押し入れに仕舞いっぱなしでは勿体ない!普段使い出来るメンズ・フォーマルバッグ

冠婚葬祭の席で必要なフォーマルバッグ。
場にふさわしいバッグを一つは用意しておきたいものです。
だからといって、押し入れに仕舞いっぱなしでは勿体ない!
普段使い出来るメンズ・フォーマルバッグをご紹介いたします。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
674view

冠婚葬祭の席で必要なフォーマルバッグ。

鞄を持たずに出席してもマナー違反ではありませんが、
ご祝儀(ご香典)、携帯電話、ハンカチ、財布、カメラ、折り畳み傘など、意外と小物で荷物は多くなるもの。
特に近年、大画面化しているスマートフォンは、うっかりポケットから落ちてしまったり、ポケットの底が抜けてしまう恐れもあります。

また、スーツのポケットいっぱいに詰め込むのはあまりスマートには見えませんので、ぜひ、一つはフォーマルバッグのご用意をお勧めいたします。
せっかくなら、普段使いできるバッグが良いですね。

ビジネスシーンでも使えるフォーマルバッグ

黒を基調としたシンプルなデザインのセカンドバッグ(クラッチバッグ)やミニダレスバッグは、ビジネスシーンでも活用できます。
フォーマルバッグの上質な素材感は、ビジネスマンとしての印象を格上げしてくれます。
また、出張中のちょっとした外出時にも、サブバッグとして持ち歩くことができます。

 

葬儀の場合は、殺生を連想させる本革製品は好ましくないとされていますが、合皮であれば問題ありません。

結婚式やパーティーに出向くことが多くなりそうな場合は、華のある艶やかな光沢の本革のバッグがイチオシです。

大きすぎるバッグは不向き

冠婚葬祭の場に大きなバッグを持ち込むことはマナー違反とされています。
クロークがある会場であれば預けることが出来ますが、葬儀の場合にはそういった場所がありません。
いざ必要になった時のために、小さなバッグのご用意を。

ほかの記事もみる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクセスランキング

人気のある記事ランキング

kabukiペディア   >   ファクタスオム   >   読みモノ   >   押し入れに仕舞いっぱなしでは勿体ない!普段使い...

キーワード