kabukiオフィシャル

厳選した情報をお届けします。

出典元: Yellowj-/Shutterstock より

年齢別に男性に聞いてみました!「バレンタインってどうですか?」

2017年のバレンタインデーはどうしようかと考えているアナタに朗報です。
年齢別男性が思う「バレンタインってどうですか?」に対する生の声をお届け!!
参考にして素敵な恋をゲットしてくださいね。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
433view

バレンタインデーというイベントについて思うこと

チョコレートのCMが増えてくるこの季節。なーんか女性は盛り上がっている気がするけど、実際にもらう側の男性が何を想っているのか、オブラートに包まれていない本当の声を聞いたことはありますか?
10代や学生のころなら、クラスのあの子は? サークルのあの子は? とソワソワするものですが、こと大人になってからは、バレンタインデーというイベント自体を面倒だと思う男性が実は多いのです。

本当に大切な人からもらうものなら正直、輪ゴムだって嬉しいものです。ただ、大して知らない・興味のない女性からもらうバレンタインデーの贈り物ほど、厄介なものはありません。今時、流石にないとは思いますが、万が一、手編みの○○なんかをもらった日には、恐怖で夜も眠れなくなります。また、友人からもらう義理チョコにしても、ものによっては1か月後に訪れるホワイトデーのお返しに悩むこととなり、これまた面倒です。

もちろん、バレンタインをきっかけに親交が始まることもありますが、逆に距離が遠くなるケースも……。そんな事態をさけるため、男性の生の声をお伝えしようと、20~40代の男性陣から直接話を聞いてみました。

香水や下着なんか嬉しいですね――20代後半の独身営業マン

Andrii+Kobryn-/Shutterstockより

出典:https//www.shutterstock.com

最初に話を聞いたのは28歳、仕事にも恋にもアグレッシヴなIさんから。まず今までもらって嬉しかったものを聞くと、香水と下着だという。

「完全に主観なんですけど、女性は匂いに敏感なイメージがあるんですよね。そんな女性から『あなたのイメージはこれですよ』って、素敵な匂いの香水を貰ったらすごく嬉しいです。下着に関しては、ちょっとビックリするかもしれませんが、下着のプレゼントって、『下着を見る間柄の女性』からしか貰えないじゃないですか。パートナーから渡されたら、特別な感じがするのでグッっときますね。もちろん、先に言った関係性ありきですけど(笑)」。

いきなり香水だの下着だのと言われて、初っ端から選定する人間を間違えたかと一瞬不安になりましたが、なるほど言われてみれば確かに。大切な人から自身のことや関係性を重視したアイテムを渡されると嬉しいものですしね。
義理チョコや友人からもらうプレゼントに関して聞いてみると、

「うーん、そもそも僕はチョコがそんなに好きじゃないんですよ。毎年チョコってのも飽きません? お返しも作業的に感じになっちゃいますしね……。あぁでも、最近印象に残ってるのはチーズケーキですね(笑)。仕事上で付き合いがある程度の女性だったんですけど、ランチをご一緒した時に好きな甘いものを聞かれる機会があって、何気なく『チーズケーキです』って答えたんです。その年のバレンタインに、その方だけがチーズケーキをくれたんですよ。ちょっとした気遣いだったのかもしれませんが、こっちもお返しに少し気持ちを入れたものを送っちゃいますよね(笑)」。

これは自分もそうですが、チョコ、チョコ、チョコ……となっているところに、一つ自分の好きなお菓子が混ざっていると、間違いなく意識してしまいます。友人関係だったとしても、自分の好みを考慮してくれる女性には、こちらも特別扱いをしてしまうものです。

手作りはちょっとシンドイですね――30代既婚デザイナー

DeanDrobot-/Shutterstockより

出典:https//www.shutterstock.com

次に話をうかがったのは34歳、デザイナーのMさん。結婚2年目の既婚者です。これまで貰って嬉しかったものはキーケースと名刺入れだと話す。

「普段使える小物をプレゼントしてもらったのが思い出深いですね。今まで印象に残ってるもので言えばキーケース。当時は彼女……今の妻ですが(笑)、数年前のちょうどバレンタインの時期に一緒に住み始めたんですけれど、その時にお揃いのキーケースを貰ったんです。いやぁ、アレはホント嬉しかったですね。あとはそうですね……去年の年始に転職して、こちらの編集部に入ることになった時、『ちょっと早いんだけど』って名刺入れをくれましてね。これも嬉しかったなぁ」。

ノロケなのか何なのか、聞いているこっちがむず痒くなりましたが、普段使いの小物はくれたその人をいつも感じられる特別なプレゼントになり得ます。バレンタインに限ったことではないかもしれませんが、ライフスタイルが変わる節目などに、関係する小物を贈るのはポイントが高いようですね。
では特別な間柄ではない相手からのプレゼントについては?

「貰って一番キツイのは手作りのチョコレートです。自分は少し潔癖なところがあるんですけど、そこまで親しくない知人程度の人に手作りのチョコレートやクッキーなんかをもらうとぶっちゃけシンドイです。お菓子作りが趣味だって人で、ほかの方にも配っていたとしても、ちょっと口に入れにくいですね。何入ってるかわかんないですし、原材料をちゃんと表示してくれって話ですよ。手作りの何か、ましてや食べ物を貰って心から喜べるのは自分の彼女だったり、兄妹だったり、親しい人だけです。普通に既製品くれたほうがいいですね」。

手作りというと聞こえはいいですが、人によっては拒否反応があるのも事実。ちょっと……いや、かなり辛口な意見もありましたが、確かに理解できるところはあります。手作りの○○を渡す時は、相手との距離感や信頼関係をよく吟味する必要があるかもしれません。

娘からの似顔絵が最高でした――40代既婚ディレクター

Iurii+Stepanov-/Shutterstockより

出典:https//www.shutterstock.com

最後に、43歳ディレクター、結婚12年目で小学生の娘さんがいるYさんからに話を聞いてみました。一番印象に残っているのは、娘さんに書いてもらった似顔絵とコメント。

「結構前の話になってしまうのですが、一番は娘が書いた似顔絵ですかね。3歳か4歳の時だったと思いますが、物心ついたばかりの娘から、『パパこれあげる!』って言われた時はそりゃもう感動しましたよ。当然、バレンタインの意味もよく分かってないころですから、カミさんが一枚噛んでたのは間違いないでしょう(笑)。それも含めて嬉しかったです。その後も毎年、二人で一緒に作ったお菓子をくれたり、ビーズキットで作ったストラップをくれたりいろいろして貰いましたが、その都度家族への愛情も深まりましたし、仕事に対するカンフル剤にもなりましたね」。

家族から、特に子どもからのプレゼントは何にも代えがたい贈り物になるようです。ちょっとずるい気もしますが、これは仕方がないですね。娘さんのいるご家庭なら、旦那さんへ一緒に何か贈ると喜ばれるでしょうし、家族の絆を深めるいいイベントになるかもしれません。
それでは逆に、家族以外からのプレゼントについては?

「欲しくないものでいえば、変わりすぎているものですかね。今も流行っているかわからないですけど、甘くないチョコレートですか? アレは本当に困りました。カカオ80%だか90%だか知らないですけど、体に良いらしいとか言われても甘いチョコレートが好きなので……。流行りも大事かもしれないですけど、普通がいいですね。お返しにも困りますので。貰えるとしたらそうですね。ピーナッツの入ったハートのチョコレートみたいのありません? ああいうものだとこっちも気楽です。そのうえで、『仕事がんばろう!』とか『風邪ひかないように!』みたいな一言メッセージがチョコの包装の上からでいいので書いてあると、ちょっと『おっ』って思います」。

このコメントは個人的にも共感できました。流行に敏感な女性は素敵ですが、だからといって興味のない流行を押し付けられることほど厳しいものはありません。また、義理チョコで高そうなものをもらうと悩むので、話にあったハートのピーナッツチョコでなくとも、明らかに義理チョコ! とわかるほうがいいという意見には同意します。

新たな恋を紡ぐのも、今の関係を発展させるのも貴女次第!

年齢別に生の声をお届けしましたが、いかがでしたか。
各々意見はありましたが、バレンタインデーのプレゼントを贈る際に共通して言えることは、「渡す相手のことをよく知る」ことです。本命であっても、義理であっても画一的な答えはありません。プレゼントを贈る前にその人の好みや考えを聞くことが大事です。聞かれた側も心の準備ができますし、嫌な思いはしません。突然渡すよりも、きっといい結果を得られるはずです。
新たな恋を紡ぐのも、今の関係を発展させるのも貴女次第です!

ほかの記事もみる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する買いモノ

関連する読みモノ

アクセスランキング

人気のある記事ランキング

kabukiペディア   >   kabukiオフィシャル   >   読みモノ   >   年齢別に男性に聞いてみました!「バレンタインっ...

キーワード