kabukiオフィシャル

厳選した情報をお届けします。

ヨーロッパでは「春を告げる野菜」として紀元前の昔から親しまれているアスパラガス。日本でも2月の末ごろになると国産ものが出回り始めます。このアスパラガス、かわいい穂とスリムな見た目が特徴ですが、中には栄養がぎっしり。各種ビタミンのほか、疲労回復や血管強化に効く栄養成分も!旬の味で、疲れ知らずのしなやかな体を作りましょう。ゆで方などの基本はもちろん、とっておきのレシピもご紹介します。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
1,660view

知ってお得なアスパラガスの基礎知識

緑が鮮やかで、ピンと張ったしなやかさを持つ、春のパワフル野菜アスパラガス。
さあ、おいしくいただきましょう!

春の訪れとともに芽を出すアスパラガス。葉や茎が出る前の芽を収穫していただく野菜なので、まさしく今が食べどきです。まずは、旬を逃さずにおいしさを楽しむための基礎知識からお届けします。

アスパラガスのパワフルな栄養成分

キュッとしまったかわいい穂先が特徴ですが、栄養もたっぷり含んだ優秀食材です。

緑黄色野菜であるアスパラガスには、皮膚や粘膜を保護し、免疫力アップにも欠かせないカロテンをはじめ、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンEなど、各種ビタミンが豊富。それだけでもパワフルですが、さらにパワーをアップする栄養成分が2つ含まれています。
ひとつは、穂先に多く含まれているルチン。毛細血管を丈夫する働きがあり、動脈硬化や高血圧の予防に効果があることが明らかにされています。
もうひとつが、栄養ドリンクに利用されていることでもおなじみのアスパラギン酸。アスパラガスから発見された栄養成分で、疲労回復に効果のあることがわかっています。

グリーンとホワイトの違い

Stock Photos, Royalty-Free Images and Vectors - Shutterstock

出典:https//www.shutterstock.com

アスパラガスには緑色をしたグリーンアスパラガスと、白くて柔らかいホワイトアスパラガスがあります。その違いは、栽培方法。
グリーンは太陽の光に当てて育てますが、ホワイトは、土などをかぶせて日光を遮断して育てます。もとは同じですが、栄養価は日光を浴びたグリーンが上。柔らかい食感や香りを楽しむならホワイトです。

新鮮アスパラガスの選び方

パワフルなアスパラガスですが、やはり新鮮なもののほうが、よりパワフルです。買うときは、次の3点をチェックしましょう。

ポイント1:穂先がきゅっとしまっているもの。
      曲がったり開いたりしているものは、鮮度が落ちています。
ポイント2:切り口が丸くてみずみずしいもの。
      変色したり割れたりしたものは、避けましょう。
ポイント3:全体の緑が鮮やかで、ハリのあるもの。
      新鮮な証拠です。

可憐なアスパラガスの花

Stock Photos, Royalty-Free Images and Vectors - Shutterstock

出典:https//www.shutterstock.com

ところでアスパラガスに花が咲くことをご存知でしょうか。なかなか見かけることが少ないので、ご紹介します。この写真がそうです。
アスパラガスは、大きく育つ前の若い芽と茎を収穫して食用とする野菜。収穫せずに育てれば花が咲き、実もつきます。
ちなみに、アスパラガスの葉は、「はかま」とも呼ばれている、あの三角形の部分です。

アスパラガスを楽しむレシピ

アスパラガスを買ってきたら、さっそく料理してみましょう。まずは、おいしさをそこなわない基本のゆで方から。

基本のゆで方

Stock Photos, Royalty-Free Images and Vectors - Shutterstock

出典:https//www.shutterstock.com

ゆですぎるとおいしさが半減してしまうアスパラガス。少量の水で蒸すと、とてもおいしく色も鮮やかに仕上がります。

<材料>
・普通サイズのアスパラガス8本程度

<手順>
1.アスパラガスの根元のかたい部分を手で折るか、包丁でカットする。
2.気になる場合は、はかまを取り除く。
3.フライパンに大さじ2の水を入れ、アスパラガスを並べる。
4.点火して沸騰したら塩少々をふり、ふたをして中火で1分。
5.色鮮やかなグリーンアスパラガスの蒸し(ゆで)上がり。

<ワンポイントアドバイス>
・水の量と蒸す時間は、アスパラガスの太さや本数で調節します。太めなら、水は大さじ3、ふたをしてからの蒸し時間は2分ほどです。
・アスパラガスを半分に切る場合は、先に根元のほうを並べておき、沸騰したら穂先を入れます。
・水加減と時間を調節することで、ブロッコリーやニンジンにも応用できます。

焼きアスパラガスのおひたし

Stock Photos, Royalty-Free Images and Vectors - Shutterstock

出典:https//www.shutterstock.com

アスパラガスを焼いて、和風のおひたしに! いつもの食べ方に飽きたらぜひ。

<材料>
・アスパラガス(1束 100g程度)
★みりん(50cc)
★だし汁(25cc)
★しょうゆ(25cc)

<作り方>
1.★を小鍋に入れてひと煮立ちさせたら、保存容器などに入れて冷ます。
2.アスパラガスの根元のかたい部分を取り除き、魚焼きグリルかオーブントースターで3~4分焼く。(少し焦げ目がつく程度)。
3.焼いたアスパラガスを食べやすい大きさに切り、1にひたす。
4.1時間程度置いたら、出来上がり。

<ワンポイントアドバイス>
・焼き時間は、お手持ちの調理器具に合わせて調節してください。
・焼くと、ゆでるよりも栄養成分の流出が少なくてすみます。
・保存容器に入れて冷蔵すれば、より味がしみておいしくなります。1週間程度は日持ちするので、お弁当の彩りにも。

アスパラガスのペペロンチーノ

シンプルな味付けなのでとってもカンタン!この時期ならでは、素材の味を存分に味わいましょう。子どもと一緒のときは赤唐辛子を抜いて。

いつものペペロンチーノに、鮮やかな緑と春の味をプラス。おもてなしにもぴったりです。

<材料>2人分
・スパゲティ(200g)
・アスパラガス(8本)
・ベーコン(厚いタイプを2枚)
・ニンニク(1かけ)
・赤唐辛子(1本)
・オリーブオイル(大さじ1)
・塩とコショウ(少々)

<作り方>
1.スパゲティをゆでます。(表示時間よりも1分程度短く設定してください)
2.アスパラガスは根元のかたいところをカットし、1本を3等分します。
3.ベーコンは短冊切り、ニンニクは薄切り、赤唐辛子は種を取って小口切りに。
4.フライパンにオリーブオイルを熱し、ニンニクと赤唐辛子を炒めます。
5.香りが立ったらベーコンとアスパラガスを入れて2分程度炒めた後、ゆで上がったスパゲティを加えて、さらに1分程度炒めます。
6.塩とコショウで味をととのえたら出来上がり。

<ワンポイントアドバイス>
・スパゲティは炒める時間を考慮して、短めにゆでます。味をととのえる前にスパゲティのかたさを確かめ、芯が残っている場合は、炒め時間を調節してください。
・ベーコンの代わりにウィンナーソーセージやスパムでもOK。苦手な方は、アスパラガスだけでもおいしくいただけます。

アスパラパワーで元気な体をキープしましょう

体の栄養は、自然の食材から取るのがいちばんです。ビタミンの宝庫であり、アスパラギン酸とルチンのパワーを兼ね備えたアスパラガス。春を感じながら、元気のもとをありがたくいただきましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する買いモノ

関連する読みモノ

アクセスランキング

人気のある記事ランキング

kabukiペディア   >   kabukiオフィシャル   >   読みモノ   >   春を告げるパワフル野菜「アスパラガス」を楽しむ...

キーワード