kabukiオフィシャル

厳選した情報をお届けします。

出典元: shutterstock

魚料理を美しく食べる方法

出典元: shutterstock

正しい魚の食べ方や小骨が多い時の対処法など、魚を美しく食べる方法を紹介した記事です。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
505view

魚料理を美しく食べるために、コツがあることをご存知ですか?魚を食べる時、いくつかのポイントに気を付ければ、魚を綺麗に食べることができます。そこで、この記事では、正しい魚の食べ方や小骨が多い時の対処法などをご紹介します。

魚料理の正しい食べ方

Stock Photos, Royalty-Free Images and Vectors - Shutterstock

出典:https//www.shutterstock.com

和食や洋食でも、魚料理の基本的な食べ方は同じです。頭を左に向くように置き、左側から右側に向かって食べていきます。いきなり真ん中から食べるようなことはせずに、左端の上身から少しずつ食べていくようにしましょう。

上身を食べたら、中骨を取り下身に進みます。はずした中骨や取り除いた小骨などは、皿の奥にまとめて置いておきましょう。下身も綺麗に食べたら、はじかみを最後に食べて終了となります。

はじかみは、口の中をサッパリさせるためにいただくものです。魚を食べ終わるまでは皿の奥へよけて置き、食べる時は根の部分だけ食べて、残りは魚の残った部分と一緒に置いておきましょう。

小骨の多い魚を美しく食べるコツ

Stock Photos, Royalty-Free Images and Vectors - Shutterstock

出典:https//www.shutterstock.com

サンマなどは身が細くて柔らかく、小骨が多いので食べるのに苦労してしまいます。しかし、そのような小骨の多い魚料理にも、上手に食べるコツがあるので覚えておきましょう。

小骨が多い魚は、箸先の細い箸で食べることをおすすめします。その方が身をほぐしやすく、小骨を取り除くことが簡単になるからです。しかし、外食などでは、そう上手くはいきませんよね。割り箸や太い箸で食べる時は、少しずつ食べるようにしましょう。身を食べる時は、身を押させるようにしながら、小骨を取り除いていくことがポイントです。

また、料理が塩焼きの場合、冷めると身が硬くなって骨を取り除きにくくなるので、注意が必要です。できるだけ早めにいただくようにしましょう。

開きの魚料理を食べる時のコツ

Stock Photos, Royalty-Free Images and Vectors - Shutterstock

出典:https//www.shutterstock.com

次に、開きの魚料理の食べ方をご紹介します。開きの場合、今までの魚料理とは食べる順番が少々異なるので、注意しましょう。

開きの魚料理も、頭から尾に向かって食べていくことは変わりません。左側から順番に身を食べていきます。その際に注目するのが、背骨を取るタイミングです。食べやすいようについつい最初にはずしたくなりますが、開きの場合、背骨を先に取ってはいけません。まずは、骨の少ない下身から食べていき、下身を右端まで食べ終えたところで、背骨をはずします。

開きの背骨は箸だけで取るのは難しいので、はずれにくい時はお手拭きや懐紙を添えた上で、左手を使っても構いません。この時、指先が汚れたら、しっかりと拭いておきましょう。背骨をはずしたら、上身も左から右に向かって食べていき、最後にカマやエンガワを食べれば終了です。エンガワも箸だけで食べにくい場合は、手で押さえながら食べましょう。ちなみに、食事の途中で使った懐紙は、食べ終わった魚を隠すのにも役立ちます。

小骨を食べてしまったらどうするの?

Stock Photos, Royalty-Free Images and Vectors - Shutterstock

出典:https//www.shutterstock.com

魚の身を食べる時、気を付けていても小骨を食べてしまうことがあります。口に含んだ小骨を手で取り出したり、吐き出すことはマナー違反です。小骨を食べてしまった時は、慌てずに箸を使って小骨だけを取り出しましょう。小骨を口から出す時は、左手や懐紙を軽く添えて、周りの方に見えないようにすると、さらに良いでしょう。

小骨同様に魚の内臓や皮は無理に食べる必要はなく、残してもマナー違反とはなりません。食べない部分がある時は、皿の奥にまとめて置くようにしましょう。また、内臓は柔らかく箸でつかむと崩れやすいことがあるので、気を付けて取り扱うようにしましょう。

中骨が魚から取れない時はどうする?

Stock Photos, Royalty-Free Images and Vectors - Shutterstock

出典:https//www.shutterstock.com

魚によっては中骨が取れにくいこともありますが、いくら食べづらいからといって、魚を裏返しながら食べることはマナー違反となります。魚の向きは変えずに、そのまま食べましょう。

魚から中骨を取りやすくするためのポイントは2つあります。まず1つ目はですが、中骨をはずす前に上身をすべて取ることです。上身を綺麗に食べると中骨がはずれやすくなるので、試してみてください。

2つ目は、魚料理についてくるレモンやすだちを使うことです。レモンやすだちの汁をかけると、中骨がはずれやすくなります。レモンなどは、魚料理を食べ始める前に汁を絞るのが一般的ですが、使い切らずに取っておくと後々役立つのでおすすめです。ちなみに、半分に切ったレモンは絞って使いますが、スライスされたものは絞らずに魚の上に直接乗せ、香りを移すように使うので覚えておきましょう。

魚料理を上手に食べるコツはつかめましたか?マナーに気を付けながら美しく食べることは難しいかもしれませんが、回数を重ねれば慣れていきます。最初は大変かもしれませんが、練習をして美しい食べ方を身につけましょう。

ほかの記事もみる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する読みモノ

アクセスランキング

人気のある記事ランキング

kabukiペディア   >   kabukiオフィシャル   >   読みモノ   >   魚料理を美しく食べる方法

キーワード