Original

アム・シュタインはジルヴァーナー100%使用

ドイツの白ワインで人気の産地でつくられるヴァイングート・アム・シュタイン ムシェルカルク・ジルヴァーナー・トロッケン 2014。アルコール度数は低いので、様々な料理に合わせてみては。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
'SHOPで買う
※品切れの際、至急インポーター様の在庫を確認し、  補充いたしますが、終売の場合は何卒ご容赦ください。 Weingut Am Stein Franconian Muschelkalk[2014] 色・容量白辛口750ml(スクリューキャップ使用) ALC12% ブドウ品種ジルヴァーナー100% 産地ドイツ・フランケン 味わいライト?ミディアムボディ ラベル表示酸化防止剤(亜硫酸塩) フランケン地方と言えば、ジルヴァーナー種の辛口白ワ インとして人気の産地!! 丸いコロンとした伝統的なボックスボテイル瓶もいいの ですが、味わいそのまま、セラーの中でも保管しやすい、 こちらのワインをご紹介いたします!! [ヴァイングート・アム・シュタイン フランコニアン・ ムッシェルカルク ジルヴァーナー 2014]!! ヴァイングート・アム・シュタインの所有する多くの畑 の土壌は、三畳紀の貝殻石灰質土壌です。舌に差し込む ようなストラクチャー、引き締まった酸味を味わいにも たらす個性があります。 その典型的な味わいを表しているとして、 【ムッシュルカルクのアンバサダー】とワイナリーでも 形容するほど、土壌の個性を知る上でキャラクターがよ く表れていると感じました。 栽培はビオロジック、ビオディナミ農法も一部採用。 土地が表す味わいをストレートに感じていただきやすい 素直なワインです。 フランケンワインというと、少し高級ワインのイメージ もありますが、こちらは手が届きやすいコストパフォー マンスが高い辛口白ワインです。 すっきりと冷やしてアスパラガスなどの定番野菜料理は もちろん、塩やハーブなどでシンプルに調理した軽めの 豚肉料理、天ぷらなどの揚げ物など、普段のお料理にも 色々と使いやすいワインです。 見た目はスタイリッシュだけど、中身は高品質で飽きの こない味わい。アルコール低めも飲み疲れしにくい。 まさに、地元のレストランやビストロでデイリーに楽し めるような、フランケンワインとはまさにこんなタイプ。 現地で発掘しました。ありそうでない、親しみやすい フランケンワイン。 是非、お試しくださいませ。【当店現地発掘★独自輸入!!2016年ドイツ有力評価誌の白ワインコレクション部門にて年間最優秀ワイナリーに選出!!】 ワイナリーはフランケンを代表する銘醸畑、ヴュルツベルガー・シュタインに隣接。典型的な石灰質土壌由来の味わいを生み出しています!!2008年から全ての栽培をビオロジック栽培に転換!!ビオディナミ農法も採用!! 伝統を重んじつつ、革新を続けるアム・シュタインから目が離せません!!現地発掘★ユニークな高品質ゼクトとスタイリッシュな辛口ジルヴァーナーをご紹介します!! [ヴァイングート・アム・シュタイン] ドイツの有力ワイン評価誌において、2016年ベスト白ワインコレクション、年間最優秀ワイナリー の賞を受賞。品質もお墨付き!! ワイナリーの伝統を引き継ぐのは、現在5代目のルートヴィヒス・クノールさんと奥様の サンドラ・クノールさん。訪問時にアテンドしていただきましたが、とてもオーラのある 方だという印象でした。 ワイナリーは銘醸畑ヴュルツベルガー・シュタインに隣接し、このエリアで 最良のポジションにあります。2008年からビオロジック、ビオディナミに転換。 最新の設備を兼ね備えた新しいワイナリーも建設。所有する畑は約20haで主に 土壌は三畳紀の石灰質。 フランケンはドイツ屈指の辛口白ワインの産地で古くか ら銘醸地として有名です。 特にこの地方と言えば、ジルヴァーナー種による、丸い ころんとした形のボックスボテイル瓶で知られています が、近年は、伝統を重んじつつ、通常の形の瓶を使用し たり、様々な新しい取り組みも行う革新的な醸造所も 増えています。 この[ヴァイングート・アム・シュタイン]もそのひとつ。 歴史は古く、クノール家によって代々運営されていて、 現在は5代目。ルートヴィヒス・クノールさんと奥様の サンドラ・クノールさんによってさらなる発展をとげて います。2014年にワイナリーを訪問した際も、新しい 醸造所を建設中で、コンクリートのエッグタンクをとり いれたり、伝統の中にもモダンな要素を取り入れている ワイナリーだと感じました。 ワイナリーはこのエリアのベスト・ポジションと言って も過言ではない、銘醸畑ヴュルツベルガー・シュタイン に隣接、最良の区画を所有しています。 2008年より全ての畑においてビオロジック栽培に転換。 一部ビオディナミ農法も採用。 所有する畑は、ヴュルツベルガーシュタインとステット ナーシュタイン、インナー・ライストで主に三畳紀の 石灰質土壌。ストラクチャーがあり、引き締まった味わ いの所以です。 [ムッシェルカルク(三畳紀の石灰岩)のアンバサダー] と形容される程、このエリアの典型的な土壌の味わいを 表しています。 ワイナリーが所有する畑は約20%で、栽培している品種 は約25%がジルヴァーナー、25%がピノ系品種(ピノ・ ブラン、ピノ・グリ、ピノ・ノワール)。そして20%程 がリースリング。 コストパフォーマンスがよいエントリークラスのワイン から、当店で注目している現地発掘のゼクト(瓶内二次 発酵によるスパークリング)まで、一貫して安定してい る品質の高さは驚きです。 今回は現地で発掘してきた、スタイリッシュなジヴァー ナーと、高品質な格上ゼクトをご紹介いたします。 フランケンワインファンの方はもちろん、辛口白ワイン、 高品質なゼクト(スパークリングワイン)、安定した 品質のビオワインファンの方、色々なニーズに応えられ そうなワインです。 数量限定。是非、お試し下さいませ。

2,678 円

ほかの記事もみる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する買いモノ

関連する読みモノ

アクセスランキング

人気のある記事ランキング

kabukiペディア   >   京橋ワイン   >   買いモノ   >   アム・シュタインはジルヴァーナー100%使用

キーワード