kabukiオフィシャル

厳選した情報をお届けします。

出典元: shutterstock

いまさら聞けない!ドレスコードの見極め方

出典元: shutterstock

その場に相応しいドレスコードが分からず、悩んだ事がある人は多いのではないでしょうか。そんなあなたにドレスコードの必要なシーン、場面別での見極め方を紹介していきます。 

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
1,271view

Stock Photos, Royalty-Free Images and Vectors - Shutterstockより

出典:https//www.shutterstock.com

ドレスコードと言うと、ドレスやスーツなどの正装を思い浮かべてしまいますがドレスコード=『服装のルール』『服装の指定』の事。お店によってドレスコードがシャツにジーンズなどのカジュアルといった場合もあるのです。ドレスコードはフォーマル、セミフォーマル、インフォーマル、スマートカジュアルなどたくさんの種類に分けられます。フォーマルを着る人は、花嫁や花婿、その両親に当たるのであまり着る機会はありませんね。結婚式やイベント、レストランのディナーなどでセミフォーマルやインフォーマル、スマートカジュアルは比較的着る機会が多くなりますので今回はこの3つのドレスコードを覚えておきましょう。

結婚式、高級レストランのドレスコードと言えばセミフォーマル

Stock Photos, Royalty-Free Images and Vectors - Shutterstockより

出典:https//www.shutterstock.com

セミフォーマルとは、準礼装の事を指し、結婚式や二次会、高級レストランなどドレスコードの中でも一番着る機会が多いのではないでしょうか。シルクやウール素材のドレスやワンピースにパールのネックレス。鞄は光沢のない小型のハンドバック。靴はパンプス(ヒール有)を履きストッキングは必須です。肩を出すのは良くないのでノースリーブの場合はボレロやストールを羽織ると良いでしょう。夜の場合は昼間よりも華やかな服装になります。カクテルドレスに華やかなジュエリー。バックも光沢があるものが良いですね。昼間はNGになるノースリーブや胸開きのドレスもOKです。

平服でとの指定がある時のドレスコードはインフォーマル

Stock Photos, Royalty-Free Images and Vectors - Shutterstockより

出典:https//www.shutterstock.com

インフォーマルとは、略礼装の事を指し、平服での指定があればこちらの服装が良いでしょう。アットホームな結婚パーティや、レストラン、同窓会などの場合こちらの指定となる事があります。そこまでの決まりはないけれど、その場に相応しい服装で、といった感じなのでドレスコードの中でも着こなしに悩んでしまいそうですね。セミフォーマルよりラフな感じで、普段おしゃれをする時に着ているような服装です。具体的に言うと、ワンピースにボレロ、おしゃれなセットアップに光過ぎないアクセサリー。靴はパンプス(ヒール有)でセミフォーマルと同様、ストッキングは必須です。夜の場合は少し華やかなワンピースにゴージャスなアクセサリーでも良いでしょう。

堅苦しくないけれど上品な時間を過ごす時はスマートカジュアル

Stock Photos, Royalty-Free Images and Vectors - Shutterstockより

出典:https//www.shutterstock.com

スマートカジュアルとはスマート=賢い・知的な、カジュアル=気楽なとなるので、ラフな感じでちょっぴり上品なファッションの事を指します。パーティイベントや、フレンチレストランのランチなどいつもより少しおめかしをして良質な時間を過ごしましょうといったシーンのドレスコードです。シャツ、ショートパンツ、スニーカー、ジーンズ、サンダルはNGですが、それを守れば基本的には自分の好きなおしゃれでOK。レギンスやカラータイツはカジュアルすぎるので必ずストッキングを履くようにしましょう。アクセサリーやバックは小ぶりで上品なものが良いですね。靴はブーツではなくローヒールのパンプスがおススメです。

結婚式で絶対気を付けたいドレスコードとマナー

Stock Photos, Royalty-Free Images and Vectors - Shutterstockより

出典:https//www.shutterstock.com

結婚式に招待されるとセミフォーマルや場合によってはインフォーマルだと言うことが分かりましたが、出席するには気を付けなければならない服装のマナーがあります。
花嫁と言えば、白いウエディングドレスですね。参列者は花嫁を引き立てる立場ですので、主役と同じ白色のドレスはNG。白色系のドレスを着る場合、色味がはっきりしたストールなどを羽織っておきましょう。お色直しでのカラードレスの色と被ってしまう事もあまりよく思われない場合があります。そうならないように、事前に花嫁さんに確認しておけば安心ですね。動物革やアニマル柄のバックや小物も殺生をイメージさせるので控えます。髪型はアップスタイルだと食事もしやすく印象が良くなります。不安な場合は美容院にお願いしても良いですね。

まとめ

ドレスコードの基本をご紹介しましたが、いかがでしたか?何を着ればいいのか迷ってしまうドレスコードも基本を覚えておけば、安心ですね。その場に相応しい着こなしをして、社会人として恥をかかないようにしましょうね。

ほかの記事もみる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する買いモノ

関連する読みモノ

アクセスランキング

人気のある記事ランキング

kabukiペディア   >   kabukiオフィシャル   >   読みモノ   >   いまさら聞けない!ドレスコードの見極め方

キーワード