の中を歩いているように見える美しく不思議な白い砂浜「サンドバー(Sandbar)」があります。場所は、オアフ島の北東にあるカネオヘ湾の沖合。ここに潮の満ち引きで海面の高さが変わり、深さが膝(ひざ)ほどになる浅瀬があるのです。カネオヘ湾の珊瑚礁は全米最長で最大。船から降りてハワイ州唯一のサンドバーを歩けば、まさに天国にいるかのような幻想的な気分を味わえることから、そう名付けられました。世界中の観光客を魅了する非常に珍しい場所で、特にオススメする必見のスポットです。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
1,448view

映画のロケやテレビCMでもお馴染みの美しい場所

海の中を歩けるような幻想体験ができることから、映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」の第4作「生命の泉」や、浜崎あゆみの「BLUE BIRD」プロモーションビデオにも登場するなど、映画のロケやテレビCMなどでもお馴染みの美しい場所が、このサンドバーです。

約1億年前に、火山だった噴火口が地震で隆起。その後、長い年月をかけて砂が堆積してできた砂洲が、エメラルドグリーンの海の向こうに広がるサンドバーなのです。

白く美しい砂浜なのは、サンゴの細かい砂でビーチができているから。サンドバーの端は深い海になっているので、まったく海の色が異なります。

浅瀬は季節や時期によっても違うので、完全に海面から姿を現して、見事に真っ白な砂浜になる時もあり、まさに幻想的という表現がピッタリです。

フラの聖地とも言われるサンドバー

カネオヘ湾沖のサンドバー(英語表記Sandbar)」は、ハワイ語では「アフ・オ・ラカ(Ahu o Laka)」と言います。

ハワイに於けるフラは、ネイティブハワイアンにとっては伝説や古代宗教と一体となった、まさに神聖な踊りです。

本来、神に捧げるために踊ったとされ、練習でさえも儀式や祈りと同様に、厳粛で神聖なものと考えられています。

このサンドバーは、フラの女神といわれるラカが、火の神ペレにフラを捧げたフラの聖地で、ヒーリングスポットでもある伝えられています。

アメリカ人宣教師たちが1820年以降、男女とも上半身裸で踊る宗教的な意味を持つフラを異教の踊りとして禁止した時代がありました。

その時代でさえも、人目を凌ぐことができるサンドバーで、フラを神に捧げていたとされ、今でも神聖な場所とされています。

ウミガメの生息地としても知られる

オアフ島の東側、雄大なコオラウ山脈の麓(ふもと)にあるカネオヘ湾は、少なくとも7000年の歳月かけて今の形ができたといわれています。

湾内は幅約13km、約4km沖にまで広がっています。珊瑚礁によって外海から守られ、とても穏やかに澄んだ海水で満たされているので様々な種類の魚たちが集まり、ウミガメの生息地としても知られています。

ワイキキからカネオヘ湾へは、車で40分。サンドバーには自然保護のため、ハワイ州政府によって許可されたツアーボートでしか沖合まで行けません。

百聞は一見に如かず。サンドバーへの行き方・楽しみ方

ワイキキのホテルからカネオヘ湾のヘエイアケア・ボート乗り場までは、送迎付きのオプショナルツアーで行くのが一般的です。

ツアーには午前、午後があります。ツアー会社(日系、米系とも複数あり)によって昼食付(※軽食、スナックだけもある)やサンドバーウォークのほか、周囲でシュノーケリングなどのマリンスポーツを楽しめるものなど内容が異なります。

費用は、1人約$100前後が目安。名称は、ツアー会社により「天国の海」や「天使の海」などとも呼んでいます。

主なアクティビティを紹介すると、ジェットスキーやウィンドサーフィンのほか、バナナボート、バンパーチューブ、水上バレーボールに加え、人気のシーウォーカーなどがあります。

アクティビティの内容次第で、年齢や身長制限のケースもあるので、事前に各ツアー会社や申し込まれた旅行会社に確認されることをオススメします。

泳ぎが苦手な方やチビッ子にはライフジャケットが用意され、日本語が話せるインストラクターもいるので、家族連れはもちろん、友達同士や新婚カップルでも楽しめます。きっと、その幻想的な美しさに言葉を失うことでしょう。

場所情報 -information-

天国の海(サンドバー)
場所:オアフ島の北東にあるカネオヘ湾沖
アクセス:ワイキキから車で約40分
ツアー:各種のオプショナルツアー(送迎付き)が一般的
費用:ツアー会社(日系、米系とも複数あり)によって多少異なるが1人$100前後が目安

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する読みモノ

アクセスランキング

人気のある記事ランキング

kabukiペディア   >   kabukiオフィシャル   >   読みモノ   >   1億年の時を経て広がる幻想的な海の色。「天国の...

キーワード