出典元: shutterstock

簡単な赤ちゃんガーゼのお洗濯方法

出典元: shutterstock

赤ちゃんガーゼを使う前には「水通し」を行います。お洗濯の方法としては「つけ置きの後に洗濯機で洗う」というやり方と、「その都度手洗いする」というやり方がおすすめです。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
9,359view

毎日たくさん使う「赤ちゃんガーゼ」ですが、どのように洗濯すればいいのか悩むママは多いですよね。意外と頭を悩ませる人が多い、使う前の「水通し」の方法と、「清潔にしてあげたいけどあまり手間がかかるのもちょっと…」という人のための簡単なお洗濯の方法を紹介したいと思います。

使う前の「水通し」って何?どうすればいいの?

赤ちゃんガーゼを使う前には「水通し」をした方がいいという話を耳にしたことがある人は多いですよね。「聞いたことはあるけど本当に必要なのか」、「具体的にはどうすればいいのか」というお悩みの声を耳にすることもあります。

「水通し」とは、新しい衣類を身に着ける前に一度お洗濯をすることです。新品のものでも、流通の過程でほこりが着いたりすることがあります。また、ガーゼには糊付けしてあるものもありますよね。こういった、目に見えないほこりや糊を落とすために「水通し」をするのです。洗剤は使っても使わなくても構いませんが、「水だけでは心もとない」という人は、赤ちゃん用に用意した洗剤を使ってお洗濯しましょう。

「水通し」の日はできれば晴れた風通しの良い日を選びましょう。日光には殺菌作用もあるのでお日様の光でしっかりと乾かしてあげたいですね。最近は花粉や大気汚染物質なども気になりますので、テレビなどの情報を頼りにしてなるべく空気がきれいな日に行うとなお安心ですね。

「つけ置き」の後は洗濯機にお任せで大丈夫!

次は実際に使った後の「赤ちゃんガーゼ」のお洗濯方法を見ていきましょう。色々と忙しいママたちには「つけ置き」の後に洗濯機で洗うという方法がおすすめです。

やり方は簡単で、まずは洗剤を溶かしたバケツに使用済みのガーゼをその都度つけて置きます。この時に汚れがひどかったりする場合にはざっと手洗いしておくとよいですね。つけ置き用の水に溶かすのは基本的には洗剤だけで大丈夫ですが、雑菌やシミが気になる人は漂白剤も一緒に入れておくと良いですね。また、排せつ物が付いたものだけは別にしておくと安心です。中途半端に濡れたままにしておくと雑菌がつきやすくなるので、きちんと洗剤液につけておくのがポイントです。

そのあとは、他の洗濯物と一緒に洗濯機で洗ってOKです。新生児の時期やお肌が弱い赤ちゃんの場合は、大人のものと別に洗ってもよいですが、そうでない場合は一緒で大丈夫です。洗剤は赤ちゃん用の低刺激の物から使い始め、様子を見ながら普段使っているものに変えていってもよいでしょう。

意外と簡単!その都度ちょいちょい洗いもおすすめ

「つけ置きはあまり好きではない」という人や「やっぱり手洗いがいいかな…」という人には、「その都度洗う」という方法がおすすめです。

手洗いが苦にならないという人は、一日分をまとめて洗ってもよいでしょう。しかし、ガーゼは一日に何枚も使うものなのでまとめて洗うとなるとなかなか大変です。それに対して「使ったものをその都度洗う」という方法は意外と手間を感じにくいものです。赤ちゃんのお世話の後の手洗いと並行して行うとそれほど手間も感じませんよね。

洗面所やキッチンに石鹸や洗濯洗剤を小分けにしたものを置いておくと気軽に手洗いができるようになります。赤ちゃんガーゼは小さくて薄いので水も洗剤もそれほどの量を使わなくても大丈夫です。洗ったあとは風通しの良い場所にちょっとかけておけばすぐに乾くので、衛生的でもありますね。その都度もみ洗いしておけば母乳やミルクの染みもつきにくくなります。

水を使うのが億劫になる冬場は洗濯機、夏場は手洗いというように状況に応じて洗い方を変えてもいいですね。

まとめ

赤ちゃんガーゼのお洗濯方法を紹介してきましたが、いかがでしたか?小さなガーゼがたくさん干してある様子は何とも可愛らしいものですよね。何かと忙しい赤ちゃんとの生活、洗濯機派も手洗い派もなるべく無理のない方法でお洗濯を楽しめたらいいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する買いモノ

関連する読みモノ

アクセスランキング

人気のある記事ランキング

kabukiペディア   >   lifestyle   >   簡単な赤ちゃんガーゼのお洗濯方法

キーワード