kabukiオフィシャル

厳選した情報をお届けします。

出典元: photo-ac

日本茶とは?宇治茶とは?その歴史と秘密を解き明かす

出典元: photo-ac

宇治茶って、どんなお茶のことをさすかご存知ですか。ここでは、宇治茶の歴史について説明します。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
624view

日本のお茶と言えば、緑茶です。緑茶は、老若男女問わず誰もがたしなんでいます。緑茶の有名な産地と言えば、宇治ですね。一度は、聞いた事があると思いますが、皆様、緑茶や宇治茶の歴史をご存知でしょうか。身近すぎて、意外と知らない緑茶の歴史、宇治茶の秘密に迫っていきたいと思います。

宇治茶とは

写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOKより

出典:http//www.photo-ac.com

京都府・奈良県・滋賀県・三重県で作られた茶葉を、京都府内業者が京都府内にて宇治地域に伝わる製法により製造した緑茶を宇治茶と言います。宇治茶は、静岡茶、狭山茶とともに「日本三大茶」と言われています。茶葉は、産地やその茶葉にあった製法で作られており、それぞれ風味・香りが異なります。宇治茶は、香りが高く、お茶の味わいがぎゅっと詰まっているのが特徴です。

宇治茶の歴史

Stock Photos, Royalty-Free Images and Vectors - Shutterstockより

出典:https//www.shutterstock.com

日本茶が人々の間に広がっていったの、鎌倉時代。僧の栄西が中国からお茶を持ち帰り、お茶を飲む習慣を広めた事によりお茶の歴史が始まります。宇治茶は、栄西が僧の明恵に茶種を分け与え、それを明恵が京都の栂ノ尾・宇治に植えたのが始まりです。室町時代には、宇治茶で茶会が開かれ、宇治茶の素晴らしさが全国へと広まっていきました。江戸時代には、永谷宗円が宇治茶製法をあみだし、ますます宇治茶の素晴らしさが人々に伝わっていきました。宇治茶製法とは、煎茶の作り方で、蒸した茶の葉を、焙炉で乾燥させながら手でもむ、手もみの製法です。この製法が、今までの日本茶の製法を大きく変えました。次第に全国に広まっていき、お茶の生産者は宇治へ勉強をしに行くか、宇治の茶師を招いて宇治製法を学びました。そして、明治には、宇治茶製法が全国に普及し、今日へとつながっています。

宇治茶の特徴

Stock Photos, Royalty-Free Images and Vectors - Shutterstockより

出典:https//www.shutterstock.com

宇治茶の産地は、山間部にあり、小高い傾斜がある地形です。お茶作りには、水と豊かな土壌が重要。宇治茶の産地では、木津川・宇治川が周囲に流れており、雨量も年間1500ミリ以上。昼と夜の寒暖の差もあり、茶葉を育てるのに最適な気候と土壌に恵まれ、良質な茶葉を生み出しています。香りがよく、上品な味わいがあるのが宇治茶の特徴。さわやかな香りとともに、すっきりとしたこしのある煎茶が楽しめます。煎茶のほかにも、抹茶や玉露もあります。

お茶の歴史を紐解くと、宇治茶が日本茶の歴史を大きく変えた事や重要な役目を果たしている事が分かります。私達の身近で何気なく飲んでいるお茶は、伝統と文化持ち、人々の英知の結晶なのですね。

ほかの記事もみる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する買いモノ

関連する読みモノ

アクセスランキング

人気のある記事ランキング

kabukiペディア   >   kabukiオフィシャル   >   読みモノ   >   日本茶とは?宇治茶とは?その歴史と秘密を解き明かす

キーワード