kabukiオフィシャル

厳選した情報をお届けします。

出典元: shutterstock

美しい泡が命!ビールを上手に美味しく注ぐ方法

出典元: shutterstock

こちらの記事では美味しいビールの注ぎ方をご紹介します。目上の方へのビールの注ぎ方や自分でできる美味しい泡の作り方などをご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
1,258view

美味しいビールにはキメ細やかな泡は必須ですよね。こちらの記事では、目上の方へのビールの注ぎ方や自分でできる美味しい泡の作り方など、美味しいビールの注ぎ方をご紹介します。

ビールの美味しい泡とは

Stock Photos, Royalty-Free Images and Vectors - Shutterstockより

出典:http//www.shutterstock.com

ビールの泡は、キメが細かい程美味しくなります。また、泡は立ちすぎても少なすぎてもいけません。美味しい泡を作るためには、ビールの注ぎ方が重要になりますが、ビールの冷やし方にも関係があります。

ビールの適温は夏なら4~6度、冬であれば6~8度です。ビールは冷やし過ぎてしまうと、泡立ちが悪くなり、ぬるすぎても泡が立ちすぎてしまいます。丁度良い泡を作るためにも、適切な温度にすることが大切です。

また、ビールを注ぐグラスも、冷やしておくと美味しくビールを飲むことができます。しかし、冷凍庫などで結露ができるほど冷やしてしまうと、ビールの味が落ちてしまうので、冷やし過ぎには注意をしてください。

目上の人へのビールの注ぎ方

Stock Photos, Royalty-Free Images and Vectors - Shutterstockより

出典:https//www.shutterstock.com

飲み会や接待で、上司など目上の人にビールを注ぐ場面もありますよね。ビールの注ぎ方にもマナーがあり、上手に注ぐためにはポイントがあります。しっかりと覚えて、実践してみましょう。

まず、右手でビール瓶の底を持ちます。この時、瓶のラベルを上に見えるようにしましょう。左手は注ぎ口付近で支えますが、人差し指の上に乗せるイメージで軽く添えるようにしましょう。片手で持つことはマナー違反です。

ビール瓶を正しく持てたら、いよいよビールを注ぎます。注ぎ口をグラスに付けないように注意して、注ぎ始めは勢い良く、徐々にゆっくりと注いていきます。勢いを良くすることで、ビールの泡が立つからです。ビールの泡は、全体の3割を目安に作るようにしましょう。

缶ビールを美味しく注ぐコツ「三度注ぎ」

Stock Photos, Royalty-Free Images and Vectors - Shutterstockより

出典:https//www.shutterstock.com

缶ビールを美味しく注ぐコツ「三度注ぎ」をご紹介します。その名の通り、三度に分けて注ぐ方法です。ご自宅でビールを飲む際、ぜひ試してみてください。

まず、最初は泡を作ることが目的です。初めはゆっくりと注ぎ、途中から勢いをつけて泡を作っていきます。高い位置からビールを注ぐのがポイントです。グラスが泡でいっぱいになったら、2分程待ちます。

1回目の泡が半分くらいに減ってきたら、2回目を始めます。2回目は高い位置から注がずに、泡の下にビールを注いていくイメージでそっと入れていきます。泡がグラスから1センチくらい盛り上がったら、2回目は終わりです。

盛り上がった泡がグラスの縁のあたりまで下がってきたら、いよいよ3回目です。泡が崩れないように静かに注ぎ、泡がグラスから2センチほど盛り上がるまで注いだら完成となります。

ビールを美味しく飲むためのグラス

Stock Photos, Royalty-Free Images and Vectors - Shutterstockより

出典:https//www.shutterstock.com

グラスなんて、どれも同じだと思っていませんか?実は、ビールを美味しく飲むためには、グラスも重要です。中でもジョッキグラスは、美味しいビールを飲むことができます。グラスの形状によって、ビールの泡の仕上がりや味にも違いが出るのです。

ジョッキグラスがビールを飲むのに向いている理由は、グラスの底と先の部分にあります。ジョッキグラスはグラスの底に丸みがあるので、キメ細やかな泡ができやすいのです。グラスの底が角張ったものは、炭酸がきつくなりやすいので、おすすめできません。そして、グラスの先が広がっていないので、炭酸ガスが抜けにくく泡の持ちが良くなります。

また、グラスの高さも大切です。グラスの直径を1とした時に、1.8~2.2くらいのものを選ぶと良いでしょう。それ以上の高さだと泡が立ちやすくなり、それ以下だと炭酸ガスが抜けやすくなるなど、泡が粗くなってしまいます。グラス選びの際に参考にしてください。

美味しくビールを注ぐための注意点

Stock Photos, Royalty-Free Images and Vectors - Shutterstockより

出典:https//www.shutterstock.com

まず、ビールを注ぐ時にグラスを傾けてはいけません。グラスを傾けることで、泡が立ちにくくなってしまうからです。飲み会などで、ついつい傾けたくなりますが、グラスはまっすぐに持ちましょう。

また、ビールの注ぎたしもあまりおすすめできません。せっかく泡を作っても、上からビールを注ぎたしてしまうと、泡が破れてしまい炭酸が抜けビールの酸化が進んでしまうからです。ビールの泡には、うま味や風味を閉じ込める働きがあります。これは大手ビールメーカーの調査でも、明らかになっていて、泡なしのビールより泡のあるビールの方が香り成分の減少が少なかったという結果が出ています。ビールの注ぎたしは、できるだけしないようにしましょう。

美味しいビールの注ぎ方はわかりましたか?最初は泡を上手く作れないかもしれませんが、慣れてくればキメ細やかな泡が作れるようになります。温度やグラスに気を付けて、美味しくて美しい泡作りに挑戦してみてください。

ほかの記事もみる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する買いモノ

関連する読みモノ

アクセスランキング

人気のある記事ランキング

kabukiペディア   >   kabukiオフィシャル   >   読みモノ   >   美しい泡が命!ビールを上手に美味しく注ぐ方法

キーワード