出典元: shutterstock

夏だからこそ凛と着たい!エレガントな初夏の通勤着回しコーデ

出典元: shutterstock

爽やかなイメージの初夏ですが、実際はジメジメとした蒸し暑さや効きすぎる冷房と、働く女性にとって敵が多い季節です。そんな初夏でも快適に、そして清潔感のある通勤服着回しコーデをご紹介します。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
1,265view

クラシカルで上品な、初夏の通勤服着回しコーデが知りたい!

夏の初めの気候は、肌寒い日もあれば蒸し暑い日もあり、場所によってはクーラーが効きすぎていたりと着ていく服が難しい季節です。
そんな初夏でも快適に過ごせる、上品でクラシカルな着回しコーデがあれば、迷うことなくおしゃれを楽しむことができます。

洗えるエレガントなノーカラージャケットはマストアイテム!

夏でもジャケットが欠かせないお仕事の方もいると思います。男性のスーツやジャケットと違い、女性のジャケットは夏に着ていても涼しげに見える爽やかなものをセレクトしましょう。

こちらの写真のV衿ノーカラージャケットは首元をスッキリと見せた、女性らしさあふれるアイテムです。

初夏から夏の汗ばむ季節には、Vネックになったものを選ぶと首回りがスッキリと爽やかに見えます。クーラーの風は避けたいけれどジャケットを着てしまうと暑いなんて時には、腕を袖を通さずに肩にジャケットをかけてみましょう。ほどよいこなれ感がうまれ、仕事ができる女性に印象づけることもできます。

袖が折り返してあり7分袖になっていることで、手首が出て涼しげに見せられます。ジャケットのカラーは、写真のブラックの他にホワイトもあります。ジャケットの中をホワイトにすると、きっちりとした印象を与えながら適度なゆるさが生まれます。

このノーカラーVネックジャケットは洗えるジャケットになっているので予想外に汗をかいてしまったときでも家で洗濯することができます。暑い季節でも、シャキッとした気分で仕事に取り組めます。

初夏にぴったり、ジャケットの下にも着られるレースブラウス

初夏にはジャケットを着ても脱いでもおしゃれでいられるインナーが必要です。この季節だからこそ、きちんと感のあるものを選ぶと清潔感がアップします。

おすすめなのは写真のようなレースブラウス。写真のフラワーレースブラウスは、涼しげに見えるだけでなく上品でエレガントな印象も与えます。

ノースリーブではなく、肩が見えないフレンチスリーブなのもエレガント見せのポイントです。ほどよい肌見せは涼しげでこなれた印象になりますが、実は見せる部分が大切です。デコルテ、手首、足首などは出すことで涼しげに印象づけることができますが、肩周りや太ももはオフィスではきちんと隠しておくことが大切です。

先ほど紹介したノーカラージャケットVネックジャケットとの相性も抜群です。

スッキリと見えるテーパードパンツがイチオシ!

気候も気温も安定感に欠ける初夏には、パンツスタイルがおすすめです。特に足首が見えるアンクル丈のパンツを選ぶと、軽やかでエレガントでな雰囲気になります。

太もも部分にゆとりのあるテーパードパンツは、しなやかで女性らしいシルエットです。足元はブラックの物を選ぶなら、ストラップサンダルやオープントゥなど肌見せ部分の多いものがおすすめです。

さらりとしたサテン生地なので履き心地も良く、シンプルなスタイルなのでトップスに合わせるものを選びません。家で洗うことができるので、1本あると便利なボトムスです。

トップスもブラック、パンツもブラック。
オールブラックのコーデ、というと重たく感じるかもしれません。短めのスリーブや大きく開いたデコルテでも、ブラックだからこそ上品にエレガントに見せられるというメリットもあります。

小物をホワイトにしたり、ジャケットを着る日はインナーをホワイトにしてみたり、アクセを夏らしいものやシルバーのものを合わせてみてもいいですね。ブラックだからこそ派手になりすぎず凛とした美しさを演出できます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する読みモノ

アクセスランキング

人気のある記事ランキング

kabukiペディア   >   イトキン公式オンラインストア   >   読みモノ   >   夏だからこそ凛と着たい!エレガントな初夏の通勤...

キーワード