出典元:(株)菓宗庵

名古屋コーチンは、国内では唯一の雄・雌ともに名古屋コーチンであり原種鶏から始まり完全な made in Japan

出典元:(株)菓宗庵

名古屋コーチンは、親鳥もその親鳥も畜産総合センター種鶏場により厳重に管理され、
愛知県農業総合試験場 畜産研究部 養鶏研究室により、改良研究が行われております。
愛知県の農業の特産品として官民学の協力により知名度90%以上のブランドを確立出来ました。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
184view

地鶏とは

日本農林規格 (JAS) に記載されている、在来種由来の血液百分率が50%以上の国産銘柄鶏の総称。
すなわち、両親ともに同じ種でなくてもよく、日本の地鶏の場合お父さんが地鶏でお母さんが、輸入種で生まれた鶏でも地鶏と呼べると規定されています。

三大地鶏

・名古屋コーチン(愛知県)

名古屋コーチンに地鶏の称号はつきません。
これは、両親ともに名古屋コーチン100%ですから、生まれた子供も名古屋コーチンに他ならないからです。

・比内地鶏(秋田県)

雄が、比内鶏(改良が施された秋田比内鶏)。雌が、ロードアイランドレッド種(アメリカ原産)の交配により生まれたものであるため比内鶏とは異なるので比内地鶏と呼ばれます。
全国数ある地鶏の中で、100%の血統は唯一の存在でもあります。

・薩摩地鶏(鹿児島県)

雄が、薩摩鶏。雌が、ロードアイランドレッド種(アメリカ原産)の交配により生まれたものであるため薩摩鶏とは異なるので薩摩地鶏と呼ばれます。

養鶏では血統が50%で生物学的には雑種は普通

ほかの記事もみる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する買いモノ

関連する読みモノ

アクセスランキング

人気のある記事ランキング

kabukiペディア   >   菓宗庵   >   読みモノ   >   名古屋コーチンは、国内では唯一の雄・雌ともに名...

キーワード