kabukiオフィシャル

厳選した情報をお届けします。

出典元: shutterstock

脱片付けられないオンナ!整理整頓上手になる方法

出典元: shutterstock

「アレがない!」「どこに置いたっけ?」はもう卒業。ちょっとした整理収納のコツで毎日キレイが保てます!

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
1,752view

まずは、なぜ片付かないか?一度考えてみましょう。

Stock Photos, Royalty-Free Images and Vectors - Shutterstockより

出典:https//www.shutterstock.com

いつの間にか、散らかってしまうお部屋。そんなに汚したつもりもないし、片付けても片付けても気づいたら、お部屋にあふれるモノ、モノ、モノ。そのたびにイラッとしてしまうし、朝などの忙しい時に、欲しいものが見つからないのは焦りますよね。なぜ片付かないか?その原因は大きく分けて2つあります。1つは「モノの置き場所が決まっていない」からです。家と同じようにモノにも住所が必要。住所である置き場所を決めてあげれば、使う時にも探さないし、使った後にもすぐに戻せます。片付かない原因の2つ目は、「そもそもモノが多すぎる」からです。当たり前に感じるかもしれませんが、どこかにあるはずだけど、見つからないから新しいモノを買ってしまったり、お家の中にあること自体を忘れてしまっていたり。こんな積み重ねでもいつの間にかモノが増えてしまいます。

お部屋の中から同じ種類のモノを集めてみてみましょう。

Stock Photos, Royalty-Free Images and Vectors - Shutterstockより

出典:https//www.shutterstock.com

お家の中を片付けたいと思ったら、まずはお家の中に、なにが、どんな量あるか知ることが大切です。家の中には自分で買ったりもらったりしたモノしかないから全部把握しているはず!と、思いますよね。でも、いざ家の中から集めてみると、思っているより量を持っているものなのです。押入れの奥に眠っている、何が入っているかわからない箱はもちろんこの機会に全部開けてみましょう。文房具やノートも意外といろんな場所に分散して置かれていることが多いです。一気に片付ける時には、毎日使うお洋服やバッグ、アクセサリーから始めてみるといいかもしれません。まずは、今毎日着ているお洋服からシーズンオフ、着ていないまで、お洋服を全部一か所に集めてみましょう。

それ、本当に、いる?いらない?徹底的に考えてみて。

Stock Photos, Royalty-Free Images and Vectors - Shutterstockより

出典:https//www.shutterstock.com

一か所に集めたお洋服をじっくり見てみましょう。そこで見つかってくるのが、同じような形、同じような色のお洋服。自分の好みなので、つい、似たようなデザインを選んでしまいがちです。すべて上手に着こなせている場合は問題ないのですが、よく見たら汚れや型崩れがひどくて「これを着てたら女子力低いかも」と思える場合や、あったことも忘れていたお洋服は、思い切って手放すのも手。そして、特に手放しにくいのが、昔に買った高価な服。思い出もあるし、なにより高価だった分、手放すことを後回しにしてしまいますが、ここを乗り越えれば素敵なお部屋にぐっと近づきます。捨てることに気が引けるなら、リサイクルショップに持っていけば罪悪感も少ないですね。

置く場所。モノの住所を決めてあげましょう。

Stock Photos, Royalty-Free Images and Vectors - Shutterstockより

出典:https//www.shutterstock.com

必要なモノだけになったら、ひとつひとつのモノに住所を決めて、置き場所を作ってあげましょう。そのとき、気にして欲しいのが、取り出しやすさと戻しやすさ。使う頻度が高いモノは一番取り出しやすい場所においてあげましょう。シーズンオフのモノを収納する場合も、空いている場所にあちこち分散させるのではなく、一か所にまとめておくと後からわかりやすいです。シーズンオフのモノは取り出しにくい位置への収納でもいいのですが、その時に必ずしておきたいのが「ラベリング」。整理収納を頑張っているときにはしっかり覚えていても、数ヶ月経つと、あれ?この中身は何だっけ?となってしまうもの。収納ボックスなどにも、何が入っているかを書いておけば、一目でわかりますし、いちいち箱をあける手間もありません。

収納用品に悩んだら、インテリアになじむ四角い形を選んでみて。

Stock Photos, Royalty-Free Images and Vectors - Shutterstockより

出典:https//www.shutterstock.com

お洋服や、お家にあるモノが減ってもそれぞれのモノをしまう収納ボックスが必要です。100円ショップで買えるボックスもお手頃でいいですし、見えない場所を分けるのには適しています。でも、よく見える場所に100円ショップの収納では、どんなに整理収納が出来ていても、なんとなく味気ないですよね。そんなときは、木でできている箱や、籐で編まれたかごを使えばぐっとインテリアになじみます。ちょっとデザインがこだわっているかごなどを使えば女子力も高いですよね。収納ボックスを選ぶときに、ちょっと気を付けてもらいたいことが。それは四角い形を選ぶこと。四角い形であれば、デッドスペースが少なく済みますし、入れられるモノも多くなります。

いかがでしたか?難しいと思う整理収納もコツをつかめば、あっという間に完成です。いつでも人を呼べる部屋になるのはもちろん。毎日のモノを探すストレスが減り、お気に入りのインテリアがよく映える、リラックスして過ごせるお部屋を整理収納で手に入れましょう。

ほかの記事もみる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する買いモノ

関連する読みモノ

アクセスランキング

人気のある記事ランキング

kabukiペディア   >   kabukiオフィシャル   >   読みモノ   >   脱片付けられないオンナ!整理整頓上手になる方法

キーワード