kabukiオフィシャル

厳選した情報をお届けします。

出典元: shutterstock

結婚式のお金ってどれくらい?結婚で必要な貯金について調べてみた

出典元: shutterstock

結婚式には目的別に様々なスタイルがあります。賢く費用を抑え見積もることで、妥協することのない満足のいく結婚式を挙げることができます。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
552view

結婚式といえば女性にとって、主役になれる貴重な式典です。家族や友人から祝福される場所になりますので、特別な一日にしたいものです。式典には引き出物や食事、衣装など様々な面で費用が必要になります。式の種類や内容によっても費用にバラつきがあるので、目的別にチェックしてみましょう。

予算を決めよう!自分たちの予算で可能な式を!

Stock Photos, Royalty-Free Images and Vectors - Shutterstockyori

出典:https//www.shutterstock.com

結婚式を盛大に挙げたくて、引き出物も食事も飾りも色々な所にこだわると、とてもキリがありません。もちろん特別な一日の結婚式ですから、あれもこれも我慢するだけでは満足いく式は挙げることができませんよね?まずは、自分たちの結婚式にかけることのできる費用を話し合ってみましょう。式場ではプランの見積もりを出してくれますが、見積もりと実際の支払額は当然異なってきます。見積もりは、あくまで基本的なベースラインのため、見積もりの段階で費用に差がある場合は少し検討しなおした方が良いと考えておくといいでしょう。もちろんご祝儀で費用は少し賄うことは可能ですが、極端な費用不足はその後の生活費用にも影響してしまう可能性があるため、前もって結婚式・披露宴に対して見積もりの段階からイメージしておくことがポイントです。

結婚式には種類があるのをチェックしよう!

結婚式は友人や親族を呼んで盛大に行うイメージが強いように思われますが、少人数で式を行うなど結婚式には様々な種類がありますのでチェックしてみましょう。最近では仕事関係者などを一切呼ばず、親族や親しい友人などを呼んで少人数で行う形式スタイルも増えてきました。その場合、式場ではなく個人のレストランやゲストハウスで開催し、アットホームな雰囲気で結婚式を行うことが多いです。新郎と新婦との距離が近いのでゲストとゆっくりした時間を持てることも特徴の一つです。また、ハネムーンを兼ねてリゾート地で解放感のある結婚式を行うスタイルもあります。海などの自然に囲まれた雰囲気でロマンチックに行う式は、また格別な式になって素敵です。このように、どのような方向性で式を挙げたいのかを事前に相談し、目的に合った式のスタイルを選ぶことが大切です。

結婚式の費用を賢く抑えるコツをチェックしよう

結婚式の費用が見積もりとだいぶ違って、予算がオーバーしてしまうことにならないために、すべてを式場に任せるのではなく自分たちで出来るところなど、プランナーと相談することが大切です。結婚式の費用には衣装や料理、写真、会場の装飾品など様々な費用が必要になってきます。例えば「絶対に衣装や料理は妥協したくない」と考えた場合、写真や招待状の準備・印刷などは自分たちで行うよう工夫することで一つ費用を抑えることができます。費用を賢く抑えるには、見積もりで何に費用がかかっているかをしっかり見ることがカギになります。細かい作業になりますが、少しずつ節約できるところを見つければ、予算内で納得のいく式が可能になります。

招待ゲストの人数も費用を左右することを覚えておこう

料理や引き出物などは招待ゲストの人数によって数が異なるため、式の費用もゲストを何人くらい呼ぶかどうかで左右されることを覚えておきましょう。料理や引き出物の費用は、見積もりの中の金額でも多い割合を占めています。招待ゲストが多ければ多いほど費用も比例して多くかかることになるのです。あらかじめ、どのくらいの人数を呼ぶ予定があるのか人数を把握しておくことで、見積もりの費用に差が生じなくなります。新郎側と新婦側で人数が偏らないようにしなくてはいけないため、どの友人を呼ぶのかを考えておきましょう。多くの友人に祝福されたい気持ちも分かりますが、友人以外にも親族や仕事関係者なども呼ぶ場合が多いため、ある程度の人数を考えて呼ぶ必要があります。

ウエディングプランナーとの打ち合わせが成功の秘訣

結婚式場を決めると、必ず専属のウエディングプランナーが付くことになります。結婚式の費用の見積もりやスケジュールに至って全てプランナーが仕切りながら式を完成させていくことになるので、こだわりたいことや予算についてよく伝えておきましょう。細かく伝えておくことで自分たちとプランナーとの方向性が一致し、様々なプランを組み立てていくことが可能になります。見積もりを出してもらい、費用を節約できるところなどを聞いてみることも必要です。そのためには、式場に納得のいくまで通いプランナーと打ち合わせすることが大切です。プランナーと親密になることで、プランの代案や過去に式を挙げた方の節約方法も聞くことができ、満足のいく式の計画を立てることが可能になります。

まとめ

結婚式に自分の希望をすべて詰め込もうとすると余計な費用もかかってしまいます。自分たちが式にかけられる費用はいくらくらいなのかを事前に相談し、見積もりを賢くチェックすることで余分な予算をカットすることが可能になります。余計な出費を省くことで、自分のこだわりをもったオリジナルの式を作りあげましょう。

ほかの記事もみる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する読みモノ

アクセスランキング

人気のある記事ランキング

kabukiペディア   >   kabukiオフィシャル   >   読みモノ   >   結婚式のお金ってどれくらい?結婚で必要な貯金に...

キーワード