Original

たった20分!貝印アイスクリームメーカーで作るおうちアイス 今年の夏は手作りアイスを楽しもう!

最近どんどん暑くなり、アイスの消費量が増えてきている……という方も多いのでは?そんな方ならぜひ、お家でアイスを手作りすることを考えてみてください。経済的なことに加え、原材料を全て把握できるから、お子様にも安心です。今回ご紹介するのは、日本の伝統ブランド貝印のアイスクリームメーカー。コンパクトサイズで使い方も簡単、でも美味しいアイスクリームができちゃうスグレモノなんです。お子様と一緒に作るところから楽しむもよし、お手頃価格なので、自宅用だけでなくプレゼント用にもぴったり!

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
'SHOPで買う

アイスが美味しい季節がやってきた!

梅雨もあけると本格的な夏シーズンが始まります。この季節になると、定番アイスだけではなく、コンビニや有名アイスメーカーが次々に新商品や期間限定商品を発売します。あれも食べたいこれも食べたい、そんな気持ちを抑えられるはずもなく……。でも市販のアイスクリームは美味しいけど、いろいろと添加物が使用されているのも事実。毎日子供に食べさせるのはちょっと……という思いも。

そんな悩めるアイス好きさんは自宅で作れるアイスクリームメーカーに挑戦してみませんか。材料を自分で調節できるから、安心安全の美味しいアイスクリームを楽しむことができるんです!

コンパクトながら美味しいアイスクリームが作れる!貝印 アイスクリームメーカーとは

貝印株式会社|kai corporation

出典:http//www.kai-group.com

直径16㎝、高さ10.5㎝とコンパクトサイズが嬉しい貝印のアイスクリームメーカー。このサイズだと保管はもちろん、冷凍庫に入れるにも助かります。

そしてもう一つの特徴が、使い方がとっても簡単だということ!冷凍庫でケースを12時間以上冷やした後、付属のレシピを参考に好きな材料を混ぜ合わせて、中に入れてスイッチを押すだけ。貝印だからこそ開発できた特殊な回転刃によって、材料と空気がまんべんなく攪拌(かくはん)され、約20分後にはふんわり滑らかな口どけの本格アイスクリームが出来上がるんだそう。

さてさて、ふむふむ。で、そんなに簡単にアイスクリームができるものなのか。実際にこちらのアイスクリームメーカーでお手製アイスを作ってみることにしました!

まずは保冷ポットを冷やす!そして材料を混ぜあわせよう

まず保冷ポットを12時間程度冷やすことが必要です。保冷ポットを振ると液体の音がしました。しっかりと冷やるように内側に冷却液が仕込んであるそうです。前日の夜、寝る前に冷凍庫に冷やしておきました。

次はアイスクリームの材料の下準備です。今回使った材料はこちら。

・卵黄(1個)
・牛乳(80 ml)
・生クリーム(100ml)
・砂糖(40g)
・バニラエッセンス

これらを泡立て器でよく混ぜ合わせます。アイスになると分量が増えてしまうので、混ぜ合わせた材料は全体で300mlを超えないように注意します。混ぜ合わせた材料は一旦冷蔵庫に。今回は3時間程度冷やしました。

セットしてスイッチオン!

冷蔵庫から材料を取り出し、保冷ポットに入れ、フタの取り付け用突起をフタロック用溝にはめると、カチッと音がします。これでセット完了です。簡単すぎる。本当にこれだけでアイスができるのか、ちょっと不安になるほど簡単です。

電源を入れると、小さなモーター音がして、パドルが回り始めました。回ってる回ってる!音は思ったよりも小さくて、全然気になりません。むしろ動いているのか分からないほど静か。

タイマー機能は付いていないので、iPhoneのタイマーをマニュアル通り20分でセットします。5分ほどして様子をみてみると、少しずつ固まりだしていました。滑らかに撹拌されているような感じです。材料の質や量、室温などによって微妙に固まり具合は変わってきます。15分たつとかなり固まっているように見えました。

20分経って終了!ちょっと柔らかめ?

時間になったので、電源スイッチを切りました。フタを外して、パドルを抜き取ります。開けるとふわっとバニラアイスの甘い香りが!ただ少し柔らかい感じなので、ボウルに移して冷凍庫で30分固まらせてみます。

出来上がったアイスはやはりちょっと柔らかめな仕上がり。でもディッシャーで十分すくえる固さです。アイスの固さをみながら、終了時間を自分で判断するのが最初はちょっと難しいかなと思いました。途中で開けてみて、全体をなじませて様子をみるなど工夫が必要ですね。このあたりは自分好みの固さを早く見つけたいところです。

素材そのもの!これが本来のアイスの味

さて、実食。バニラアイスレシピに沿った分量で、ディッシャーの玉4つがちょうどできました。出来上がったバニラアイスにミントを一つずつ乗せていただきました。さらっと口で溶ける優しいお味。盛り付けてすぐ、アイスがやや溶け始めるのも、手作りだからでしょうか。食べながら以前子供と一緒に作った手作りプリンの味に似ているなぁと感じました。材料はほとんど同じですから、同じ味になるのも納得ですね。これこそが素材の味わいなんですね。美味しい。慌ただしい毎日の中で、ホッとする美味しさです。

どんなアイスクリームを作ろうか!アレンジが楽しみになる

感想は、やはり「簡単だった」ということに尽きます。ほとんどやるのは下準備だけ。これなら小さい子供だけでも作れそうです。簡単すぎるので、このままシンプルなバニラアイスを作るのもいいけど、アレンジしたアイスクリームにもチャレンジしたいと欲が出てしまいます。チョコチップを散らしたり、ココアパウダーを入れたりとイマジネーションが広がります。1回にできる量が限られているので、大人数の場合は、前日から余分に作っておいて保冷容器で冷凍しておくといいですね。

コーヒーが好きなので、濃いめのエスプレッソをかけて即席アフォガードにしていただきました!

説明書に数種類のレシピも付いています。シャーベットやジェラートもあって、おうちデザートの幅が広がりますね!

アイスクリームメーカー

3,240 円

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する買いモノ

関連する読みモノ

アクセスランキング

人気のある記事ランキング

kabukiペディア   >   KAI ストア(貝印コーポレートサイト)   >   買いモノ   >   たった20分!貝印アイスクリームメーカーで作る...

キーワード