初心者でも安心、美味しい抹茶の立て方!

初心者でも安心、美容にも健康にも美味しい抹茶の立て方をご紹介。道具の用意と事前の準備を押さえれば、立て方のコツを覚えるだけで甘くて濃厚な抹茶が味わえます。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
1,369view

茶葉のしっとりとした渋みと甘さを楽しめる抹茶ですが、立て方に不安があって家庭で楽しむのは難しそうだと尻込みしてはいませんか?しかし道具の用意と事前の準備さえ押さえれば、手軽に味わうことができるのです。立て方のコツをつかんで、美味しい抹茶生活をはじめてみましょう!

美容にも健康にも効果抜群、綺麗になれる抹茶の魅力!

そもそも抹茶とはどんなお茶なのでしょうか。抹茶は碾茶(てんちゃ)を蒸して乾燥させ、出荷直前に石臼で挽き細かくして粉末にしたもので、玉露のように甘みと渋みが濃厚な味わいが特徴のお茶です。

茶杓に3杯分の抹茶を少量のお湯で練ったものを濃茶、茶杓に一杯半分の抹茶を中量のお湯で立てられたものを薄茶と呼び、入れ方によって味わいや舌触り、そして風味も異なります。

しかし抹茶の魅力は美味しさだけではありません。抹茶の原料となっている茶葉のもつカテキンには抗酸化作用があり、紫外線でダメージを受けた皮膚を修復する効果があります。また水分の減少を防ぐビタミンCがみかんの約7倍も含まれており、美肌づくりにも最適です。

他にも食物繊維がたっぷり入っているため、腸の働きを整え便秘の予防にも役立ちます。そんな美容と健康に効果的な茶葉を、丸ごと摂取することのできる抹茶は美味しいだけでなく、綺麗になりたい女性の心強い味方でもあるのです。

美味しい抹茶を立てるには、道具と準備が肝心!

それでは美容にも健康にも美味しい抹茶を立てるために、必要なものを揃えましょう。まずはお好みの抹茶を用意しましょう、はじめてで不安を感じられるのなら1000円程度のお値段がおすすめです。

次に抹茶椀を選びましょう。椀の口が片手で抑えれる大きさのものが、手に馴染みやすく立てると時にも安心です。抹茶を立てるためには茶筅も必要です、竹を素材にできており穂数の80本から90本のものが使いやすくて便利です。そして抹茶を適量に掬うための茶杓や抹茶椀のお手入れに茶巾、そして棗なども手に入ると本格的です。

それでは道具が揃ったら、抹茶を立てるために大事な準備をはじめましょう。まずは沸騰させたお湯を用意して抹茶椀にを注ぎ、器の全体に回しかけて温めましょう。そこに茶筅も加えて軽く揺らし、穂先を柔らかくなったら取り出します。使用する道具を温めることで抹茶を立てる際にお湯が冷たくなるのを抑えられます。

次にお湯を捨てたら、抹茶の粉末を適量だけ用意して茶漉しで振るう一手間を加えます。すると撹拌した時にできるだまを防ぐことができ、抹茶を立てやすくなるのです。これで準備は完了です。

立て方のコツを掴めれば、初心者でも安心!

100mlの沸騰させたお湯を用意し、まずは陶器の茶碗に入れます。これは沸騰直後の高温のまま使用すると、茶葉の渋みが増し風味が消えてしまうため。そのため別の器に移すことによって抹茶を立てるのに最適な80℃のお湯を作ります。

次に器のお湯を少量だけ抹茶椀に注ぎ、茶筅でだまにならないように溶かします。粉っぽさが消えたら、残ったお湯を注ぎ抹茶を立てはじめましょう。椀の口を優しく押さえ、利き手に茶筅を持ってしゃかしゃかと波を描くように泡立てます。この時、腕ではなく手首を細かく上下に動かしましょう。少しすると大きな泡が浮かびはじめるので、これが細かくなるまで泡立て続けることが大切です。この泡がきめ細やかになればなるほど、抹茶のまろやかな甘みが引き出されるのです。

そして細やかな泡も消え、ふんわり滑らかな鶯色の表面が出来上がったら、美味しい抹茶の完成です。立てたてが一番美味しいので、冷めないうちにお召し上がりください。

まとめ

初心者でも安心、美味しい抹茶の立て方についてご紹介しましたがいかがでしたか。お近くに抹茶を取り扱うお店が見当たらない場合は、お取り寄せ通販などで抹茶を立てれる茶道具セットなども用意されているので、すぐにはじめたい時におすすめです。立て方のコツをつかんで、美容にも健康にも嬉しい抹茶生活を送りましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する読みモノ

アクセスランキング

人気のある記事ランキング

kabukiペディア   >   抹茶スイーツ宇治茶 伊藤久右衛門   >   読みモノ   >   初心者でも安心、美味しい抹茶の立て方!

キーワード