Original

NYでUdonブームの予感?押さえておきたい讃岐うどんのマメ知識

アメリカで起こった「ラーメンブーム」が落ち着きを見せ、ニューヨークでは『New York EATER』や『Bi-DAILYSUN』といったメディアがネクストヌードルとして「Udon」をピックアップ。ブームの予兆を伝えています。うどんといえば、日本が誇るうどん県の香川県。そのご当地名物“讃岐うどん”をフィーチャーし、その魅力をたっぷりご紹介します。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
'SHOPで買う

空海から伝授説も…讃岐うどんの歴史

今や、本格派うどんの定番として知られる「讃岐うどん」ですが、そのルーツをご存知でしょうか。香川県では、智泉大徳が空海から「うどんの祖」を伝授され、故郷・綾南町滝宮の両親をうどんでもてなしたのが最初、と伝えられています。その頃の麺は、団子をつぶしたような形であったとか。小麦粉をこねて薄く伸ばし、包丁で細長く切って仕上げる現在のような長いうどんになったのはおよそ300年前の元禄時代のこと。うどんに関わる讃岐最古の資料である屏風絵「金比羅祭礼図(こんぴらさいれいず)」の中に3軒のうどん屋も描かれています。温暖で雨が少なく、良質な土壌などが小麦作りに適していたこと、瀬戸内海地方では塩田による塩づくりが盛んで、良質な塩の産地であったこともうどんが盛んになった理由のひとつ。小豆島の醤油、イリコがたくさん獲れた伊吹島の新鮮で良質なだし汁の原料も安く手に入ったこともうどん文化が広まることにつながったとされています。

讃岐うどんのお店は3タイプ

歴史に続いて、讃岐うどんのお店のスタイルをご紹介。実は「3タイプ」に分かれているんです。まずは、「一般店」タイプ。座席に置かれたメニューを見て注文し、店員さんがうどんを運んでくれる通常の飲食店と同じシステムのお店です。2つ目が「セルフ」タイプ。店内の入り口にある注文カウンターで食べたい数のうどんの玉が入った器を受け取ります。その後、麺を湯に通して温めて、天ぷらやおにぎりなどを選び、レジで精算します。最後に好きな薬味をかけて、だしを注いで席へ。食べ終わったら、返却口に返しましょう。最後に「製麺所」タイプ。本来、うどんの麺の卸しを行っていた製麺所がうどんを提供するようになったお店をいいます。製麺所の敷地を利用しているため、席数が少なく、長い行列ができるお店も。セルフで畑のネギを薬味に出来るお店など個性的なサービスを行っているお店もあります。

「おでん」を食べながらうどんを待つのが普通?

香川県では、おでんをサイドメニューに置いているお店が多いのも特徴。うどんのだしを使ってじっくり煮込まれた大根やこんにゃく、たまごなどのおでんは絶品です。おでんを食べながら、うどんが出来るのを待つ人も多く見られます。白味噌とからしを合わせた「からし味噌」をつけて食べるのがうどん県流。

「あつあつ」「ひやあつ」「あつひや」「ひやひや」って?

讃岐うどんのお店に行ったら、立ちはだかるのが独特のオーダー方法の壁。「あつあつ」「ひやあつ」「あつひや」「ひやひや」!? いったい温かいのか、冷たいのか…そういえば、自分は何を頼みたいんだっけ…と戸惑ってしまいそう。お店に行く前に覚えればOKです。これは麺とだしの温度を組み合わせた呼び名。「あつあつ」は温かい麺に、熱いだしをかけたもの。「ひやあつ」は冷水でしめた麺に、熱いだしをかけたうどんを指します。「あつひや」は温かい麺に、冷たいだしをかけ、「ひやひや」は冷水でしめた麺に、冷たいだしをかけたうどんのこと。「麺」の温度が先で、「だし」の温度が後ですよ。

「かけうどん」と「ぶっかけうどん」どう違う?

讃岐うどんのバリエーションに富んだメニューも覚えておくと楽しいもの。「かけうどん」は、一番ベーシックなうどん。温めた麺を冷水で締めた後、温め直して「だし」をかけたもの。「ぶっかけうどん」は、茹でた麺を冷水で締め、濃いめのつけだしを、ネーミングどおり直接ぶっかけて食べます。ネギや大根おろしなどの具と豪快にかきまぜて食べましょう。“釜”がついたうどんでは、“釜あげうどん”と“釜玉うどん”があります。“釜あげうどん”は、釜の中で茹であがった麺を水で締めずにそのまま、ゆで汁と一緒に器に移したもの。つけだしに少しずつつけながらいただきます。ふんわり、もちもち食感がクセになるはず。“釜玉うどん”は、器に生たまごを割り入れ、あつあつの茹であがった麺を入れ、醤油をかけて食べます。茹でたてのうどんと玉子の絶妙なからみつきがたまらないメニュー。こちらも冷水で締めないのでふわふわの食感が楽しめます。

うどんバスってどんなバス?

Free Images - Pixabay

出典:https//pixabay.com

香川県には、「うどん店めぐり専用バス」があるんです。うどん店にプラスして金刀比羅宮や丸亀城など観光スポットもあわせて巡る「うどんバス」が絶対オススメ。JR高松駅発着でお手軽にめぐれる半日コース・1日コースの2つがあります。半日コースの料金は、大人1,000円・子供500円。一日コースは大人1,500円・子供750円とうれしいお手頃価格。運行日時をチェックして、うどんバスでうどん県観光をオトクに楽しんでみては。

知っておくとためになるおいしい讃岐うどん情報のアレコレをまとめてみました。うどん県まで行けないという方は、本場の讃岐うどんのお取り寄せをしてみてはいかが。

グルメ大賞受賞!豪華福福 讃岐うどんセット【特別な方へ格別のギフト】

【送料無料】【グルメ大賞2015受賞】 ギフト 贈り物に!豪華福福讃岐うどんセット 讃岐うどん / さぬきうどん / うどん gift プレゼント 【楽ギフ_のし】【auktn_fs】【RCP】【20P03Dec16】

3,600 円

ほかの記事もみる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する買いモノ

アクセスランキング

人気のある記事ランキング

kabukiペディア   >   さぬきうどんの亀城庵   >   買いモノ   >   NYでUdonブームの予感?押さえておきたい讃...

キーワード