kabukiオフィシャル

厳選した情報をお届けします。

出典元: shutterstock

飲んでる場合じゃない!仕事帰りにジムにいく5つのメリット

出典元: shutterstock

オフィスワークで体を動かす機会があまりなく、運動不足が気になってきたら、トレーニングジムの利用がおすすめです。そこで、会社帰りにジムに行くメリット5つについてご紹介します。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
503view

体を使う力仕事ならともかく、オフィスでの仕事がメインなら特別に運動時間を作らない限り、オフィスにいる間と通勤の時間以外に体を動かす機会はないもの。運動不足の上、仕事帰りに飲んでいたらカロリーの取りすぎでメタボまっしぐらです。だからこそ仕事帰りにはジム通いがおすすめ。そこで、仕事帰りにジムにいくメリットについてまとめました。

日中のイライラよさようなら!ストレス発散ができる

ぱくたそより

出典:https//www.pakutaso.com

仕事をしていると、何かとストレスがたまるものです。同じ姿勢で体が凝り固まっているという肉体的なストレスだけでなく、精神的なストレスも、体を動かすことで解消が可能。体を動かすと精神を安定させ、気持ちを前向きにしてくれるホルモン「セロトニン」の分泌量が増えます。だからストレスを感じても、運動を行っている人の方が運動を行っていない人より心が安定するのです。またセロトニンは睡眠ホルモン「メラトニン」の材料にもなるので、セロトニンの量が多いほうがぐっすり眠れるのです。
人は睡眠中に体を修復するホルモンを分泌し、細胞を新しく生まれ変わらせます。この作用をしっかり行うためには、質のいい睡眠が必要なのです。
また運動を行うと血流がアップし、新陳代謝も活性化。脳も元気に、免疫力も向上するので、適度な運動はストレスにさらされる現代人にとってメリットがたくさんあるのです。

仕事帰り仲間がたくさん!交友関係が広がる

Free Images - Pixabayより

出典:https//pixabay.com

仕事帰りのジムは、同じように仕事帰りの人がたくさん訪れます。定期的にジムを利用していると、だんだん顔見知りが増えてくるのもジムのいいところです。
仕事中に知り合う人は、取引先など同じ業界の人がメインになりますが、ジムは業種問わずいろんな業界の人が利用しています。特にスタジオレッスンに参加すると、レッスンの感想などから会話がしやすくなる傾向が。
異業種の人と知り合うことで視野が広がるだけでなく、仕事に思いがけず つながってくることもあるものです。

トレーニング後のシャワーでさっぱり!光熱費の節約

Free Images - Pixabayより

出典:https//pixabay.com

ジムにはシャワーが必ずついています。施設によっては立派なお風呂がついているところも。仕事帰りに運動して汗を流し、シャワーやお風呂を利用して帰宅すれば、自宅で改めてお風呂に入る必要はありませんから、光熱費の節約にもなります。
生活に必要な光熱費で最も費用がかかるのは、「お湯を沸かすこと」なのです。シャワーだけであっても、水を使える温度まで温めるためには電気やガスを大量に使用する必要があるので、光熱費に占める割合が最も大きくなります。
ジムに会員費を払っており、シャワーも入浴施設も使い放題なのですから、これを利用しない手はありません。ジムに週3回行けば、3日分の光熱費の節約に。1か月行けば、12日分の節約に。こまめに通うほど、節約効果は上がります。またシャンプーやボディソープも備え付けで置いてありますので、そうした消耗品の節約にも。
自宅滞在時間も短くなるので、電気代の節約にもつながります。

休日は自分の好きなことができる!時間の節約

ぱくたそより

出典:https//www.pakutaso.com

仕事帰りに1~2時間程度のジムの利用でも、3回も行けば週末に2時間程度の利用よりずっと多くのトレーニングを行うことができます。また、週末にはたまった洗濯や部屋の片づけなど、やることがたくさんあるものです。それにプラスしてジムに行くとなると、自分の好きなこと、やりたいことをやる時間を削る必要が出てきます。
その点、仕事帰りにジムに行けば運動時間だけでなく往復の時間も削ることができますし、習慣にすることでジム通いを継続しやすくなります。またジムの利用時間が異なれば会員の年齢層も異なっており、マシンやトレーニングエリアの利用ペースも異なっているもの。待ち時間が長くなったり、やりたいことができない可能性が出てきますので、いつも行く時間帯を決めてその時間帯から外れない方が、自分のペースでトレーニングをすることができるのです。

整った設備で効果的にトレーニングができる

Free Images - Pixabayより

出典:https//pixabay.com

自宅でできるワークアウトはたくさんありますが、やはりジムに置いてあるトレーニング専用マシンを使ってのトレーニングが効果的です。アドバイスをくれるスタッフもいますし、周囲には同じようにトレーニングに励んでいる人がいるのでモチベーション維持にも効果的。
テレビやスマホ、来客などトレーニングを邪魔するものがないのも集中力を持続させるためのポイント。
様々な種類のマシンや、ダンベル、バーベルなどがあるのでトレーニングの種類も増やせます。自宅でのトレーニングだと道具が限られてしまうので、多くのトレーニングを行うことは難しいもの。
また外で行うウォーキングやランニングと違い、天候に左右されず有酸素運動を行えるのもメリットです。ジム内は空調が効いているので、外に出るのがつらい真夏や真冬でも、快適に有酸素運動が行えます。

まとめ

いかがでしたか。仕事帰りにジムに行くとメリットがたくさんあります。同じ時間、飲み会で脂肪をつけるよりもトレーニングを行って脂肪を代謝したほうが、体だけでなく心の健康にもつながりますし、水光熱費の節約や交友関係を広げることも可能。仕事帰りに行くことを習慣化すれば継続しやすく、トレーニングの効果アップにもつながります。
運動不足が気になるなら、仕事帰りにジムに行ってみてはいかがでしょうか?

ほかの記事もみる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する買いモノ

関連する読みモノ

アクセスランキング

人気のある記事ランキング

kabukiペディア   >   kabukiオフィシャル   >   読みモノ   >   飲んでる場合じゃない!仕事帰りにジムにいく5つ...

キーワード