『本無双』
聞きなれない言葉だと思います。

これは、一枚の革で作られたベルトの話。
想像してください、どんなに贅沢な逸品であるかを。

ただ贅沢な訳ではなく、それは重要な役割を果たすのです。

本無双、この感動をお届けしたい。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
401view

「わたし、表裏がないんです。」

って自分で言うのも変なのかもしれませんが、人の話ではなくベルトの話です。

『本無双』
聞きなれない言葉だと思います。
これはベルトの場合、「裏と表を1枚ものの革で」作られているという事です。

「だから何?」
って言われそうですが、1枚の革で作られている分、丈夫なのです。
また、それだけの大きさの原材料を必要とするわけですから、なかなか希少なものですよね。

写真では分かりづらいのですが、こちらのベルトの場合、
ベルトの下側にあたる部分で閉じてあって、それ以外の場所は一枚の革でつながっているのです。
これを広げたとしたら、どれだけ大きな革なのか想像つきますよね!

YAMAMOTO KANSAI ベルト No.ka104-suna

出典:http//www.factus-homme.biz

ビジネスシーンにさりげなく栄えるスタイリッシュデザイン
牛革の本無双のベルト

YAMAMOTO KANSAI ベルト No.ka104-suna

写真では分かりづらいのですが、こちらのベルトの場合、
ベルトの下側にあたる部分で閉じてあって、それ以外の場所は一枚の革でつながっているのです。
これを広げたとしたら、どれだけ大きな革なのか想像つきますよね!

ベルト YAMAMOTO KANSAI(山本寛斎 ヤマモトカンサイ) No.ka104-suna

10,800 円

贅沢な牛革の本無双のベルトになります。
永くお使いいただける逸品です。

ほかの記事もみる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクセスランキング

人気のある記事ランキング

kabukiペディア   >   ファクタスオム   >   読みモノ   >   わたし、表裏がないんです。

キーワード