kabukiオフィシャル

厳選した情報をお届けします。

出典元: shutterstock

美容フードとして人気!ナッツの種類と特徴について

出典元: shutterstock

ダイエットや美肌などの効果が期待できる美容フードとして、ナッツが注目されているのをご存じですか?今回は、ナッツの基礎知識とナッツの特徴についてご紹介します。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
1,396view

ナッツの持つ美容効果に注目が集まり、ダイエットフードとして毎日の食生活に取り入れる人も増えています。ナッツには数多くの種類があり、それぞれ味わいや食感など異なる特徴を持っています。まずはナッツとはどんな食べ物なのかを知ることから始めてみましょう。

ナッツってどんな食べ物なのか知っていますか?

Stock Photos, Royalty-Free Images and Vectors - Shutterstockより

出典:https//www.shutterstock.com

ナッツは木の実の中でも「種実類」に属しているものを指します。「種実類」は堅果とも呼ばれており、固い皮や殻に包まれている、食べられる種子や果実の総称です。ナッツは栄養素が豊富で、簡単な調理やそのままの状態で食べられるものが多かったため、昔から貴重な栄養源として親しまれてきました。

ナッツの種類は、大きく3つに分類することができます。「堅果」は果実に属するナッツで、栗やヘーゼルナッツなどが含まれます。「核果」は果実の中に大きな核が1つあり、この核の中の種子を食べるタイプのナッツです。クルミやアーモンドなどが含まれます。「種子」は種の部分を食べるナッツのことで、ブラジルナッツやカシューナッツなどです。

ナッツの持つ健康効果と効果を高める食べ方とは?

Stock Photos, Royalty-Free Images and Vectors - Shutterstockより

出典:https//www.shutterstock.com

ナッツは縄文時代から栄養源として重宝されてきた栄養たっぷりの食べ物です。おつまみとしての人気も高いナッツですが、脂肪分が多くカロリーも高いため、肌荒れや肥満の原因となるイメージがあるかもしれません。しかし、量を守って食べることで、優れた健康効果が期待できます。

ナッツの代表的な栄養素には、ビタミンEやビタミンB2、鉄分、マグネシウム、食物繊維、オレイン酸などが挙げられます。これらの栄養素によって、いくつもの相互作用が期待できます。ナッツには食物繊維が豊富に含まれていて、中でも特にアーモンドにはさつまいもの約5倍も含まれています。食べることによって便のかさが増し、脂肪分が便通を滑らかにしてくれることで、整腸効果が期待できます。また、ナッツの脂肪分は不飽和脂肪酸で、オメガ3とオメガ6がバランスよく含まれています。そのため、悪玉コレステロールを減らして血中を健康にするといわれています。さらに、血行を促進してくれるため、血管を若々しく保つ効果も期待できるのです。

このような健康効果を高めるためには、片手で軽く掴める量を目安に摂取してください。食べ過ぎるとお腹を壊す可能性があるので、注意が必要です。食べるタイミングはいつでも構いませんが、おすすめは食事と同時です。食べ物の老化物質に結合して吸収を阻害することができるといわれているためです。

健康目的であれば、クルミやピスタチオ、ブラジルナッツなどがおすすめです。

ナッツの美容効果と効果を高める食べ方とは?

高カロリー高脂肪のナッツは、美容意識の高い女性から敬遠されがちでしたが、現在ではナッツの優れた美容効果に注目して積極的に食べているモデルさんや女優さんも数多くいるようです。

ナッツの美容効果として期待できるのが、ダイエット効果です。アーモンドなどには「リパーゼ阻害成分」が含まれています。脂肪を分解する酵素であるリパーゼを阻害することで、体内に入ってきた脂肪分の分解や吸収を防ぎ、体外へと排出してくれるといわれています。脂肪分が多い食事の際には、一緒にナッツを食べると脂肪の吸収抑制効果が期待できます。また、血糖値の上昇抑制効果もあるといわれています。炭水化物をナッツと一緒に食べると、炭水化物がブドウ糖まで分解されるのを防ぎ、糖の吸収が抑えられる効果が期待できるのです。

ナッツはアンチエイジング効果にも優れているといわれています。多くのナッツには抗酸化作用のあるビタミンEが豊富に含まれているためです。

美容効果を高めるためには、食事と同時もしくは食後に食べることをおすすめします。特に食前30分~食後1時間半の時間帯が効果的といわれています。オレイン酸やビタミンEなどの美容成分が豊富なアーモンドやクルミなどもおすすめです。

生ナッツと素焼きナッツってどう違うの?どっちを食べるといいの?

Stock Photos, Royalty-Free Images and Vectors - Shutterstock

出典:https//www.shutterstock.com

多くのお店ではローストされたナッツが販売されていますが、中には火を通していない生のナッツもあります。焼きナッツと比較すると、栄養素や酵素がそのまま摂取できるため、美容効果や健康効果をより得やすいといわれています。ナッツにはミネラルやビタミン、食物繊維、脂質といった栄養素が豊富に含まれていますが、これらは加熱することで一部が失われてしまいます。どのくらい失われるかはローストする時間や温度、ナッツや栄養素の種類によってそれぞれ異なります。ただし、ヘーゼルナッツとクルミは、加熱によってポリフェノールが2倍に増えるといわれています。

一方で、焼きナッツの方が食感もよく、甘さや香ばしさも生ナッツよりも優れています。さらに、火を通してあるため水分量が少なく、保存しやすいというメリットもあります。

どちらを食べた方が絶対よいということはないため、自分に合う方を食べるとよいでしょう。

固くても大丈夫!ナッツの上手な割り方とおすすめの道具

Stock Photos, Royalty-Free Images and Vectors - Shutterstockより

出典:https//www.shutterstock.com

ナッツは、殻付きのタイプと剥き実のタイプが販売されています。殻付きタイプは一見面倒に感じるかもしれませんが、殻付きならではの香りや風味を楽しむことができるのでおすすめです。しかし、クルミなど殻が固くてなかなか割れないものも少なくありません。そんな時におすすめなのが、ナッツ割り器です。クルミ用やマカダミアナッツ用など、それぞれのナッツごとに専用のものが販売されています。

家庭にナッツ割り器がない場合には、別の方法で殻を割ることができます。クルミの場合は、一晩水につけてから乾煎りすると、膨張して口が開きます。マカダミアナッツは世界一殻が固いといわれるほどなので、ペンチなどを使って割ります。ケガをしないよう気を付けましょう。

とっても小さな一粒ですが、美容にも健康にもうれしい栄養素がたっぷり詰まったナッツ。ただし、高カロリー高脂肪なので、食べ過ぎると逆効果です。1日25gほどを目安に食べましょう。続けることが大切なので、まずは3ヵ月間、続けてみることをおすすめします!

ほかの記事もみる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する買いモノ

関連する読みモノ

アクセスランキング

人気のある記事ランキング

kabukiペディア   >   kabukiオフィシャル   >   読みモノ   >   美容フードとして人気!ナッツの種類と特徴について

キーワード