kabukiオフィシャル

厳選した情報をお届けします。

出典元: shutterstock

基本だけでも押さえておこう!食事にあう日本酒の選び方

出典元: shutterstock

料理に合わせを日本酒と選ぶ時に大吟醸、純米酒など色々な種類があって迷ったことはないですか。ここでは種類が豊富な日本酒に合った料理選びのコツを紹介します。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
720view

日本酒といっても獺祭・十四代・久保田などの有名銘柄、大吟醸・純米酒など色々な種類があります。それぞれに香りや味わいが違っています。さらに、日本酒には冷酒・熱燗・常温でも味わいが違ってきます。日本酒のことを少し知るだけで料理の選び方が簡単になります。

日本酒の基礎知識!日本酒の種類にはどんなものがある?

Stock Photos, Royalty-Free Images and Vectors - Shutterstockより

出典:https//www.shutterstock.com

日本酒のラベルを見ると大吟醸・純米酒・本醸造酒・普通酒など様々な種類があります。種類の違いは原料にあります。

・大吟醸酒…米・米麹・醸造アルコール
・純米酒…米と米麹
・本醸造酒…米・米麹・醸造アルコール

日本酒の種類を決めるのは米の精米歩合です。お米にはでんぷん質とタンパク質が含まれていますが、お酒を美味しくする為に必要なのはデンプン質なのでタンパク質の部分をそぎ落として使います。
精米の歩合は、大吟醸酒50%以下、吟醸酒60%以下、本醸造酒70%以下と決められていて、普通酒は精米歩合がどれにも当てはまらないものをいいます。
精米歩合の低い方が原料を多く使うので価格も高くなりますが、大吟醸酒や吟醸酒はフルーティーな香りがします。純米酒は濃厚でコクがあり、本醸造酒は香りが穏やかで飲みやすくなっています。

好みで選ぶ甘口と辛口は、日本酒度と酸度で決まる?

Stock Photos, Royalty-Free Images and Vectors - Shutterstockより

出典:https//www.shutterstock.com

お店などで日本酒の表示に辛口・甘口と書いてあるのを見たことはありませんか。
辛口・甘口は日本酒のラベルに記載されている、日本酒度と酸度で決まります。
まず注目したいのが「日本酒度」です。日本酒度には+6.0以上から-6.0以上で甘口か辛口か判断されます。
+6.0以上は大辛口、+3.5~+5.9辛口、+1.5~+3.4やや辛口、-1.4~+1.4普通、-1.5~-3.4やや甘口、-3.5~-5.9甘口、-6.0以上大甘口です。酸度は1.6以下から2.4以上があます。
酸度が示すのは酸味ではなくて酸度が高いと辛口、低いと甘口になります。甘口辛口の判断は日本酒に含まれるコハク酸、乳酸、リンゴ酸によっても変わります。

お酒の種類や飲み口に合わせた基本的な料理の選び方

Stock Photos, Royalty-Free Images and Vectors - Shutterstockより

出典:https//www.shutterstock.com

日本酒に合う料理を選ぶ目安の1つにお酒の種類や飲んだ時の口あたりがあります。
大吟醸酒や吟醸酒は芳醇な香りがあるので食前酒やあっさりした素材を生かした料理に向いています。
純米酒は味付けのしっかりした肉料理やおかずになるような料理との相性がよく、バターやホワイトソースなどを使ったクリームシチューやフライドチキンなどの洋食にも合います。
本醸造酒はまろやかな味で純米酒よりもクセがなく色々な料理と合うお酒です。甘口辛口での選び方の例として、居酒屋の定番・焼き鳥はタレと塩なら、タレは甘口、塩の場合はすっきりとした辛口の方が料理との相性が良いようです。基本的には甘口には甘いタレや天つゆ、辛口には塩味や醤油味のものとの相性が良いよいです

Stock Photos, Royalty-Free Images and Vectors - Shutterstockより

出典:https//www.shutterstock.com

日本酒には香りと味わいによって4つのタイプがあり、フルーティーな薫酒、熟成された熟酒、辛口で飲みやすい爽酒、コクのある醇酒があります。
大まかに分けると大吟醸酒・吟醸酒は薫酒、古酒は熟酒、本醸造酒や生酒は爽酒、純米酒は醇酒に分類されます。日本酒は和食だけと思いがちですがお酒の種類によっては色々な料理に合います。薫酒は食前酒に向いています。
料理ならあっさりした刺身や漬物、魚介類のカルパッチョ、熟酒には鰻のかば焼き・フォアグラ・麻婆豆腐などが向いています。爽酒はどんな料理にも合わせやすいので、あっさりした味のものから濃い味の料理でもOKです。
醇酒は煮つけやグラタン・テリーヌなどの洋食とも相性の良いの日本酒です。

基本的な日本酒と料理選び方のポイントを押さえよう

Stock Photos, Royalty-Free Images and Vectors - Shutterstockより

出典:https//www.shutterstock.com

日本酒の種類と味には色々な分け方がありますが、日本酒に含まれる成分や好みによって料理との相性が違ってきます。基本的な合わせ方としては味の濃い料理には濃醇なもの、淡白な料理にはあっさりとしたキレのあるお酒が合うといわれています。クセのある日本酒とあっさりした料理ではバランスが良くないとされています。酢の物など酸味のある料理には甘口のお酒を合わせてみましょう。

日本酒の飲み方には、冷酒・熱燗など飲み方も色々あります。熱燗にした場合は甘口のお酒も辛口になることがあるので、飲み方の違いによっても料理との相性が変わってきます。お店などでみかける生酒や冷やおろしは加熱処理されていないフレッシュさがあり色々な料理に合います。

最近では日本酒もワインのソムリエと同様のきき酒師の資格が出来たり、原料や製法、銘柄によって簡単に分類できないほど日本酒は奥深いものです。しかし日本酒には十人十色の好みがあるので難しく考えず知識にとらわれないで自分の舌で味わうことで自分の好みに合った日本酒と料理の相性を探し出してみましょう。

ほかの記事もみる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する読みモノ

アクセスランキング

人気のある記事ランキング

kabukiペディア   >   kabukiオフィシャル   >   読みモノ   >   基本だけでも押さえておこう!食事にあう日本酒の選び方

キーワード