kabukiオフィシャル

厳選した情報をお届けします。

出典元: shutterstock

気をつけて!意外に知らないワイングラスに関する5つのマナー

出典元: shutterstock

気をつけて!意外に知らないワイングラスに関する5つのマナーについてまとめました。ワインを飲む時にきっと役に立つマナーのご紹介です。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
4,153view

レストランに食事に行ってワインを注文すると、大体が長い脚のついた背の高いワイングラスえ提供されますよね。ワインをいただくときには、実は独特のマナーがあります。知っていると、いざというときに役立つマナーをご紹介します。

1.日本では脚(ステム)を持つのが一般的

Flickrより

出典:https//flic.kr

ワイングラスには、土台の上にステムと呼ばれる脚がついているのが一般的ですね。、日本ではワイングラスを持つときはステムの部分を持つのが一般的とされています。これは、ソムリエの方などがテイスティングをする動作などの影響からと考えられています。ステム部分を持つと、ボウルに体温が伝わりにくいのでワインの温度上昇を抑えることができるメリットがあります。また見た目もエレガントですね。

2. では国際的に一般的な持ち方とは?

Flickrより

出典:https//flic.kr

さきほど、日本ではステムを持つのが一般的と言いましたが、実は国際的にはワインが入っているボウルと呼ばれる部分を持つのが一般的です。今度海外の公式なパーティなどをテレビなどで見る機会がありましたらグラスの持ち方に注目してみてください。ワイングラスはどこを持つと間違いというのはありませんので、その場の雰囲気でまわりに合わせた持ち方をすればよいと思います。

3. ワインを注いでもらうあいだはグラスに触れない

Flickrより

出典:https//flic.kr

瓶ビールや日本酒をお酌してもらうときは、グラスやお猪口を手に持って片手を添えるのがマナーですね。そのマナーが染み付いているわたしたち日本人は、ワインでも同じことをしてしまいがちですが、実はこれは正しい注がれ方ではありません。ワインを注いでもらっているときは、ワイングラスには触れずそのまま待ちましょう。

4. 乾杯はグラス同士をぶつけない

Flickrより

出典:https//flic.kr

まずは乾杯!というときは盛大にグラスをぶつけて、盛り上がりたいですよね。ビールジョッキはこれが醍醐味ともいえますが、ワイングラスは違います。ワイングラスで乾杯するときは、グラスを目の高さほどまで持ち上げ、アイコンタクトをして乾杯をします。グラス同士をぶつけることはしません。特に繊細で高価なワイングラスを使っているような高級なレストランでは必ずこのマナーは守ることをおすすめします。

5. グラスについた口紅はこまめに拭く

Flickrより

出典:https//flic.kr

女性の方なら飲んだあとにグラスに口紅がついてしまうということはよくありますよね。ワイングラスに口紅がついてしまったときは、その都度指先かナプキンでそっとぬぐいましょう。それほど神経質になる必要はありませんが、気付いたときに拭きとっておくと見た目がよく清潔感があります。

カジュアルにワインを楽しむときは、それほどマナーに神経質になる必要はありません。しかし、高級なレストランに行くときや目上の方とワインを楽しむときは、最低限のマナーは知っておきたいですね。

ほかの記事もみる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する買いモノ

関連する読みモノ

アクセスランキング

人気のある記事ランキング

kabukiペディア   >   kabukiオフィシャル   >   読みモノ   >   気をつけて!意外に知らないワイングラスに関する...

キーワード