お肌に優しい味方!赤ちゃんガーゼの使い方

赤ちゃんガーゼは、赤ちゃんのお顔などを拭いたり沐浴で使うことが多いです。それ以外にも、汗で冷えるのを防ぐというような様々な使い道があります。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
1,047view

赤ちゃん用品を準備するときに「ガーゼは何枚あっても困らない」と言われることが多いですよね。一方、具体的にどう使えばいいのかイメージがつかめない人も多いと言います。また「お祝いでたくさんもらったけれど活用できない」という声を聞くこともあります。今回はそんな「赤ちゃんガーゼの使い方」をまとめてみました。

デリケートなお口やお顔は優しく拭いてあげましょう

赤ちゃんガーゼの基本的な使用法は、赤ちゃんのお顔やお口、手などを拭いてあげることです。授乳の後の赤ちゃんのお口まわりは一見汚れてないように見えても、母乳やミルクでべたべたしているということが良くあります。汚れたままにしておくとかぶれや湿疹の原因にもなります。この時に手軽だからとティッシュペーパーなどで拭くことは、紙の繊維がお肌を痛めてしまう場合もあるのであまりおすすめできません。ここで活躍するのが赤ちゃんガーゼです。

ぬるま湯で湿らせてトントンと汚れた部分を優しく拭いてあげましょう。この時にゴシゴシと強くこすらないことがポイントです。また、赤ちゃんはとても汗っかきです。おでこや首のまわりが知らない間に汗で湿っているということも良くあります。そういった際にも湿らせた赤ちゃんガーゼで優しく拭いてあげるといいですね。

ママのポケットの中や赤ちゃんのお世話をする部屋に何枚か用意しておくと、ティッシュを取るような感覚で手軽にガーゼを活用することができそうです。

沐浴の心強いパートナーは大小の赤ちゃんガーゼ

赤ちゃんガーゼは沐浴の時にも大活躍します。その際には大きなガーゼ一枚と小さなガーゼを数枚用意しておくと安心です。まず、赤ちゃんの服を脱がせたら大きめのガーゼをお腹にのせてあげましょう。こうすると赤ちゃんが外気に触れて冷えたり驚いたりすることを防ぐことができます。その後、お腹にガーゼを乗せたまま赤ちゃんをお湯につけるとお湯の抵抗が和らぎスムーズに沐浴を始めることができます。

体を洗ってあげるときは小さなガーゼを使いましょう。お顔を拭く時と同様に優しくなでるようにするとお肌に負担をかけずにきれいにすることができます。慣れないうちは赤ちゃんの目に水が入りそうになって慌てることも多いですよね。そういった時は手の届く場所に乾いた小さなガーゼを置いておくと、すぐに拭いてあげることもできますね。

沐浴の時期を過ぎても一・二歳ごろまでの子どもの体を洗うのは手やガーゼなどで十分です。お気に入りの柄のものがあれば一枚持たせておくと、体を洗ったりするときに嫌がることも少なくなります。

汗パットやお尻ふきとしても活躍してくれます

赤ちゃんガーゼはお顔拭きや沐浴以外でも便利に使うことができます。おすすめは「汗パット」として使うことです。前述したように赤ちゃんはとても汗っかきです。寝入りばなやベビーカー、チャイルドシートに乗っているときなどに特に背中に汗をかきます。こういった時に、背中と肌着の間に一枚ガーゼを挟んでおき、汗をかいたら引き抜くとお着替えをせずにさっぱりとさせてあげることができます。

汗をかきっぱなしにしておくと夏でも風邪をひきやすくなります。こまめにガーゼを取り換えて気持ちよく過ごさせてあげたいですね。

また、市販のお尻ふきを使うとかぶれてしまうというような敏感肌の赤ちゃんは、お尻をガーゼで拭いてあげることも検討してみてください。ぬるま湯で濡らしたガーゼは低刺激なので一日に何度もお尻を拭かなければならない赤ちゃんの負担をへらすこともできます。

少々手間はかかりますが、洗って何度も使うことができるのでエコと言えそうですね。布おむつを使っている赤ちゃんのお尻ふきとしてもガーゼはおすすめです。

まとめ

以上、赤ちゃんガーゼの使い方をまとめてみましたがいかがだったでしょうか。赤ちゃんのお世話をする様々な場面でガーゼが活躍してれます。赤ちゃんのお肌に優しいガーゼはママにもふんわりと優しく寄り添ってくれそうですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する買いモノ

関連する読みモノ

アクセスランキング

人気のある記事ランキング

kabukiペディア   >   baby   >   お肌に優しい味方!赤ちゃんガーゼの使い方

キーワード