kabukiオフィシャル

厳選した情報をお届けします。

出典元: shutterstock

ママ友との上手な付き合い方

出典元: shutterstock

ママ友との付き合い方に悩む方も多いはずです。子供のためにも親同士でのいざこざは避けたいというのが本音です。そこでママ友と上手にお付き合いをしていくことを今回は紹介していきたいと思います。ぜひ参考にして円滑な人間関係を実現しましょう。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
634view

子供同士は仲が良いけど、お母さん同士が仲が悪いと気まずいことになってしまます。子供のためにもママ友間では角が立たない酔いにしたいですよね。そこで今回は、ママ友と上手に付き合うための方法を紹介していくので、必見です。

その1【陰口はぜったに言わないようにしましょう!】

ぱくたそより

出典:https//www.pakutaso.com

ママ友とのお付き合いをしていくうえで、最も注意しなければいけないのが陰口です。陰口の定義は本人がいないところで誰かの話をするということです。例えば、一人の人がいないときにその人のことを話したとすると、なぜかその人の耳に届いているものです。良いことなら結束が深まるきっかけになりますが、仮に悪口だとしたら、そのあとの関係に確実にヒビが入ってしまします。どちらにしても本人がいないところで話をしても、良いことはないので、人の話をするときには、その場にいる人の話をするように心がけるのが、ママ友とお付き合いしていくときのコツです。

その2【金銭感覚が同じママ友とお付き合いする!】

ぱくたそより

出典:https//www.pakutaso.com

ママ友と付き合っていくと、一緒にお昼のランチをする機会が出てくることもあります。そんなときに地味に痛いと感じるのが、金銭感覚が違うママ友との食事です。本当はもっと安い場所でご飯を食べたい、もっとリッチな場所で食事をしたいという欲求のすれ違いは、多くの場合互いにストレスになっていきます。家計にも響いてくるので、しばらくお付き合いをして、お金に対する感覚にずれを感じるようになったのなら、距離を置くようにするのがお互いのためになるはずです。家庭での旦那さんとの火種にもなりかねないのでこの点は、注意しましょう。

その3【食事をお断りをするときはしても良いんです!】

ぱくたそより

出典:https//www.pakutaso.com

食事や誘いをお断りするということは勇気のいる行動の一つです。そんなときは、お互いが傷つかないためにも、はっきりとした理由で断るのが一番良いと思います。実家から母が来ているなど、断っても相手が納得できる理由であれば、お互いにいやな思いをすることはありません。断りたいときに断れる関係を作ることで、より円満で長続きする関係にすることもできます。また心理学の実験で、人は3回連続で断ると次回はなかなか誘いにくいというデータもあります。本当に嫌な時はそれを実行してみるのも手段としてはおすすめです。ぜひ参考にして実践してみてください。

その4【初めから素の自分を出していけば疲れない!】

ぱくたそより

出典:https//www.pakutaso.com

ママ友とのお付き合いをしていくときに、一番おすすめしたい方法がこちら。この方法はそもそもの建前をはじめからなくしていれば、気を遣うことなく過ごすことができるというものです。例えばお茶に、はじめから行かなければ、そういうタイプの人なのだと周囲の人はわかってくれます。変に愛想を振りまいてしまうと、のちのち自分の首を絞めていくという事態にもなりかねません。しっかりと初対面のときから素で接することができれば本当に楽になりますよ。のびのびと過ごしているお母さんを見ている方が子供も安心できるはずです。

ママ友との付き合い方は意思表示が大切になります!

しっかりと初対面のときから自分の素を出して意思を示していけば、その後の付き合い方が格段に楽になります。それができない方は、今回紹介したほかの方法を使っていき、その場での角を立てることのない対応で乗り切りましょう。

ほかの記事もみる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する読みモノ

アクセスランキング

人気のある記事ランキング

kabukiペディア   >   kabukiオフィシャル   >   読みモノ   >   ママ友との上手な付き合い方

キーワード