Original

「魅せる収納」BOXで自分だけのTV台を作ろう

インテリアを自分らしく演出したい人にオススメなのが、簡単に組み合わせや色を変えられるディスプレイボックス。気分や部屋のサイズなどに合わせて、自分だけのオリジナルTV台や収納棚などを作ってみませんか?今回はIKO-BOXを使ったお部屋の収納演出方法についてご紹介します。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
'SHOPで買う

物が見えているのはダラシない?

おしゃれインテリアの特徴の一つに「生活感を感じさせない」というポイントがあります。モデルルームなどで見かけるような理想的なインテリアは、部屋がすっきりと見え、おしゃれな印象ですよね。しかし、日常生活で使うちょっとした物にアクセスしづらかったりと、不便さもあります。人目につく場所に物があると、「片付いていない」「整理されていない」など、だらしない印象を与えることがありますが、物を決められた位置に配置するだけで、印象は変わります。さらに、オシャレに収納されていれば、機能的かつハイセンスな空間を演出をすることもできます。
特に物が散らかりがちなテレビ周りは、お部屋の清潔感を左右するポイントになります。テレビ台の上に小物が無造作に置かれたままになっていると、せっかくのインテリアが台無し。IKO-BOXなら、テレビの大きさやスペースに合わせて組み合わせが可能で、収納力のあるおしゃれなTV台としても活用できます。

IKO-BOXで作る「魅せる収納」

収納しながらおしゃれな空間を作るためには、家具選びが重要です。見えてもかっこいい収納づくりには、シンプルさ、丈夫さ、センス、高級感などが欠かせません。IKO-BOXはこれらすべての要素を備えており、短時間で気軽に組み合わせるだけで、「見せる収納」以上の「魅せる収納」が実現します。

簡単組み立てと豊富なカラーバリエーション

IKO-BOXの魅力は、見た目の良さだけではありません。工具不要で簡単に組み立てることができる設計で、カラーバリエーションも6種類と豊富な点も特徴的です。女性でも専用のピンを使って簡単に組み立てることができる設計になっています。また、フレームカラーも豊富に用意されているので、気分や季節、周囲のインテリアや収納したい内容に合わせて気軽に変えることができます。

IKO-BOX 組立て動画 - YouTube

ライフスタイルに合わせて変幻自在

電話台、テレビ台、本棚などの家具は、一般的には他の家具として使い回すことが難しいもの。しかし、IKO-BOXは組み替え可能なので、組み合わせ方を変えればテレビ台をチェストに、電話台を本棚に、などと別の用途にも使用可能。ライフスタイルが変化しても、家具を新たに購入することなく、その時々で快適な環境に変化させることができます。

高級感もIKO-BOXの魅力

素材のツヤ感もIKO-BOX魅力の一つです。IKO-BOXはウレタン塗装光沢度50%で表面がツヤツヤに仕上げられており、一般的なカラーボックスとは一線を画す仕上がりとなっています。

高級感も収納力もあるIKO-BOXをあなた好みにカスタマイズして、テレビ台や収納棚、間仕切りとして是非活用してみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する買いモノ

アクセスランキング

人気のある記事ランキング

kabukiペディア   >   IKO-BOX(いこう  ぼっくす)   >   買いモノ   >   「魅せる収納」BOXで自分だけのTV台を作ろう

キーワード