出典元URL: //

薄毛のお笑いコンビが国民的な人気となったことで頭髪にもスポットがあたり、市民権を得た“薄毛”。雑誌によっては、モテ要素としても紹介されている“薄毛”。…ですが、当事者にとっては悩みの種。そこで、薄毛の方はもちろん、薄毛予備軍の方、身内に薄毛の方がいる方、そうでない方も知っているといつかは役立つ薄毛情報をまとめました。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
'SHOPで買う

最近よく聞く毛髪系ワード「AGA」ってなに?

Stock Photos, Royalty-Free Images and Vectors - Shutterstock

出典:https//www.shutterstock.com

「AGA」という3文字。CMや電車の中吊り広告で一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。これは「男性型脱毛症」Androgenetic Alopeciaの略称なんです。男性ホルモン(テストステロン)の影響により頭髪が薄くなる状態のことをいいます。要因は遺伝的なものが多く、早い方では10代後半から発症する人も。男性ホルモンが毛髪に過剰に働きかけ、毛髪が正常な毛周期(ヘアサイクル)を営めなくなるために発症します。典型的な例としては、額の生え際が後退する「M字」型パターン、頭頂部の毛髪が細くなり、毛髪密度が低下する「O字」パターンの薄毛。AGAは40代男性の約3割に見られる一般的な症状ともいわれており、発症早期からの対策・治療が進行防止につながります。

なぜM字部分が薄くなる?

Stock Photos, Royalty-Free Images and Vectors - Shutterstock

出典:https//www.shutterstock.com

「額周辺やM字の部分が薄くなるのはなぜだろう」考えてみると気になりますよね。薄毛の原因は毛周期(ヘアサイクル)を乱す男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)。このDHTは5αリダクターゼという酵素によってテストステロンが変化した物質です。改善するにはDHTの抑制が必須で、このDHTの影響を大きく受けるのが前頭部、額周り。この部位は頭皮がつっぱりやすく、血行が非常に悪くなりやすい箇所でもあります。AGAは発症すると額から後頭部へ症状が進行していくのも特徴。実はこのM字部分の治療は症状が進行する程難しくなるといわれています。M字部分に症状が出始めたら、可能な限り早めにAGA対策をしたほうがよいでしょう。

薄毛治療中にライフスタイルで気をつけたいこと

Stock Photos, Royalty-Free Images and Vectors - Shutterstock

出典:https//www.shutterstock.com

薄毛治療の期間中はどんな生活を送ればいいのでしょうか。薄毛の大敵であるストレスを溜め込まないようにリラックスして過ごすことが大切。実はストレスは頭皮に大きな影響を与えるんです。あまりにもストレスを感じると、頭皮の色に変化が出る場合も。頭皮のために仕事やプライベートでの息抜きを行ってください。また、規則正しい生活を心がけ、服用している薬があれば、決まった時刻に飲むことも大事。バラバラの時間帯で飲んでいると効果が薄れたり、思うような結果が出なかったりすることも。また、血流を促すウォーキングなどの軽い運動も必須。湯船にゆっくりつかるのもよいでしょう。お風呂あがりにゆっくりと筋肉をほぐすストレッチもオススメです。毎日6時間以上を目安に取る十分な睡眠もカギ。髪の成長に必要な「成長因子」は、就寝中に体内で産生されるのでたっぷり睡眠をとることが大事です。発毛効果をもたらすミノキシジルの効果を促すことにもつながるので、ストレスを翌日の持ち越さないことが大切。寝る前には、嫌だったことではなく楽しかったことを思い出しながら眠るとぐっすり眠れます。

育毛促進作用も確認!注目成分「フコイダン」

健康情報を紹介する番組で多数取り上げられている注目成分のひとつ「フコイダン」。北海道函館近海でとられるガゴメ昆布に豊富に含まれている食物繊維の一種です。活性酸素を抑え、体の酸化を防ぐ抗酸化作用や免疫力の向上などさまざまな健康面で効果を発揮。今、この注目成分について各地で研究が進められており、薄毛でお悩みの方にうれしい育毛促進作用も確認されています。髪の成長の元となる毛母細胞の増殖を促すタンパク質の産生を促進する働きがあるそう。特にガゴメ昆布に含まれるフコイダンは、特有のとろみと高い保水性が特徴。このとろみを利用し、今まで液ダレして難しかったピンポイント集中育毛を可能にした製品も登場しています。

育毛剤が浸透しやすい地肌作りに効果的な調味料は?

せっかく良い育毛剤を使っても、髪の毛が生える土壌(地肌)の環境が整っていなければ思うような効果が出にくいもの。地肌対策で摂りたいのが唐辛子です。辛み成分カプサイシンの刺激で毛穴が開き、発毛に必要な栄養と酸素が頭皮と毛根に充分にいきわたり、育毛剤がより効果的に浸透しやすい地肌に。食事を作るとき、外食でも何を食べようか迷ったらチゲなどの辛みが効いた鍋やペペロンチーノなど唐辛子入りの料理をチョイスするとよいでしょう。毛穴が開き、血行もよくなるので、薄毛対策には一石二鳥です。

育毛剤を選ぶなら100%ノンアルコール

出典://

育毛促進作用も確認!注目成分「フコイダン」育毛剤を選ぶ時、どこをチェックしますか。肌が弱く炎症を起こしがちな方はアルコール成分入りかどうかをチェックするのではないでしょうか。今、100%ノンアルコール、完全エタノールフリーの製品が注目されています。従来のアルコール含有の育毛剤では発毛の作用を持つ毛乳頭細胞にもダメージを与えてしまい、育毛に有用な成分もその作用を十分に発揮できず、育毛環境に悪影響を及ぼすこともあるそう。特に肌荒れしやすい方は、頭皮に優しい完全エタノールフリーの製品をチョイスしてみてください。

薄毛の治療中は、出来るだけストレスなく過ごしたいもの。ご紹介したヒントはどれも取り入れやすいものばかり。気になるものをピックアップして、あなたの発毛促進ライフを充実させてみては。

14,800 円

ほかの記事もみる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクセスランキング

人気のある記事ランキング

kabukiペディア   >   ビューラボ   >   買いモノ   >   気になる毛髪のケアはコレ!ボタニカル成分で美髪に。

キーワード