kabukiオフィシャル

厳選した情報をお届けします。

出典元: shutterstock

正解を知ってる?和食お膳の正しい並べ方

出典元: shutterstock

和食お膳の正しい並べ方についてまとめました。日本人に生まれたからには最低限の和食のマナーも知っておきたいところですよね。和食基本マナーについてご紹介します。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
1,439view

日常の家庭料理やおもてなしの和食。料理の盛り付けにこだわることはあっても、配膳まで気が回らないということはありませんか?和食のお膳立てのしかたの基本的なルールを覚えて、家族やお客様に気持ちよく食事してもらえるようになりましょう!

Stock Photos, Royalty-Free Images and Vectors - Shutterstock

出典:https//www.shutterstock.com

和食の基本的な考え方

では、まず基本的なことからみていきましょう。

一汁三菜

和食の基本の献立は、主食をご飯として、残りを
・汁物(お味噌汁・お吸い物)
・主菜(焼き魚・刺身・肉類など)
・副菜(煮物など)
・副々菜(胡麻和えやおひたしなど)
で賄います。これらは食卓で置く位置が決まっています。覚えておけば、配膳で迷うことはありません。

左上位

和の文化の基本は「左上右下(さじょう・うげ)」、つまり「左を上位、右を下位」とする「左上位」のしきたりです。和食の配膳にも応用されています。

お膳の並べ方

Stock Photos, Royalty-Free Images and Vectors - Shutterstockより

出典:https//www.shutterstock.com

お箸

お箸は先を左に向けます。左利きの方のお箸は先を右に配置します。箸置きを使う場合はお箸の先の下に置きます。

ご飯茶碗

ご飯はお茶碗を左手に持っていただきますので、左手前に置くのが基本です。左上位の考え方からも、主食が左ということになります。左利きの方の場合でも、椀類やお皿の配置は一緒にします。

汁椀

右手前に配置します。なお、蓋つきの汁椀をいただく際には、開けたふたは右側の膳の外に置いておき、食事が終わったら元通りにします。漆器に傷がつく恐れがあるので、蓋を下向きにしてお椀の上に重ねるのはやめましょう。

おかず類

主菜は右奥に。主菜が魚の場合、尾頭付きなら頭を左に、切り身なら皮を上に、干物は身を表にして盛り付けます。副菜は左奥に。副々菜は真ん中に。

デザート、菓子類

お茶を右、お菓子を左に置きます右手でお茶碗を取って左の手のひらにお茶碗を乗せるという、お茶の飲みやすさを考えた結果の配置です。

お皿の向き

Stock Photos, Royalty-Free Images and Vectors - Shutterstockより

出典:https//www.shutterstock.com

絵柄のあるお皿は、絵柄が正面を向くように置きます。片口は注ぎ口が左側にくるように。割れ山椒というかたちのお皿は中の料理が見えるよう、割れたところを正面に。丸盆はとじ目が手前、角盆はとじ目が向こう側になるように置きます。

日本の文化の一つとして、ぜひ配膳をマスターしましょう!ご飯にお汁、おかずという基本のごはんを家庭で用意するときには、ぜひ配膳も意識してみてください。日ごろから慣れておけば、フォーマルな場で気おくれすることもありません。また、子どもに手伝いの一環として配膳を教えることもお忘れなく!

ほかの記事もみる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクセスランキング

人気のある記事ランキング

kabukiペディア   >   kabukiオフィシャル   >   読みモノ   >   正解を知ってる?和食お膳の正しい並べ方

キーワード