kabukiオフィシャル

厳選した情報をお届けします。

出典元: shutterstock

冬にはやる子どもの病気5つ

出典元: shutterstock

一年で最も気温が下がる冬の季節、子どもの体調管理には特に気を付けたいものです。冬にはやりやすい子どもの病気の症状や対処法をを知っておきましょう。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
531view

さまざまな病気がはやり出す冬は、抵抗力の弱い子どもにとっては危険な季節です。病気のことを少しでも知っておけば、予防や発症後の対応にも差が出るはず。そこで今回は、冬にはやりやすい病気について、その症状などをまとめてみました。

インフルエンザは冬に流行するウイルス感染症

写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOKより

出典:http//www.photo-ac.com

インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することで発症する感染症です。潜伏期間は1~2日と比較的短く、38度を超えるような高熱を伴うのが特徴。初期症状は風邪に似た症状が現れます。3~7日で回復することができますが、子どもの場合は気管支炎や肺炎などの合併症を引き起こすこともあるので注意が必要です。
インフルエンザは、年1回のワクチン接種による予防が推奨されています。ワクチンの接種で発症リスクに低減や、重症化の予防が期待できるようです。13歳未満の場合は、年に2回の接種が必要とのこと。

RSウイルス感染症は2歳までにほぼ全ての子どもか感染

写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOKより

出典:http//www.photo-ac.com

インフルエンザと同じく風邪のような症状をもたらす感染症のひとつが、RSウイルス感染症です。その特徴は非常に強い感染力。2歳ごろまでにはほぼ全ての子どもが感染するといわれています。また、一度感染しただけでは十分な免疫ができず、繰り返し感染することが多いようです。
症状は、せき、鼻水、発熱など。完治までに1~2週間を要します。特に乳児期の初感染時には重症化しやすいので、早めの受診を。

子どものノロウィルス感染症は脱水症状に注意

写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOKより

出典:http//www.photo-ac.com

ノロウイルス感染症は、ウイルス性の食中毒の一種です。細菌性食中毒とは異なり冬に発生しやすく、経口感染だけでなく接触感染や飛沫感染が起こる点が特徴。
1~2日の潜伏期間を経て発症し、主な症状は腹痛、下痢、おう吐、発熱などがあり、これが数日続きます。子どもが感染した場合は、発熱がなくおう吐が多くなるケースがあるようです。そのため、下痢やおう吐による脱水症状にならないよう、経口補水液やスポーツドリンクなどでの十分な水分補給を行う必要があります。

ロタウィルスも冬に発生しやすいウイルス性の食中毒

写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOKより

出典:http//www.photo-ac.com

ウイルス性の食中毒はノロウイルスだけではありません。ロタウイルス感染症もそのひとつ。これは特に乳幼児が発症しやすく、2歳くらいまでには多くのの子どもが経験するとされています。
症状は、おう吐、下痢、発熱など。ノロウイルスよりも症状が重い傾向があります。1週間ほど下痢が続き、白色や黄白色の便が出ることも特徴です。こちらも脱水症状に注意をして、十分な水分補給を心がけると良いでしょう。

溶連菌感染症はイチゴ舌と呼ばれるブツブツが特徴

写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOKより

出典:http//www.photo-ac.com

溶連菌という細菌の感染で発症するのが溶連菌感染症です。基本的には冬に流行しますが、年間を通して発症するリスクがあります。主に小学生くらいまでの子どもが発症しやすいようです。
症状はのどの痛み、発熱、おう吐など、風邪に似た症状を起こします。3歳未満では発熱を伴わないケースも。イチゴ舌と呼ばれる舌にブツブツができる症状も特徴。治療には抗生物質の服用が推奨さてています。抗生物質は症状の緩和に関わらず、処方された分量を全て飲み切ることが重要です。

まとめ

冬は乾燥と気温の低下によってウイルスが猛威を振るう季節です。手洗い、うがい、マスクの着用などの感染予防対策で、病気のリスクは減らせるとされています。抵抗力の弱い子どもを守るために、十分に注意してあげてください。

ほかの記事もみる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する読みモノ

アクセスランキング

人気のある記事ランキング

kabukiペディア   >   kabukiオフィシャル   >   読みモノ   >   冬にはやる子どもの病気5つ

キーワード