kabukiオフィシャル

厳選した情報をお届けします。

出典元: shutterstock

SNSに子どもの写真をアップする時の注意点5つ

出典元: shutterstock

今やSNSは欠かせないコミュニケーションツールです。今回は子どもの写真をアップする際の注意点についてまとめました。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
1,292view

ツイッター、LINE、フェイスブックなど、今やSNSは欠かせないコミュニケーションツールになりました。しかし、SNSに情報をアップするということは、情報拡散という危険性をはらんでいます。たとえ公開範囲を限っていても、SNSの利用にはリテラシーが必要です。今回は子どもの写真をアップする際の注意点についてまとめました。

公開範囲を限定していれば安全、というわけではない

Stock Photos, Royalty-Free Images and Vectors - Shutterstockより

出典:https//www.shutterstock.com

さすがに公開設定で子どもの顔や名前を出すことに抵抗はあっても、家族や友人など親しい間柄の人だけで見えるように設定してあるSNSなら、問題ないと思っていませんか?公開範囲を限定していても、閲覧できる人の誰かが子どもの写真をダウンロードしたり、キャプチャを取ってしまえば、その写真を取り返すことはできません。SNSにアップする以上、公開範囲の限定など意味をなさないものととらえ、写真を悪用されないように自衛することが大切です。

写真の位置情報が記録されないようにする

Stock Photos, Royalty-Free Images and Vectors - Shutterstockより

出典:https//www.shutterstock.com

スマホやデジカメで撮影した写真には、GPS情報を含んだExif情報と呼ばれる情報が記録されます。これは写真を加工しても消すことができません。それを知らずに写真をSNSにアップしてしまえば、その写真がどこで撮影されたか丸わかりです。自宅やよく遊びに行く場所を、知られたくない人にまで知られてしまう危険性があります。デジカメやスマホは、位置情報を記録しないように設定しておきましょう。

背景からも位置が特定可能!背景にも気を付けよう

Free Images - Pixabayより

出典:https//pixabay.com

写真に位置情報が載らないように設定したとしても、安心はできません。写真に写っている背景から、場所を特定することは可能です。特徴的な建物がなくても、写り込んだ道路標識や電柱の住所などから、場所を推測することは可能です。テーマパークなど、誰でも知っている場所は別として、自宅や近所などプライベートな場所で撮影した子どもの写真をアップする際は、大きく背景が写らないようにしたり、スタンプやモザイクなどでわからなくすることが必要です。

顔がはっきりわからないように写真加工をする

pakutasoより

出典:https//www.pakutaso.com

背景だけでなく、子ども自身の顔もはっきりわからないようにしておくことが大切です。どんなに閲覧制限をかけていても、ネットに公開する以上は「絶対に秘密」ではなくなります。どこから写真が漏れて何に使われるかわかりません。コラージュ写真に使われたり、最悪のケースは誘拐を招くこともあるのです。かわいいわが子を親しい人たちに見てもらいたい気持ちはわかりますが、SNSにアップする写真は顔が、個人が特定されないように加工しましょう。子どもの行事などで、大勢の子どもが写っている場合も同様で、わが子以外の子どもたちにもモザイクをかけるなど、個人が特定されないようにする配慮が必要です。

子どもの呼び名に本名や普段使っている使わない

Free Images - Pixabayより

出典:https//pixabay.com

写真をアップする際にセットで使うのが、子どもの名前ですが、こちらも大切な個人情報です。子どもの本名はもちろん、普段呼んでいる愛称なども使わないようにしましょう。子どもは普段から「知らない人についていってはいけない」と教え込まれていますが、知らない人であっても、名前や愛称で呼ばれたら「親の知り合いかな?」と気を許してしまう可能性があります。そうした危険性を少しでも減らすよう、SNSで子どものことを伝える際には細心の注意を払いましょう。

まとめ

いかがでしたか。SNSは便利で、友達や自分の家族とちょっとしたトークのつもりで写真もアップしてしまいがちですが、たとえ閲覧制限をかけていても、ネットにアップした情報のプライバシーは必ずしも守られるものとは限りません。SNSにはそうしたリスクがはらんでいることを心得て、利用することが大切です。

ほかの記事もみる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する読みモノ

アクセスランキング

人気のある記事ランキング

kabukiペディア   >   kabukiオフィシャル   >   読みモノ   >   SNSに子どもの写真をアップする時の注意点5つ

キーワード