出典元: Wikipedia

お茶!とは

出典元: Wikipedia

「抹茶」「玉露」「緑茶」「煎茶」「番茶」「ほうじ茶」「紅茶」「ウーロン茶」などなど
様々な種類が御座いますが、全て茶の木の葉から作られます。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
126view

緑茶

緑茶は特定の呼び名ではなく、摘み取った後の製茶工程で発酵させない不発酵茶で御座います。
日本茶全般は緑茶の分類に属します。

「玉露」「煎茶」「番茶」「ほうじ茶」は、全て「緑茶」

玉露

茶の木に日光を当てないように遮り育成した茶葉から出来るもので、日光を遮ることでカテキンが増えることを防ぎます。
お茶の主な成分は、カテキンとテアニンでそれぞれ渋みと旨みのバランスがお茶の味わいとなります。
従って、渋みよりも旨みに重点を置いたお茶が「玉露」です。

煎茶

自然の日光を浴びながら育った茶葉から出来上がったお茶です。
一番最初に収穫出来る新茶と二番茶までのお茶を指します。
程よい渋みと旨みの調和で、もっとも多く飲まれているお茶です。

「深蒸し煎茶」
茶葉製造工程の初めに、「蒸し」が御座います。
この蒸し時間が、通常の2倍程度長く蒸すことにより深蒸し茶が生まれます。
渋みが抑えられて、茶の色も濃い緑色になります。

番茶

一般に三番茶以降に摘まれた茶葉で作られた下級茶葉です。

ほうじ茶

地方によって、示すお茶が異なる場合が御座いますが、一般的には安価なお茶を焙(ほお)じた茶葉を「ほうじ茶」と呼びます。焙じる事により苦味成分が飛びまろやかな味わいとなります。
お値段も安く、気軽に飲んでいただけるお茶で御座います。

ほかの記事もみる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する買いモノ

関連する読みモノ

アクセスランキング

人気のある記事ランキング

kabukiペディア   >   菓宗庵   >   読みモノ   >   お茶!とは

キーワード