kabukiオフィシャル

厳選した情報をお届けします。

出典元: shutterstock

いいの?悪いの?妊娠中の旅行について

出典元: shutterstock

妊娠中に旅行に行くことについては、良いという人と、あまり良くないと考える人で意見が分かれるところです。そこで今回は、妊娠中の旅行のメリットとデメリットを紹介していきます。特に妊娠されている方は参考にしてみてください。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
515view

妊娠中は体調に気を配らなければいけないこともあり、その期間に旅行に行くことことについては賛否が分かれるとこです。そこで今回は、妊娠中の旅行の良い点と悪い点を、両方の視点から見ていきたいと思います。ぜひ参考にしてみてください。

その1【旅行に行くことで妊娠のストレスが軽減する!】

ぱくたそより

出典:https//www.pakutaso.com

妊娠中の旅行をするうえで最大のメリットと言えるのがストレスの軽減です。妊娠すると日頃の状態から体がどんどん変化していき。それだけでも妊婦はストレスや不安を抱えてしまします。そんなときに遠出をして気分転換を図ることは、マタニティーブルーの防止にもつながるので、良いことだということができます。普段とは違う非日常の世界に身を置くことによって、妊娠の不安を忘れることができます。そのとき注意したいのは、普段の環境とはあまりにも、温度差などがある場所に行くのは望ましいことではないでの、気温や環境は似ているところに行くことをおすすめします。体をいたわりながら、旅行をたくさん楽しみましょう。

その2【温泉に入ることでリラックスできる!】

ぱくたそより

出典:https//www.pakutaso.com

妊娠中の旅行先としておすすめしたいのが、温泉地です。温泉は妊婦の旅行でぜひ訪れたい場所です。その理由は、温泉に入り体を温めることで、副交感神経が刺激され、リラックスができるからです。この効果によりマタニティブルーを防止できる上に、血液の循環が良くなるので体にとっては良いことが多く起こります。温泉地の食事も食べ過ぎなければ、妊娠中とはいえ問題はないので安心です。激しく動くことも少ない温泉でゆっくりと過ごすのなら、妊娠中の旅行でも安心できますね。

その3【移動の手段を確保しないと大変なことに!】

ぱくたそより

出典:https//www.pakutaso.com

身体が自由に動くときの旅行と違うということを理解していかないと、危険が付きまとうのが妊娠中の旅行のリスクと言えます。妊娠中は体が重い状態で子供を抱えているので、なるべく負担を軽減しなければなりません。自分の家の車で行くのならば、こまめに歩く時間をつくるなど、休憩をしっかりととることをおすすめします。また電車や新幹線では行く場合は、なるべく指定席を取っておくことがおすすめ。旅行先でも広々とした妊婦が座る席のある乗り物を利用しないと安全な旅行になりにくいので、注意が必要です。

その4【食べ物や移動中の姿勢にも気を使っていく!】

ぱくたそより

出典:https//www.pakutaso.com

妊娠しているときの旅行には気を付けなければいけないことも多く、かえって気疲れしてしまうこともあります。例えば食べ物に関しても旅館の食事でお刺身や生ものが出てもあまり食べない方が良いとされています。これは万が一のときに妊娠していると、食中毒のウイルスを殺す薬が飲めないため安全を確保するためです。またお腹に子供がいる状態で同じ姿勢で長時間いると、エコノミークラス症候群になり、母子ともに危険になるので、定期的に歩く動作を入れるようにしましょう。

胎児の安全に注意しながら旅行を楽しんでくださいね!

妊娠している時の旅行はリスクが伴うということは覚えておいてください。その中で旅先での景色に癒されたり、温泉にゆっくり浸かりリラックスをしたりするメリットもあります。よく考えて旅行に行ったのならば、そのときは安全に楽しんでください。

ほかの記事もみる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する読みモノ

アクセスランキング

人気のある記事ランキング

kabukiペディア   >   kabukiオフィシャル   >   読みモノ   >   いいの?悪いの?妊娠中の旅行について

キーワード