出典元: shutterstock

等身大の女性らしさを演出したいなら、選ぶべきはOFUON(オフオン)のリアルクローズ

出典元: shutterstock

女性からも男性からも支持される、洗練された女性らしいスタイル。上品でかわいらしさもあるアイテムが揃うOFUON(オフオン)は、女性が一番欲しいと思うトレンドもしっかり押さえたアイテムがきっと見つかります。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
303view

OFUONの目指すリアルクローズとは?

オフィスでもデートでも。シーンを選ばない洗練された女性らしいコーディネート。どんな年代の人からも受け入れられる愛されファッション。それが多くの女性が憧れるスタイルです。

背伸びをしすぎず等身大の自分らしさ。
シンプルなのにフェミニン。でも上品さを忘れない。それこそがOFUONが目指す「リアルクローズ」というスタイルなのです。

憧れを憧れのままにしておくのはもったいない!女性らしく洗練されたコーディネートは、意外と簡単に手に入ります。一度OFUONの世界を覗いてみませんか?

さりげなく可愛らしさを演出

OFUONには、女性が持っている可愛らしさをさりげなく演出できるような計算されたアイテムが揃っています。

例えば、今年トレンドの肩が見えるオープンショルダートップス。コーディネートに取り入れてみたいけれど、肩を見せることにちょっぴり抵抗を感じる方もいるかもしれません。

OFUONで人気のオープンショルダートップスは、シャツのようなハリのある生地に清潔感のあるライトブルーが、とても上品に見えます。また胸元に入ったホワイトの刺繍がアクセントになり、季節感も感じさせるアイテムです。

オープンショルダートップスにおすすめのコーディネートは、ハリのある生地のワイドパンツです。清潔感があるので、梅雨の季節でも爽やかな印象を与えられます。

職場でもプライベートでも好印象

シンプルに見えて手抜き感はなくしっかりとおしゃれに、そしてスタイル良く見せられるコーディネートが揃うOFUON。トレンドもしっかり押さえているのにやりすぎ感は一切ないので、男性からや目上の方にも好印象を与えられます。

こちらの「バタフライスリーブブラウス」は、パキッとした発色のいい鮮やかなピンクが夏らしい季節感があります。品のよい光沢があり、とろみのある素材がドレッシーな雰囲気を演出してくれるブラウスです。

袖はバタフライスリーブになっていて、フェミニンな印象を与えます。マネキンのコーデではブラウスの裾はスカートにインすることでウエストマークされ、スタイルを良く見せています。そのままで着用すると、裾はAラインになったティアード風デザインになっていて、フェミニンな着こなしを楽しむこともできます。

「サッシュベルト付きタイトスカート」は、今年欠かせないアイテムのサッシュベルトがセットになっています。腰回りにタックが施されているのでほどよいボリューム感が生まれ、女性らしいシルエットを作り出すことができます。
「バタフライスリーブブラウス」と「サッシュベルト付きタイトスカート」を組み合わせることで、女性らしい上品で洗練された今年らしいコーディネートが完成します。

オフの日もエレガントさを忘れない

オフオンにはオフィスにも着ていける、上品でエレガントなワンピースも数多く揃っています。マネキンが着ているこちらの写真の花柄ワンピースは、なんとリバーシブルになったワンピースです。

表はレトロな雰囲気の大きな花柄、裏返せばジョーゼット地のシンプルなドット柄のワンピースになります。首回りはスッキリとした女性らしいカットのVネック、そしてゆるく広がった裾は後が長めのバックテールデザインになっています。付属のベルトも付いていますが、今年のトレンドのサッシュベルトを着けるとよりエレガントな印象になります。ワンピースと同じ柄のスカートもあり、こちらもリバーシブルになっています。
リバーシブルワンピースは表と裏で印象がガラリと変わります。コーディネートの幅が広がります。

リアルな女性の願いを叶えてくれる

OFUONにはシンプルなアイテムも多く、遊び心と季節感、トレンドを押さえたアイテムが揃っています。おしゃれ心だけではなく「おしゃれはしたいけど予算がない」「シワになりにくくお手入れしやすい物が欲しい」、そんな現実的な女性の願いもしっかりと叶えてくれるのです。
OFUONには憧れも現実も両方手に入る、女性が求める「リアルクローズ」があります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する読みモノ

アクセスランキング

人気のある記事ランキング

kabukiペディア   >   イトキン公式オンラインストア   >   読みモノ   >   等身大の女性らしさを演出したいなら、選ぶべきは...

キーワード