はじめてでも大丈夫、美味しい抹茶の選び方!

はじめてでも大丈夫、抹茶の選び方をご紹介。お気に入りの抹茶を見つけるために大切なのは茶葉の産地と特徴を知ることでした。保存方法も身につけて美味しい抹茶生活を送りましょう!

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
1,122view

美容にも健康にも美味しい抹茶。けれど家庭で楽しむとなると種類が様々にあってどれを選んでよいのか、迷ってしまいませんか?しかし茶葉の産地と特徴を知ることで、はじめてでも安心してお気に入りの味を見つけることができるのです。美味しい知識を手に入れて、抹茶生活を堪能しましょう!

選び方のその前に、美味しい抹茶の魅力をご紹介!

まず抹茶とはどのようなお茶なのでしょうか。抹茶は四月から五月にかけて手で摘まれた柔らかな新芽を乾燥させ、旨味が凝縮した葉肉を出荷直前に石臼で挽いたもので、茶葉本来の濃厚な苦みと甘みが特徴のお茶です。

味わいは立て方によって異なり、茶杓三杯分の粉末を少量のお湯で練ったものを濃茶と、茶杓一杯半分の粉末を中量のお湯で立てたものを薄茶と呼びます。濃茶はとろりとした舌触りとこっくりとした渋みを味わうことができ、薄茶はさらりとした口当たりとさっぱりとした甘みを楽しむことができます。

また抹茶に使用されている茶葉にはカテキンやミネラルが多く含まれており、メラニン色素を抑える働きからシミや肌荒れの修復に役立つ他に、風邪の予防に繋がるサポニンや免疫力を高めるビタミンCもたっぷり入っています。加えて整腸作用のある食物繊維もたくさん摂取できるためダイエット効果も期待でき、味わいだけでなく美容にも健康にも美味しいお茶なのです。

茶葉の産地を知ることで、お気に入りの味を見極める!

しかし抹茶と一口に言っても、産地によって味わいが異なるのはご存知でしょうか。選び方の参考にしたい、茶葉の産地と特徴をいくつかご紹介します。

まず馴染み深いのは京都府の茶葉が挽いた、宇治の抹茶。厳選した碾茶を使用し、上品でこっくりとした深みとまろやかな甘味を味わうことができます。またお茶を立てる際に泡立ちやすく初心者にも親しみやすいお茶です。

次に愛知県の茶畑で育った碾茶を使った、西尾の抹茶。鮮やかな深緑の色合いで穏やかな旨味とコクがあり、渋みも少なくあっさりとした茶葉独特の美味しさを味わうことができるお茶です。

続いて、静岡で生産された使用した静岡の抹茶。寒暖の差のある土地で栽培されたことで、口当たりのよく強い甘みが感じることができます。また抹茶の緑の美しさも楽しめるお茶になります。

抹茶は銘柄もお値段も様々で迷ってしまいますが、ちょっとした茶葉の特徴を知ることで好みにあった味わいを見つけることができ、ぐんとスムーズに選ぶことができるのです。

美味しい抹茶の香りと味の、長持ちな付き合い方!

お気に入りの抹茶を見つけたら、いつでも挽きたての美味しさを味わいたいもの。けれど開缶してしまうと、新鮮なうちに使い切ろうと慌ててしまいませんか。しかし保存方法をしっかり守れば、抹茶の香りと味わいが長持ちさせることができるのです。

まず抹茶は高温に弱いため、未開封の状態でも必ず冷蔵庫など涼しい場所に保管することが必要です。開缶後は香りを逃がさないため、しっかりと蓋を閉めて中身に空気が触れないように注意が大切で、袋を二重にするなどのひと手間を加えるとより安心です。

また長期保存には冷凍庫がおすすめです。ただし使用する時はできるだけ常温状態に戻してから開缶し、結露を除いて湿気を防ぎましょう。適切に保管することが、お気に入り抹茶の味を長持ちさせることに繋がります。

もしお好みの抹茶を取り扱っているお店が身近にない場合は、インターネットの通販をなどを利用しましょう。すると遠方であっても、本場の抹茶を楽しむことができます。加えてお気に入りの抹茶を見つけたら、何度もお取り寄せできるのも便利です。はじめての場合でもレビューを見れば味わいや香りを知る参考になるので、抹茶を選びの際は活用しましょう。

まとめ

抹茶の選び方についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。立て方による違いや茶葉の産地と特徴を知ることで、はじめてであってもお気に入りのお茶と巡り合うことが可能です。産地ごとの味わいを知って美味しい抹茶を楽しみましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する読みモノ

アクセスランキング

人気のある記事ランキング

kabukiペディア   >   抹茶スイーツ宇治茶 伊藤久右衛門   >   読みモノ   >   はじめてでも大丈夫、美味しい抹茶の選び方!

キーワード