kabukiオフィシャル

厳選した情報をお届けします。

出典元: shutterstock

お風呂で手遊び

出典元: shutterstock

毎日のお風呂を楽しい時間にするために、遊びのバリエーションを広げましょう。手遊びは特別な道具を必要としない代わりに、見立てなど、豊かな想像力が必要となります。親子で力を合わせ、空想の翼を羽ばたかせてみましょう。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
587view

日毎に成長していく小さなお子さんには、毎日のお風呂の時間はマンネリ感を持たれがち。お風呂に入るのを渋られてしまわないためにも、なるべく多くの遊びの種を用意しておきたいですね。手遊びなら特別な道具は不要ですし、バリエーションもママ・パパ、そして子供たち自身の想像力と工夫次第です。

手遊び歌に合わせて身体全体を使って遊んでみよう

Stock Photos, Royalty-Free Images and Vectors - Shutterstockより

出典:https//www.shutterstock.com

手遊びといえば、まず童謡に合わせて歌ったり身体を動かしたりする情景が浮かんでくるのではないでしょうか。この種の遊びは、全身を使うことで子供の心身の健やかな発達を助けます。特にお風呂では、お湯による抵抗力や浮力をしっかりと学び取ることができます。毎日のお風呂で水の感覚に馴染んでおけば、水への過度な恐怖心が育つのが防げますから、やがて水泳を始めるときにも役立つでしょう。ただし歌遊びをしている間に限らず、子供からは絶対に目を離さないようにして下さい。人間は膝丈程度の水量でも溺れてしまう生き物です。身体バランスの未発達な幼児であれば尚更の注意が必要です。歌遊びは歌の種類も豊富ですし、振り付けをアレンジして楽しむこともできます。例えば、手を叩く場面で水面を叩いてみるのも楽しいですね。

ごっこ遊びもお風呂場の材料や環境を上手く使って広げてみよう

Stock Photos, Royalty-Free Images and Vectors - Shutterstockより

出典:https//www.shutterstock.com

ごっこ遊びは子供が社会の成り立ちを学ぶ第一歩です。何かになりきること、なりきった立場で誰かと接触することで、自分と違う立場の人の気持ちを想像できるようになり、社会性が培われていきます。幼児期の発達に重要な役割を果たすごっこ遊びは、子供にも人気のある遊びです。お風呂場ならではの状況を上手く使えば、お風呂を嫌がるお子さんの苦手意識も克服できます。例えばシャンプーが嫌いなお子さんでも、泡で遊ぶのは好きだったりしますよね。お祭りの綿あめ、ソフトクリーム屋さん、雲の上の世界など、泡から生まれるイマジネーションは多様です。湯船の中でお魚や人魚姫、あるいは海に住む強い怪獣のイメージを盛り上げてあげるのも楽しいですね。その他、声の反響、シャワー、石鹸、シャンプーハット、湯船の蓋など、お風呂場には想像の材料になりうるものが沢山あります。

おてて絵本で子供の自由な発想力を実感してみよう

Stock Photos, Royalty-Free Images and Vectors - Shutterstockより

出典:https//www.shutterstock.com

「おてて絵本」とは、両手のひらを本に見立てて、子供に即興のお話を創作させる遊びです。同様の方法で親がお話を語る遊びは「てのひら絵本」と呼ばれています。作話は想像力だけでなく、高度な思考力も必要な作業です。小さいお子さんをお持ちの方には、うちの子にはまだ早いと思われる方もいらっしゃるでしょうか。でも、早い子では3歳頃からおてて絵本を楽しんでいるんですよ。最初は広げたおててに「何が見えるの?」とか、「誰がいるの?」なんて聞いてみてあげて下さい。想像の翼が広がり始めたら、子供のお話を丸ごと受け止めてあげて下さい。大人には思いつかないような大胆な発想や斬新な展開となったり、予想以上にお話としての骨組みがしっかりしていたりして、お子さんの新たな才能を感じることになるでしょう。

まとめ

お風呂は一日の終わりにお子さんとじっと向き合える貴重な時間です。道具を使わない手遊びは、親子のコミュニケーションが頼りの遊びとも言えます。毎日のことだからこそ、家族の絆を深め、にっこり笑って過ごせる時間にしていきたいですね。

ほかの記事もみる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する読みモノ

アクセスランキング

人気のある記事ランキング

kabukiペディア   >   kabukiオフィシャル   >   読みモノ   >   お風呂で手遊び

キーワード