Original

『それは無骨で、そして美しい。』シーリングライト STUDIO DINER CROSS(SL-005)

湘南に拠点を置き、アメリカンヴィンテージ、西海岸テイストを取り入れたオシャレな照明を作り出している[ HERMOSA ]から、スチールとガラスの素材感が前面に出た、クロスタイプのシーリングライトをご紹介します。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
'SHOPで買う

無骨さと 洗練された光の 魅力は共存する

出典:https//item.rakuten.co.jp

リビングに最適なクロスタイプのシーリングライト

全体的にスチール感、そのシルバー塗装の感じが強く、点灯時にはガラスシェードを透過する光が広がり、何とも美しい印象を与えてくれるシーリングライト「スタジオダイナークロス」。縦に筋の入ったガラスシェードとクリア電球の組み合わせなので、なんとなくの想像はしていましたが、やはり目の前で点灯してみると、その美しさに感動します。
そんな煌びやかさととは裏腹に、実はクロスの中央部分には水道管を思わせるパーツを採用したりと、なかなか硬派でクールな一面も。

無骨さと、点灯後の洗練された光の魅力は矛盾することなく共存するということを体現した照明と言えるのではないでしょうか。

拡散する光 天井に映る影 変わる空間

出典:https//item.rakuten.co.jp

ガラスを透過する光

ヴィンテージテイスト溢れるガラスのシェードには、細かく縦に筋が入っています。これはその見た目の装飾性もありますが、電球の光を反射させ、拡散させる効果もあります。普通のつるっとしたガラスを透る光とはまた違った魅力があります。
さらに付属のクリア球を使うことで、天井にその影が映り、幻想的な空間に彩ってくれるという電球とのコンビネーションも非常に大きな魅力だと感じます。 

絶妙に採り入れたインダストリアルテイスト

出典:https//item.rakuten.co.jp

細部のアップ

シェードの形状がカッコいいですね。個人的にも好きな形です。
クロスしたフレームを中央でまとめるパーツが水道管を思わせるモチーフ。ピックアップして見るとかなり無骨な印象ではありますが、主張し過ぎず、全体の程よいアクセントとして機能しています。プルスイッチはボールチェーン。点灯数、箇所を切り替えられます。
インダストリアル系の要素をうまく取り入れながらも、クールで清潔感のある仕上がりになっています。リビングでもダイニングでも、場所を選ばずお使いになれます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する買いモノ

アクセスランキング

人気のある記事ランキング

kabukiペディア   >   ライト・インテリア照明 DOTS-NEXT   >   買いモノ   >   『それは無骨で、そして美しい。』シーリングライ...

キーワード